MENU CLOSE

連載

#70 #小山コータローの4コマ劇場

「お父さん」って呼ぶタイミング、息子が考えた「グラデーション」は

「もう少しパパに寄せるか…」

小山コータローさんの漫画「パパから」
小山コータローさんの漫画「パパから」
それ、逆に……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
センター街にトマト直売所? 「メルカリShops」で地方から全国へ【PR】
小山コータローの4コマ劇場

「パパから」

小山コータローさんの4コマ漫画「パパから」
小山コータローさんの4コマ漫画「パパから」

「反抗期」って

「武器がひとつしかない男」や「限定しりとり」などの漫画で、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。今回のマンガにかけて、小山さんの「親の呼び名」について聞いてみました。

僕は幼い頃から「お父さん」「お母さん」でした。

実のところ、中学くらいで「父ちゃん」「オヤジ」「母ちゃん」「お袋」などの男気溢れるムキムキ角刈りワイルドコールに移行する計画があったのですが、完全にタイミングを逃してしまい、いまだに「お父さん」「お母さん」なのです。

親に言わせてみれば「そういえばアンタ反抗期なかったね」などと言われる従順な少年期でした。

僕はもう35歳。このタイミングでいきなり「オヤジ!」「お袋!」などと言い出せば遅れてきた反抗期だと思われてしまいます。

なので、思い返してみると最近親と話す時は「アレさ〜」「あのさ〜」「そっちはさ〜」などと初対面のギャルのようになっています。

結果的に遅れてきた反抗期なのかもしれませんね。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます