MENU CLOSE

連載

#2 眠れぬ夜のレシピ

真夜中にチンする湯豆腐、腹と心の満たし方……眠れぬ夜のレシピ

「ああ良かった、まだ起きている人がいる」

午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より
午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より 出典: 午後さん(@_zengo)のツイッター

目次

なんだか、眠れない夜。頭から離れなくなる食べ物、ありませんか。一人の夜を少しでもあたたかい気持ちで過ごせるように。あなたに贈る、真夜中のレシピです。手紙を添えて、お届けします。(漫画・コラム、午後)

真夜中に豆腐を食べる話

午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より
午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より 出典:午後さん(@_zengo)のツイッター
午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より
午後さんのマンガ「真夜中に豆腐を食べる話」より 出典:午後さん(@_zengo)のツイッター

孤独な夜の「内緒話」

こんばんは、午後です。

今回の豆腐のレシピの話は、レシピと呼ぶにはお粗末なものかもしれません。でも、そんなざっくりとした料理の数々も、私はTwitterに流してきました。

今日は、少し昔にさかのぼって、私が「なぜ漫画の発表の場にTwitterを選んだのか」、その理由についてお話ししたいと思います。

数年前、のたうち回るような苦しい夜を乗り越える時、私のお供はいつもTwitterでした。Twitterがあったからこそ、なんとか乗り越えられたと言っても過言ではありません。

自分は独りぼっちだと思っている人が、ただひとりでスマートフォンと向き合っている時間が、タイムラインには流れていると思っています。

私はずっと、建前を取り外したその人自身と触れ合いたいと思ってきました。しかし現実世界でそのような交流は、相当信頼関係を築いてからでないと不可能です。でも、インターネットでなら、それが可能でした。

私は数えきれない夜を、様々な人たちの不可侵な孤独に触れて、励まされて、乗り越えました。地獄を内包しているのは自分だけではない事実に、幾度も強く励まされました。

多様なインターネットの場の中で、そういった色が最も強いのはTwitterだと私は思っています。

優しい人たちの掻き消えそうな弱音に触れられる場所であるTwitterが、私は好きです。

そういった場所だからこそ、自分の作品をタイムラインに流そうと思えました。

これまで一緒に夜を乗り越えてきた同士であるフォロワーさんに、こっそり内緒話をする気持ちで漫画を描き始めました。いまも、その気持ちは、数年前の真夜中に、タイムラインに弱音を流していたあの頃と何も変わりありません。

ざっくりとした料理の数々も、そんな内緒話のひとつです。

「私はこうして夜を乗り越えています。あなたはどうしていますか。ご無事でしょうか。」と書いた羊皮紙を瓶に詰めて、ひとりタイムラインに流しています。

少し長くなってしまいました。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それでは、今夜も良い夢を見られますように。

おやすみなさい。

午後

SNS作家。2020年5月からTwitterに漫画を投稿をしている。今年1月に初の書籍「眠れぬ夜はケーキを焼いて」(KADOKAWA)を出版。Twitterアカウントは@_zengo

◇  ◇  ◇

withnewsでは、午後さんがTwitterで発信している漫画とコラムを原則隔週金曜日の夜に配信していきます。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます