MENU CLOSE

連載

#99 #父親のモヤモヤ

46歳で父になった社会学者、「強いオトコ大人」社会が阻む子育て

『46歳で父になった社会学者』の著者・工藤保則さん=本人提供
『46歳で父になった社会学者』の著者・工藤保則さん=本人提供

目次

#父親のモヤモヤ
※クリックすると特集ページ(朝日新聞デジタル)に移ります。

「父親になる」ことに不安はなかった。「母親になる」ことに妻は不安ばかりだったのに――。出産前の感覚が夫妻で対照的だったと振り返るのは、龍谷大学教授(文化社会学)で、2児の父親でもある工藤保則さん(54)です。

#父親のモヤモヤが『妻に言えない夫の本音』として書籍に。詳細はコチラから。

簡単に考えていた「父親になる」

工藤さんは、共働きの妻、息子(7)、娘(3)の4人暮らしです。結婚は45歳。1人目の子どもが生まれた時は、46歳でした。

子育てや家事をして暮らす中で感じたことを新著『46歳で父になった社会学者』(ミシマ社)につづっています。

妻の妊娠を聞いた工藤さんは、こんなことを思います。

「子どもが成人するときは66歳。少なくともそこまでは大きな病気をすることなく元気でいたいなぁ」

「自分の年齢と健康のことだけが気がかりだったのだ」

出産について言えば、男性の場合、体の変化があるわけではありません。出産後も含めて、不安はありませんでした。「父親になる」ということを簡単に考えていたのかもしれません。お湯をかけて3分間で完成するインスタント麺ではありませんが。

「母親になる」ことに不安だった妻

一方の妻は違いました。「母親になる」ことに不安でいっぱいでした。「子どもを好きになれるか」「仕事で周囲に迷惑をかけないか」「キャリアが中断されるのではないか」

工藤さんの妻は、出産後9カ月で職場に復帰しました。工藤さん自身、子育ても家事も分担していました。ただ妻は、病気がちな子どもの世話をしながら、仕事も滞りなく進めようと無理を重ね、体調を崩してしまいました。

平日の夕食づくり、子どもが寝るまでの相手と家事。息をつく暇もなかった生活が、さらに忙しくなりました。

妻は、私と妻の家事育児の分担比率を「6:4」だと言ってくれます。でも、それって、実務の部分なんですよね。

「子どもの命を守らないと」という心理的なプレッシャーは妻の方が強く感じています。それを考えると、私の方が多く分担して、心身の分担はやっと「トントン」なのかと思います。

「父親になる」ということ

工藤さんは、別の編著『〈オトコの育児〉の社会学』(ミネルヴァ書房)で、「父親である」と「父親になる」は異なると書いています。

「父親は育児をすることで、父親になる(なっていく)と考えらえる」

「子どもを授かったことで父親であることはできるが、それだけでは、父親にはなっていない」

社会学に「社会化」という言葉があります。他者を通して社会規範を身につけていく過程をさし、「子どもの社会化」などと使います。

「父親の社会化」だってあります。ただ、頭では分かっていても、出産前はどういうことを通じてなのか、実感を伴ってまではイメージできませんでした。だから「父親になる」ことに不安もなかったのでしょう。

子どもが生まれ、生活することに深く踏み込み、そりゃ、部屋もまったく片付きませんよ。ぐちゃぐちゃです。でも、その収拾がつかないような生活にどっぷりつかって、「父親になる」という感覚が高まっていきました。

もちろん、出産時の意識が違ったとしても、「母親になる」過程にだって、たくさんのことがあるでしょう。世間的にイメージされる「母親」なんてイメージにすぎず、誰もが上手になれるわけではないんです。これも強調したいですね。

動物園と電車内、同じ「公共」の場なのに

『46歳で父になった社会学者』では、「父親になった」工藤さんが感じた心の機微や考察がつづられています。

例えば、子どもを連れて、動物園や公園に行く場面。そこでは、子どもをのびのびと遊ばせる姿が描かれます。しかし、そこに向かう電車の中では、ベビーカーをたたみ子どもを抱っこします。「迷惑をかけないように努力しています」というパフォーマンスのようだ、と工藤さんは自身の行動を表現します。

動物園も電車も同じ「公共」の空間。なのになぜ、親の態度にこうも違いがあるのか。そんな考察を重ねます。

工藤さんは「父親」としての感覚を語ります。しかし、社会全体では、父親と母親の負担に大きな偏りがあることが、依然として大きな課題です。

総務省の「社会生活基本調査」によると、1日のうちで育児をしないと答えた夫の割合は約7割です。共働き家庭でも、専業主婦家庭でも、ほとんど変わりません。

父親自身の意識変化も必要ですが、男性の子育てを阻むものがあるとすればそれは何でしょうか。

「強いオトコ大人」優先の社会ではないでしょうか。いわゆる「ホモソーシャルな社会」のことです。

健常な成人男子を構成員として想定した社会であって、例えば長時間労働は当たり前です。権力志向とも結びつき、競争的でもあります。そういう中では、ケアや生活が軽んじられがちです。それは、子育てにとって優しい社会ではありません。

「強いオトコ大人」社会になじんでいる父親は、家事や育児を誰かに任せ、自分の生活パターンを変えることはありません。

ただ、そこの世界に「安住させられている」人もたくさんいるはずなんです。別に何か得をしているわけでもない。一方で、長時間労働や家庭に関われないことにモヤモヤを持っている人です。うまく連携して、よい方向に社会を変えていきたい。そう思います。

工藤保則さんの新著『46歳で父になった社会学者』(ミシマ社)

父親のリアルな声、お寄せください

記事の感想や体験談を募ります。いずれも連絡先を明記のうえ、メール(dkh@asahi.com)で、朝日新聞「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。
 

共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、モヤモヤすることがあります。それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても生きやすい社会づくりにつながると思い、この企画は始まりました。あなたのモヤモヤ、聞かせてください。
みんなの「#父親のモヤモヤ」を見る
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます