MENU CLOSE

ネットの話題

雪を見つめたトラが…まるで4コマ漫画 オチが「ドリフみたい」

成長した仔トラが見せた猛獣の「素顔」

じっと上を見つめるアムールトラ。4コマ漫画の1コマ目。このオチは?
じっと上を見つめるアムールトラ。4コマ漫画の1コマ目。このオチは? 出典: rikuさん(@rikunow)のツイート

目次

獰猛なイメージのあるアムールトラですが、ちょっとおちゃめな日常を激写した「4コマ写真」がツイッターで話題です。投稿者に話を聞きました。

「ジェンダー革命」を目指す井手上漠さんが考える「自分らしさ」とは(PR)

「イカ耳超絶かわいい」

話題になっている写真は、rikuさん(@rikunow)が投稿した4連写の作品です。

1枚目は、じっと上を見つめるアムールトラ。ピンとはったヒゲ、しま模様の豊かな毛並み、トラの中でも大きいトラというだけあって、静かなたたずまいにも迫力と緊張感を感じます。

ところが2枚目では、トラの顔面めがけて、大きな雪のかたまりが……。あああ。

出典:rikuさん(@rikunow)のツイート

あわれ、トラは一瞬にして真っ白に。

「オチ」の4枚目では、これまでに見たこともない絶妙な表情の、顔をくしゃっとさせた「とほほ」なトラを見ることができます。


投稿には「ドリフのコントみたい」「猛獣とはいえネコ科」などと国内外からコメントが寄せられ、6万件以上のいいねがつきました。

特にネコ好きのユーザーは、4コマ目でトラの耳が横にピンとはっているのに注目、耳に気持ちが表れやすいネコが不満や警戒している時の耳に似ており、「耳ぺしょ愛おしい」「イカ耳超絶かわいい」と言った声が集まりました。

「耳ぺしょ愛おしい」「イカ耳超絶かわいい」と称賛された4枚目
「耳ぺしょ愛おしい」「イカ耳超絶かわいい」と称賛された4枚目 出典:rikuさん(@rikunow)のツイート

「来年に向けて鍛錬中かな」「年賀状になったら最高」など2022年の干支でもあるトラへの親近感を持つ人もいました。

ささやかな期待

撮影したrikuさんにお話しを聞きました。

神奈川県在住の会社員で、動物園巡りが趣味というrikuさん。この写真は、北海道旭川市にある「旭山動物園」に、12月19日に来園した際、写したものでした。

写っているのは、2020年2月に生まれたオスの新(シン)。
撮影当時、新は枝に降り積もった雪に興味を示していました。

「まだ2歳になっていない新は、無邪気な面が多く、もしかしたら自分で雪を落とそうとしているのかなと思い、カメラを構えました」

すると、何もしないうちに雪が落ちてきて、こんな「オチ」になったそうです。

「ネコ科の動物ならではの愛らしいシーンだったので、4コマ漫画のように楽しんでもらえればと思い、投稿しました」

「新くんは、昨年の12月も雪をかぶって雪まみれになってました」
「新くんは、昨年の12月も雪をかぶって雪まみれになってました」 出典:rikuさん(@rikunow)のツイート

絶滅に瀕したトラ

愛らしいアムールトラですが、世界的には生息数が減り、絶滅寸前まで追い込まれた動物です。積極的に種の保存を行う重点種になり、旭山動物園でも繁殖に力を入れてきました。

ただ出産・育児は簡単なことではなく、オスとメスのペアで飼育してきた初代、2代目は、うまくいきませんでした。

アメリカの動物園からやってきたメスのザリアと、オスのキリルが繁殖に成功。2020年2月には新たちが生まれました。

産室で眠るアムールトラの赤ちゃん=2020年2月6日午後0時8分、旭山動物園提供
産室で眠るアムールトラの赤ちゃん=2020年2月6日午後0時8分、旭山動物園提供 出典: 朝日新聞社
【関連記事】旭山動物園でアムールトラが出産 3頭スクスク(朝日新聞デジタル)

新たちは7つ子で生まれました。でも「記録的な多さ」の出産。十分に育っていなかったためか、そのうち4頭は死産だったり、すぐに死んでしまいました。

それでも生き残り、たくましく成長してきた3頭は「明(メイ)、新(シン)、力(リキ)」と名付けられて、愛されてきました。

ホワイトタイガー?……実は

rikuさんは、旭山動物園に通いながら、そんな3頭の成長を楽しみに、ずっと見守ってきました。

寒い地域に生息しているアムールトラ。あるときは、雪まみれになりながら、だんごのようにじゃれ合っていました。

「雪の中でも全然平気で、とても楽しそうに3頭で遊んでいてすごいなと思いました」

暴風雪の日に訪れた時には、「ホワイトタイガー」かと見まがうような真っ白なトラが。遊ぶ子トラたちを雪まみれで見守っている、母ザリアでした。

動物園ならではの光景にも出会うことがあります。ある日、ボールで遊んでいた仔トラ。展示が隣同士のライオンの方にひょいと近付いていきました。すると、そこには柵越しにうらやましそうに見つめるライオンがいました。

「仲が良く、よくお互いのオモチャを自慢し合っています」

「心が打たれる」場面

来年の干支である、トラ。

動物の中でもトラが好きというrikuさん。年賀状級の一押しの写真を選んで頂きました。「旭山動物園のアムールトラ」の中で気に入っているのは、親子で重なり合っている後ろ姿。まさに「鏡餅のような後ろ姿」です。

「親子で鏡餅のようになっている後ろ姿」
「親子で鏡餅のようになっている後ろ姿」 出典:rikuさん(@rikunow)のツイート

そして、仔トラを愛おしそうになめる母ザリアの表情。

「トラは猛獣で怖いというイメージを持っている人も多いですが、性格は猫と変わらない無邪気で愛らしい一面があります」「なにより、親子の愛情は見ていて心を打たれることも多いです」と言います。

「仔トラを愛おしそうに舐めるザリア」
「仔トラを愛おしそうに舐めるザリア」 出典:rikuさん(@rikunow)のツイート

多くの反響があった「4コマ漫画風写真」にも映し出されていたのは、トラたちの無邪気で愛らしい、豊かな表情でした。

「そんなトラの意外な一面を知ってもらえて嬉しいなと思います」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます