MENU CLOSE

連載

#56 夜廻り猫

「なんであの子が」友だちの病、最初の行動は…夜廻り猫が描く支え

夜廻り猫が描く「支え」
夜廻り猫が描く「支え」

目次

大切な友人から「がんになった」と打ち明けられた女性。なんであの子が……とにかくお見舞いを送って、それから、私にできることは――。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが「支え」を描きました。

【PR】クリエイターが長野で深呼吸したら、集中力が150%になった話

「私としたことが自分のご飯も忘れてた」

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵は、ひとりの女性の心の涙の匂いに気づきます。
「おまいさん、泣いておるな?心で どうなすった?」

女性はついさっき、友人からの電話でがんにかかったと聞かされたばかりでした。
「……わかった 手伝えることがあったら何でも言って」と電話を切りましたが、
なんであの子が――?と落ち込み、とりあえずお見舞いを送り……それから、自分にできることは……とせわしく考え続けていました。

ぐうぅぅ。

心配そうに女性を見ていた猫たちのおなかが大きく鳴ります。

気づいた女性はすぐにごはんを用意し、遠藤たちと食卓を囲みながら「私としたことが自分のごはんを忘れてた。落ち着かんわけだ」と笑います。
「こういう時はこっちがドンと落ち着かないと、頼ってもらえんわね」

遠藤がいたずらっぽく「おかねも稼いでおかないと」と言うと、女性は「ほーよ!(本当よ)」と力強く応じるのでした。

誰かを助けたい時は「上下関係にならない」

作者の深谷さんは「生きていると、何か困った状況に陥ることってありますよね。自分だけでなく周りの人がそうなることも」と振り返ります。

そんな時は助けてもらったり助けたりできるといいのですが、「災害や病気って遭ってしまった人とそうでない人、その立場の違いだけで、すごい差ができてしまう」と指摘します。だからこそ「誰かに対して何か助力したい時には、上下関係にならないように注意したいと考えています」。

「上から押しつけず、必要以上に落ちることなく、相手と呼吸を合わせられたらいいですよね」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。もう1匹の子猫は「帽子猫」です。
ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本7巻(講談社)が2020年12月23日に発売された。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます