MENU CLOSE

連載

#8 #戦中戦後のドサクサ

軍人にあるまじき「タブー」 青年兵が実行した非常識なアイデア

ひっくり返った世界観を生き抜く方法

敗戦を知り、驚がくする青年兵たち。生き残るため、彼らがとった行動とは……
敗戦を知り、驚がくする青年兵たち。生き残るため、彼らがとった行動とは…… 出典: 岸田ましかさん提供

目次

終戦直後の九州で、若き兵士らが、一世一代の大勝負に打って出ました。それは、軍人にあるまじき「タブー」を犯すこと。混乱期を生き残るため、当時の「非常識」を貫いた青年たちの運命は? とある男性の実体験を、漫画家・岸田ましかさん(ツイッター・@mashika_k)が描きます。
#元2世信者が脱会後に困った「性の悩み」

うろたえる部下に差し出した紙

昭和20(1945)年8月15日、鹿児島県某所。3人の軍人たちが、先を急いでいました。

「少尉どの! このままでは正午の重大放送に間に合いません!」。青年兵にせかされ、やむなく無人の民家に立ち入ります。手近にあったラジオを付けると、衝撃的な情報が耳に入りました。

日本、敗戦……。青ざめ、所属部隊への帰還を提案する部下たち。しかし少尉から、輪をかけてショッキングな言葉が飛び出します。

「いいや、逃げよう!!」。交戦相手である連合軍の捕虜となれば、殺されるかもしれない。ならば逃亡も致し方なし、と考えたのです。

「でも、脱走兵になるのでは」。驚愕(きょうがく)し、うろたえる部下らに、少尉はおもむろに一枚の紙を差し出します。読んでみると、こんな文章が書いてありました。

「右ノ者 九月一日ヲモツテ中尉ニ任ズ」「同日、東京ヘ出頭スヘシ」。つまり「昇進にあたり、東京に戻ってこい」ということです。なれば、本部に生きて戻ることは任務である――。事前に届いた参謀本部からの命令を、うまく利用するアイデアでした。

兵士たちが闇に紛れ走る理由

青年兵たちの実家は、都内にあります。少尉に恐る恐る伝えると、「従属を命じる」。見事、大義名分が成立です。こうして「逃避行」の幕が開けました。

しかし、そのままのいでたちでは、あまりに目立ちすぎます。3人は軍服や軍刀を捨て、タンスから「拝借」した衣服に着替えることにしました。

ここからが大変です。列車に乗れば、知人に見つかるかもしれません。ましてや、憲兵隊に出合おうものなら、捕まってしまうのは確実です。だから、まずは歩いて県境を越え、熊本まで移動することにしました。

とはいえ、身長180センチ超の少尉が、どう考えても一番人目に付きます。青年兵たちは、そんな本音をおくびにも出さず、夜を徹して走り続けました。

そして闇を駆る3人の姿は、好むと好まざるとにかかわらず、やはり脱走兵そのものだったのです。

出典: 岸田ましかさん提供

ひっくり返った世界観を生きる方法

今回のエピソードは、大正10(1921)年に生まれた、元軍人の男性の体験談です。本人は20年近く前に亡くなり、岸田さんが遺族から直接聞き取りました。

「少尉の位にある人が、真っ先に逃亡を決断したというのは驚きでした。部下たちと現地を離れ、実家へ帰るのに、抵抗はなかったといいます。判断に影響しているかは分かりませんが、『米軍が鹿児島からの上陸しようとしている』とのうわさもあったそうです」

当時、男性は24歳でした。その後、憲兵や米兵の陰に脅えながら、自らも故郷を目指すことになります。

それまでの世界観がひっくり返った、終戦直後の混乱期。生き抜くためには、「逃げる」という軍人の「非常識」を貫かなければいけなかった……。男性のように、社会の片隅で命をかけていた人々は、数え切れないほど存在したに違いありません。

※本コンテンツは、戦争体験者の記憶と関連史料に基づき、可能な限り過去の風俗を再現したものです。また現代の価値観に照らして、不適切と思われる描写も含まれますが、戦中・戦後の暮らしぶりを伝えるためそのまま掲載しています。

※次回は4月1日公開です。




【連載「#戦中戦後のドサクサ」】
激しい闘いのイメージが強い「戦争」。その裏には、様々な工夫をこらしながら、過酷な環境下でもたくましく生き抜こうとする「ふつうの人たち」の姿がありました。戦中・戦後の混乱期、各地で実際に起こった出来事に基づく「小さな歴史」について、漫画家・岸田ましかさんの描き下ろし作品を通して伝えます。(記事一覧はこちら
お知らせ

 

「戦中戦後のドサクサ」では現在、太平洋戦争前後の思い出に関するエピソードを募集しています。おじいちゃん・おばあちゃんから聞いたお話を記録したい。そんな思いを抱える方、ぜひ以下の入力フォームより、ご連絡下さい!

入力フォーム→ https://forms.gle/eBUect1aFQjtZ1Y6A

 

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます