MENU CLOSE

ネットの話題

君は誰?遭遇率6%、カップヌードルのフタ裏に潜むレア動物が話題に

新デザインに込めた日清社員の遊び心

おなじみの商品にあしらわれた、動物のイラストが話題を呼んでいます。
おなじみの商品にあしらわれた、動物のイラストが話題を呼んでいます。 出典: 日清食品提供

目次

言わずと知れた人気商品、カップヌードル。最近、フタの裏に登場した、意外な動物のイラストが話題を呼んでいます。わずかな確率でしかお目にかかれず、見かけた人からは「むしろ、当たりでしょ」との声が続出しているのです。デザインの狙いについて、販売元企業に聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

「猫」と、ふれぶてしい顔の動物

人気を呼んでいるのは、レギュラーサイズのカップヌードルシリーズの、フタ裏にあしらわれたイラストです。

フタの縁からぴょこんと飛び出た、耳のような2本の突起。引っ張りながらはがすと、シンプルな線で描かれた、「猫」の顔が現れます。半開きの口から、よだれを垂らすさまが憎めません。

フタの裏に現れた猫のイラスト
フタの裏に現れた猫のイラスト 出典: 日清食品提供

SNS上では2カ月ほど前から、この猫の画像が出回り始めました。「かわいい」「猫耳じゃん」。好意的なコメントに混じり、別の生き物の表情が浮き出た、フタ裏の写真も投稿されたのです。

目は半月状で、前方に向かい、のっぺりとした鼻が伸びています。猫と違い、ずいぶんふてぶてしい印象です。

「可愛い猫ちゃんを期待していたのに……」「思わず『君は誰?』ってなった」「むしろ、当たりでしょ」。肩すかしを食いつつも、その状況を楽しむ人々の声が、今なお引きも切りません。

何とも言えない、味のある表情
何とも言えない、味のある表情 出典: 日清食品提供

実はシークレットキャラクター

この動物の正体は、何なのでしょう? 販売元である、日清食品の担当者に尋ねてみると、「チベットスナギツネです」との答えが返ってきました。

チベットスナギツネとは、チベットの高山地帯や、インド・ネパールに生息するキツネの一種です。野生のナキウサギなどを食べて暮らしています。国内では、人間のような顔つきから、「チベスナ」の愛称で親しまれてきました。

人間のような顔のチベットスナギツネ
人間のような顔のチベットスナギツネ 出典: 山水自然保護センター提供
【チベスナ関連記事】「けもフレ」好きすぎてチベットへ「チベスナ」探し命に向き合う男性

「チベットスナギツネを選んだ理由は、そのシュールさと愛らしさです。『また会いたい……』と感じてしまう、不思議な魅力があると思いました」(担当者)

担当者によると、チベットスナギツネ柄容器の混入率は、商品の生産実数ベースで約6%。猫に加え、「更に驚きや楽しさを感じてもらいたい」と、シークレットキャラクターとして採用したといいます。

容器を並べると、シュールさが際立ちます
容器を並べると、シュールさが際立ちます 出典: 日清食品提供

環境負荷の高まりに対応

ところで、特徴的な形状のフタは、今年新たにお目見えした「Wタブ」と呼ばれるものです。

カップヌードルには1984年9月から、プラスチック製の「フタ止めシール」が、容器の底に付属していました。お湯を注いだ際、フタが開かないよう、固定する必要があったためです。

しかし、廃プラスチックによる環境負荷の高まりを受け、シールの廃止が決まりました。"環境" "防災" "健康"などにまつわる、諸課題に向き合う趣旨で、同社が進める「カップヌードル DO IT NOW!プロジェクト」の一環でもあります。

代替策として、開け口を二つに増やし、安定性を高めたWタブ式のフタを開発。これにより、年間33トンのプラスチック原料を削減できるそうです。今年6月から、レギュラーサイズの全商品を対象に、順次置き換えています。
 

旧型(左)と新型のフタデザイン
旧型(左)と新型のフタデザイン 出典: 日清食品提供

担当者いわく、デザイン変更後のフタを裏面から見ると、猫を思わせる形をしています。そのため、動物のイラストが描かれました。よだれが垂れているのは、おいしそうなカップヌードルを前に、「思わず出てしまった」からだといいます。

イラストの下には、フタ止めシールがなくなった理由を始め、3種類のメッセージが吹き出し付きで掲載されています。一部、語尾を「にゃん(猫)」「コン(チベットスナギツネ)」とするなど、遊び心を盛り込むことも忘れていません。

猫・チベットスナギツネ柄のフタ裏イラストと、メッセージ
猫・チベットスナギツネ柄のフタ裏イラストと、メッセージ 出典: 日清食品提供

「食が楽しくなるように」

多くの人々の目を楽しませている、新バージョンのフタ。担当者は「大変うれしい」と喜んだ上で、次のように話しました。

「『カップヌードル』は、今年9月18日で発売50周年を迎えます。環境に関しては、時代に合わせて進化しなければならないと考えています」

「『おいしい』ことはもちろん、『安全』で『安心』にお召しあがり頂けて、『カップヌードル』を通じて、食が楽しくなるような取り組みも、どんどんと展開していきたい。そう考えています。これからもよろしくお願いします」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます