MENU CLOSE

WORLD

1789

初めての大地震、外国人が「一番怖かった」こと 耐えた魔の24時間

「200年に1度」はいつ起きるの?

「ママー!」。本所防災館の地震体験コーナーで、「大地震」を経験したダラポーンさん。見守っていた息子が泣きながら駆け寄ってきた
「ママー!」。本所防災館の地震体験コーナーで、「大地震」を経験したダラポーンさん。見守っていた息子が泣きながら駆け寄ってきた

目次

大型の台風や地震が多い日本。日本語の日常会話に問題がないように見える外国人でも、災害の経験は少なく、いざというときどう行動すればいいか迷い、孤立してしまいがちです。タイと韓国、二人の女性の視点から、「災害大国」日本の備えを考えました。

【関連記事】〝台風のない国〟の父娘が実感「災害大国」の恐怖 日本人にも気づき

「びくともしない」を動かす決意

東京都墨田区にある本所防災館の、防災体験ツアー。「都市型水害」のコーナーで、ひときわ力を振り絞る女性がいました。

タイ出身のダラポーンさん(40)です。

このコーナーは、地下の店や地下駐車場などにいた時、豪雨が発生し、地上から雨水が流入したときのことが体験できます。避難が遅れて、水深約50センチになった場合、ドアにかかる水圧は約190キロともいわれています。成人男性でもほとんど開けることは不可能。豪雨が予想されるときは、地階の利用に注意することを感じてもらうための体験です。

イラストを担当した楢原ゆかりさんも挑戦。水圧を体感できるという扉は、びくともしなかった
イラストを担当した楢原ゆかりさんも挑戦。水圧を体感できるという扉は、びくともしなかった

ダラポーンさんは、「びくともしない」はずのドアを、ものすごい力で動かしてしまい、周りの人を驚かせました。

「弟を大学に入れるために、力仕事ばっかりやってきたので」と照れ笑いしました。「でも、災害の本番で、こういう力が出せるかはわからない」


防災体験ツアーには、日本生まれで、まもなく2歳になる息子と参加しました。生まれた直後に、NICU(新生児集中治療室)に入院。2歳になるまで、たびたび手術を受けてきました。「つらくてもあまり泣かない、我慢強い子なんです」と誇りに思います。

その息子が、ツアーの最中、泣きじゃくりました。地震体験コーナーで、震度7の揺れを体験するダラポーンさんを見守っていた時です。体験中、預かったスタッフの腕をふりほどき、「ママー!ママー!」。大揺れの中にいるダラポーンさんの元に駆け寄ろうとしました。

息子を抱きしめながら、ダラポーンさんは「家族を守らなければと思っています」と防災に込める思いを話してくれました。

ダラポーンさんの元に駆けつけようとした息子のけんとくん
ダラポーンさんの元に駆けつけようとした息子のけんとくん

一人で待つ孤独

ダラポーンさんが災害の時に感じたのは孤独感です。

日本生活は11年になります。日常会話には問題ありませんが、文章の読み書きは難しいと感じています。

2011年3月11日、金曜日の日本語のクラスから帰宅した直後、地震に見舞われました。

日本人の夫とは連絡がつきません。部屋の窓から、お台場の方向に黒煙が上がっているのが見えました。

どうしたらいいのか、わからず、不安に駆られました。でも頼れる友達も近くにはおらず、ただひとり、家で夫が帰宅するのを待つしかありませんでした。

勤務先が遠くにある夫は、勤務先が落ち着いてから徒歩で帰宅。ダラポーンさんが再会できたのは地震発生から24時間後でした。

地震発生直後、東京・台場方面で黒煙が上がっているのが、JR有楽町駅近くのビルから見えた=2011年3月11日
地震発生直後、東京・台場方面で黒煙が上がっているのが、JR有楽町駅近くのビルから見えた=2011年3月11日 出典: 朝日新聞社

繰り返したくない「失敗」

その頃、食料の備蓄はほとんどしていませんでした。地震が発生した金曜日は、いつもなら夫と外食。週末に一緒にスーパーに買い出しに行くのが日課でした。

地震発生から1日、スーパーに行ってみましたが、すでに食べ物はありませんでした。先の見通しが立たない中、少ない食料で暮らさなければいけない不安。「これが一番怖かった」と振り返ります。

「あの失敗は繰り返したくない」

いま、2歳の息子は、食事以外にもミルクで栄養補給をしています。いざというとき、子どもにひもじい思いをさせないため、防災体験ツアーの後に、子供が食べられる魚の缶詰など、食料を集めました。

大震災の後、すぐに家族に会えなかったときの孤独感。誰とも話せず、どんどん恐怖が増した記憶が残っています。「子どもがいるから、今はもっと大きい不安があります」

もし、近くにいる人と「大丈夫ですか?」「一緒に、避難所へ行きますか?」と声をかけ合うことができたら、「きっと、一緒に頑張ろうという気持ちになります」。

イラストは、日本語教育分野で挿絵について研究している楢原ゆかりさん(早稲田大学修士課程2年)が描きました。外国人と一緒に、防災体験ツアーを取材して、日本語が読めなくても伝わるイラストにしました。イラスト特集はフォトギャラへ。

「明日かもしれません」

韓国出身の安ヒブンさん(42)は、東京都江東区で夫と二人暮らしです。日本での生活はまもなく6年。韓国にも台風や地震がありますが、防災は日本の方が進んでいると感じ、「日本でいろいろなことを勉強したいと思います」と話します。

一方で、ヒブンさんが不安に感じたのは、いざという時の判断です。

2019年10月、東京にも迫った大型台風では、SNSで避難勧告が届きました。

「2階以下に住んでいる人は避難をしてください」という内容でした。ヒブンさんの家は3階。隣の人は避難をしていましたが、自分はどうするべきか判断できず、不安でした。

SNSでの避難勧告に戸惑ったヒブンさん
SNSでの避難勧告に戸惑ったヒブンさん

江東区から配られたハザードマップで洪水の予想を見ると、自分の地域は2階までが水没するエリアでした。「事前に調べておけば、安心できます」

本所防災館では、避難時に持ち出すカバンに入れるものや、備蓄について、熱心に聞いていました。

食べ慣れている大好きな日本のシーフードカップラーメンや、米などを準備しました。

防災館で「200年に1度」の災害について説明する職員にこんな質問をしました。「200年に1度なら、次はいつ起きますか?」

「それは、明日かもしれません」。職員の返答に、ヒブンさんは顔を引き締めました。

東京都江東区のハザードマップ。日本語だけでなく英語や韓国語版なども作って、浸水の深さや継続時間、避難のタイミングなどを示している
東京都江東区のハザードマップ。日本語だけでなく英語や韓国語版なども作って、浸水の深さや継続時間、避難のタイミングなどを示している
やさしさのポイント


「大丈夫ですか?」

日常会話は問題なくても、ニュースの情報がわからなかったり、災害の事前知識がなくて不安な外国人がいます。
周りにいる人に「わかりますか?」「大丈夫ですか?」と声をかけることで、お互いに余裕が生まれます。

やさしさのポイントは、「ひらがなネット株式会社」に監修していただきました。

やさしい料理
9月27日(日)14時から、日本の料理をやさしい日本語で教える「やさしい料理」を生配信します。
料理研究家の渡辺あきこ先生と、朝日新聞で食文化を取材している長澤美津子編集員が出演。 今回は、台風や地震で電気やガスが止まったとき、どうしたらいいか考えます。鍋とビニール袋でできる調理方法も紹介します。
https://www.facebook.com/yasashiinews/posts/339086677533486
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます