MENU CLOSE

連載

88226

#18 #小山コータローの4コマ劇場

嵐のように現れて「きれいな髪の毛をこうだよ!」困惑の仕打ち…漫画

「あんた生意気だね…豆入れてやるよ!」

小山コータローさんの漫画「原宿スナップ」
小山コータローさんの漫画「原宿スナップ」
まさに嵐のように現れて、嵐のように去っていく……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
小山コータローの4コマ劇場

4コマ漫画「原宿スナップ」

小山コータローさんの4コマ漫画「原宿スナップ」
小山コータローさんの4コマ漫画「原宿スナップ」

初めて髪を染めた30歳、美容院の思い出

「武器がひとつしかない男」や「限定しりとり」などの漫画で、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。今回の4コマ漫画にちなんで、美容院での会話について聞くと、こんな答えが返ってきました。

 

ぼくは30歳を過ぎてから絵を描き始めたり、お酒を飲み始めたり……何を始めるにも遅い人間です。誠に申し訳ございませんでした。

髪を初めて染めたのも30歳の時でした。

ぼくが通っている美容院は、車のトランクから釘バットが出てきそうなヤンチャなお兄さんと、疲れていると口調が雑になる綺麗なお姉さん夫婦でやっています。

もう5年くらい通っていますが、ぼくを担当してくれるお兄さんは、最初からフランクでとても話しやすい人でした。

フランク過ぎてボケまくるので僕がツッコミ役に徹するほどです。

僕が「染めてみたいんですが……」と言った時も半笑いで「えっなんすか急に」「どうしたんすか?」「浮かれてんすか?」などと客商売とは思えない対応で、丁寧に仕事をしてくれました。

そんな感じで基本的にずっと楽しく喋っていますが、正直何を話しているかほぼ覚えていません。

一つだけ覚えているのは、染める時にカラー剤を塗った後は毎回「はい、このまま5時間お待ち下さい」というボケをしてくることだけです。
 

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます