MENU CLOSE

話題

244

ミックスジュース「発祥の店」存続のため立ち上がった大阪人の熱意

絶妙な果実味に欠かせない〝リンゴの皮〟

センナリヤフルーツパーラーのミックスジュース=橋本佳奈撮影
センナリヤフルーツパーラーのミックスジュース=橋本佳奈撮影

目次

大阪の名物「ミックスジュース」には、発祥の地と言われるお店があります。新世界に構える、「千成屋珈琲」です。一度は閉店に追い込まれましたが、地元の人々の熱意から、引き継いだ企業が再オープン。さらには新店舗も展開し、若い人たちに味を広めるための挑戦もしています。今回はオープンしたばかりの「センナリヤフルーツパーラー」に訪問しました。

1948年に新世界で誕生、今年新店舗オープン

センナリヤフルーツパーラー。1階は台湾カステラ店で、2階がフルーツパーラーのイートインになっている
センナリヤフルーツパーラー。1階は台湾カステラ店で、2階がフルーツパーラーのイートインになっている

訪れたのは、9月にオープンしたばかりの「センナリヤフルーツパーラー」。ミックスジュースを生んだと言われる1948年(昭和23年)創業の新世界の喫茶店「千成屋珈琲」の運営会社が展開する新店舗です。1階は流行りの台湾カステラ店を併設し、2階がフルーツーパーラーになっています。

フルーツパーラーでオリジナルのミックスジュースやオムライスなど喫茶店の名物メニューのほか、若い女性をターゲットに狙ったフルーツを使った新メニューをそろえました。新世界の本店は残念ながら、コロナの影響で少なくとも11月中は休業するとのことです。

10月に訪れたセンナリヤフルーツパーラーは、阪急駅高架下の好立地。若者の集まる茶屋町に近いこともあり、若い女性たちでにぎわっていました。

さっそくオリジナルのミックスジュースMサイズ(税抜き500円)を注文しました。レトロな重厚感のあるガラスのコップに入っていて、ストローで飲んでみると、すぐに吸い込めないくらい、シャリっとした「氷感」があります。スムージーのような口当たり。リンゴとバナナの味が先にでて、すっきりとした味わいでした。

取材に訪れた際、ミックスジュースを店内で作る音を録音しました。大きな氷を入れてミキサーでかくはんしている様子です
頼んだミックスジュースはたっぷり入っていた
頼んだミックスジュースはたっぷり入っていた

一度は閉店も、地元の愛で復活

創業当時の千成屋珈琲と女性店員=株式会社LIFEstyle提供
創業当時の千成屋珈琲と女性店員=株式会社LIFEstyle提供

ミックスジュースの歴史は1948年にさかのぼります。新世界の「ジャンジャン横丁」で初代店主が前身となる果物店を創業し、完熟した果物をミキサーにかけ店頭で提供したのが始まりといわれています。

地元の人たちに大人気となったため、1960年、喫茶店「千成屋珈琲」へと業態を変え「冷コー(アイスコーヒー)」とともに2大看板メニューとなり、親しまれました。

しかし、3代目店主が体調を壊し2016年に一度閉店してしまいました。その時、「大阪の文化をどうにかつなぎとめたい」と動いたのが、地元商店街の人々です。

飲食・プロモーション業の地元会社「LIFE style」が手を挙げ、存続が決定。同社が翌2017年から経営を引き継ぎ、再オープンを果たしました。

担当の後閑昇さんは「レシピを完全に引き継ぎ、味を守っていきたいという思いで始めました」と話します。

当時、朝日新聞でも地元の人々の思いを記事にしていました。

新世界にある千成屋珈琲の本店=LIFEstyle提供
新世界にある千成屋珈琲の本店=LIFEstyle提供
千成屋珈琲本店の店内=株式会社LIFEstyle提供
千成屋珈琲本店の店内=株式会社LIFEstyle提供
2017年5月29日夕刊から抜粋 「新世界の甘い思い出、ファンが継承」から

「ミックスジュース発祥の店」として知られ、昨年閉店していた大阪・新世界の喫茶店「千成屋珈琲(せんなりやコーヒー)店」が29日、復活した。
 3代目店主の体調不良でいったん店を閉じたが、子どもの頃にあの甘さのとりこになったPR会社経営白附(しらつき)克仁さん(50)が4代目を継いだ。新世界のシンボルの味を無くしたくない、との思いからだ。
 午前9時。開店と同時に、復活を待ちわびていた客らが続々と店に入った。週1回ほど店を訪れていたという新田進さん(79)=堺市=は「閉店するのはさみしかったので、復活はうれしい」と笑顔をみせた。
 店は元々、1948年創業の果物店。3代目の恒川豊子さん(74)の義父・一郎さんが、売れ残った果物がもったいないと発案したのがミックスジュースだった。60年に喫茶店に衣替え。看板メニューにすると人気を呼び、今や大阪伝統の味に。だが豊子さんが体調を崩し、店は昨夏、約70年の歴史に幕を閉じていた。
 「寂しかった。何とか店を残さないといけないと思った」。白附さんは、たまたま通りかかって、店に貼られた手書きの紙で閉店を知った。白附さんは阿倍野区出身。新世界は、子どもの頃に自転車でよく来た遊び場で、大好きな街だ。たまに味わうぜいたくが、千成屋のミックスジュースだった。
 昨年10月以降、知人から紹介された豊子さんの長男・岳久(たけひさ)さん(49)と何度も会い、今年2月に営業再開を認めてもらった。岳久さんは会社員。「店を継がなかったことが、少し後ろめたかったのでありがたかった」。豊子さんにも店の再開を伝えた。「よかった」と胸をなで下ろしていた。
 店内はかつての雰囲気を再現し、ミックスジュースは伝統のレシピを引き継いだ。隣の空き店舗を改装し、持ち帰り用のジュースやソフトクリームを販売する。白附さんは「伝統を引き継ぎつつ、時代の変化に合わせて進化していきたい。大阪のレトロな味を発信していきたい」と意気込む。“

17年5月29日 朝日新聞

リンゴの皮残して果実味

そんな発祥の店の「伝統の味」のレシピは、どんなものなのでしょうか?

フルーツは、バナナ、りんご、缶詰のミカンと黄桃を使っています。リンゴは、皮も残るようにすることで果実味を残しているそうです。さらに、四角い氷(製氷器の大きさと同じ)、牛乳は欠かせません。

甘味については、「企業秘密」ということでした。ただ、甘すぎずすっきりとした味わいが印象的でした。

後閑さんは「ミックスジュースにはフルーツが命。果物の卸店3店舗と契約してその中で状態の良いものを仕入れています」とこだわっています。

リンゴの皮のつぶつぶが表面に見える
リンゴの皮のつぶつぶが表面に見える

若い人たちにも広めたい

後閑さんは「私たちは、味を守ることとともに、もっと全国に味を広めることが使命だと思っています。喫茶店には比較的高齢の方が多くいらっしゃります。若い人たちにはなじみがあまりないため、知ってもらうことが必要だと思いました」と意気込みます。

LIFE style は8月には関東に2店舗目を神奈川県川崎市の若者に人気の大型ショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」に構えました。さらに、9月には阪急梅田近くに「センナリヤフルーツパーラー」を開店。フルーツパーラーのターゲットは、「流行に敏感で、SNSなどで発進力のある若い20~30代」だと言います。

「ミックスジュースから連想するのはフルーツ。だからこそ、フルーツパーラーとして品質を重視し、ジュースだけでなくたくさんのフルーツメニューの展開に力を入れています」

オリジナルのミックスジュースのほか、生のフルーツをトッピングした「ロイヤルミックスジュース」、アイスを乗せた「フロート」など種類を増やしました。

左が「ロイヤルミックスジュース」、右が「フロート」=LIFEstyle提供
左が「ロイヤルミックスジュース」、右が「フロート」=LIFEstyle提供
メニューの一部=LIFEstyle提供
メニューの一部=LIFEstyle提供

さらには、パフェも多数展開。店内の雰囲気は、レトロなインテリアで、おしゃれですが、高級すぎるイメージではありません。その理由として「東京には老舗のフルーツパーラーはあります。ただ、値段が高価でなかなか通えない人も多い。もっと若い女性にも気軽に入ってもらえるようにパフェの価格も1500円以内に抑えています」と明かします。チョコバナナパフェが880円、シャインマスカットパフェも1500円でした。(税抜き)。

センナリヤフルーツパーラー1階には台湾カステラ店もオープンし、大人気だ=LIFE style提供
センナリヤフルーツパーラー1階には台湾カステラ店もオープンし、大人気だ=LIFE style提供

店舗デザインなども手がける飲食プロデュース会社であるLifestyleは、10月9日に、フルーツパーラーの1階でテイクアウト専門の「台湾カステラ 米米(ファンファン)梅田」もオープンしました。

「タピオカの流行が去って、東京では台湾カステラ店が出始めました。大阪で流行を作りたい」

10月9日に取材で訪問すると、女性が列を作っていてすぐに売り切れに。台湾のオリジナルと違い、タピオカ粉と米粉を使うことで、グルテンフリーでされにもちっとした味わい。2階のフルーツパーラーでは、フルーツを乗せたイートインメニューまで出しています。

詳しくは以下の各ページで店舗案内をご覧ください

テイクアウトのミックスジュースのもと
テイクアウトのミックスジュースのもと

今は、高齢化だけでなくコロナ禍で昔から愛される飲食店が次々と閉店しています。そんな中、自宅でも楽しめる持ち帰りの「ミックスジュースの素」(410円)も販売するなど、「大阪のミックスジュース」に触れる機会を増やそうとする挑戦が続いています。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます