MENU CLOSE

ネットの話題

129368

秋田県警の動画、異例のヒット 「もはや才能」再生数は数百→13万回

ヒントは息子の投稿「爪痕残せてよかったね」

秋田県警察本部交通企画課が公開した動画「自転車の交通ルール」
秋田県警察本部交通企画課が公開した動画「自転車の交通ルール」 出典: 秋田県警察本部交通企画課YouTubeチャンネル

目次

自転車の交通ルールを広めようと秋田県警の職員が作った啓発動画が、異例の視聴回数を記録しています。3月に公開して再生回数は数百回程度でしたが、10月、これを視聴した人が「こんな動画作れるとかもはや才能」とツイッター投稿したことをきっかけに注目され、視聴回数は一気に13万回を突破しました。高評価を得た「手作り感」。作った中の人に話を聞きました。(朝日新聞秋田総局記者・高橋杏璃)

業務の合間に独学で編集

話題になった動画を作ったのは、秋田県警交通企画課で庶務や会計などを担う警察行政職員として働く佐藤ひろみさん(52)。「こんなことになるとは……」と反響に驚きます。

長男(26)がユーチューブに自作の動画を投稿しているのを見て、「こういうのを活用したらいいんじゃないか」と思い立ったのがきっかけ。交通安全の啓発動画を作りたいと昨年7月、企画書を上司に提出しました。道路交通法に詳しい警察官にシナリオを書いてもらい、業務の合間を縫って独学で動画を編集。「歩行者ファースト」「反射材の着用」「自転車の交通ルール」の3本をユーチューブで公開しました。

今回「バズった」のは、3月に公開した3本目「自転車の交通ルール」です。シナリオはこんな感じでした。

県警マスコット「まもるくん」は、友だちの家に遊びに行こうとしています。
雨が降る中、まもるくんは「あんで行ぐのめんどくせな(歩いて行くのめんどくさいな)」と傘を差しながら片手で自転車を運転。

一方そのころ、老人クラブのグラウンドゴルフ大会に行く予定だったおじいさんも、「中止連絡来ないからまずグラウンドさいってみっか」と徒歩で出発。

大雨の中、歌いながら自転車をこいでいたまもるくんは、傘を差して歩くおじいさんに気づかず衝突。ドーンという衝撃音と共に「火柱」が上がり、おじいさんは救急車で運ばれてしまいます。泣き顔のまもるくんは到着した警察官に指導され、「自転車でも加害者になることがある」と、交通ルールを守ることの大切さを学びます。

出典:秋田県警察本部交通企画課のYouTubeチャンネル

動画の「手作り感」

公開してから半年以上、視聴回数は数百程度でした。

ところが、とあるユーザーが10月、「こんな動画作れるとかもはや才能だぞ」とのコメントとともに動画の一部をツイッターに投稿。この投稿が6万回「いいね」、2万回リツイートされ、動画の視聴回数も急上昇していきました。

ネットユーザーが食いついたポイントが、動画の「手作り感」でした。無料で使えるフリー素材のイラストを駆使した簡素なアニメーションや、まもるくんやおじいさんが話す秋田弁が好印象につながりました。まもるくんがご機嫌に口ずさむ「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ♪ おんちゅ♪」という謎の歌からの急展開など、編集の奇抜さが、視聴者の笑いを誘いました。

この主人公・まもるくん役を務めたのは、制作当時の交通部長・坂本幸一さんでした。「味がある部長の声を使いたい」と佐藤さんが最初に出演をお願いした際は「おれ滑舌悪いがらなー」と遠慮がちだったといいます。でも、めげずに何度もお願いすると承諾してくれました。「部長室で録音していると、事務室にも声が漏れ聞こえてきて、課内のみんながクスッとする感じでした」

ちなみに「謎の歌」の正体は、1970年代の歌謡グループ「敏いとうとハッピー&ブルー」が歌った歌謡曲「星降る街角」なんだそうです。動画の制作中にこの曲の間奏部分がふと浮かび、「あれをまもるくんに歌わせたら楽しくなるかな」と遊び心から坂本さんにお願いしたところ、快諾してくれたことで実現しました。

動画をつくった秋田県警職員の佐藤ひろみさん=高橋杏璃撮影
動画をつくった秋田県警職員の佐藤ひろみさん=高橋杏璃撮影

「おもしろいだけじゃなくて」

動画の後半では警察官が登場し、まもるくんに「自転車は軽車両といって、車の仲間なの」と諭します。そして、「車道は左側を通行」「歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行」などと自転車も交通ルールを守るように伝えます。


エンドロールでは、まもるくんがぶつかったおじいさんは幸いけががなかったことを伝える一方で、実際にあった例として、自転車で歩行者を転倒させて約9500万円の賠償を命じられたケースや、相手を死亡させて禁錮2年の実刑判決を言い渡されたケースも紹介します。


「おもしろいだけじゃなくて、交通ルールも広まってほしい」という佐藤さんの願いは届いているようで、動画には「なんだかんだ全部見て勉強にもなった」とのコメントも寄せられています。

秋田県警の動画としては異例のヒット作となった佐藤さんの動画ですが、意外にも県警内での反応は薄いそうです。「声かけられることもないし、庁内では見てる人は少ないのかな」

ただ、3月に定年退職した坂本さんに動画の反響を伝えたところ、「ネットすごい……」と伝播力のすごさに驚きつつも喜んでいたといいます。動画づくりのきっかけとなった長男は「爪痕残せてよかったね」とねぎらってくれたそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます