MENU CLOSE

連載

48073

#44 #やさしい日本語

「弁当ただであげます」中国料理店主が知った日本語「かさ地蔵」

目次

新型(しんがた)コロナウイルスで(こま)っている(ひと)のため、中華料理(ちゅうかりょうり)(てん)三巴(さんば)(たん)火鍋(ひなべ)」(東京(とうきょう)墨田区(すみだく))は、毎日(まいにち)、お弁当(べんとう)をただで(くば)りました。すると、(みせ)応援(おうえん)したい(ひと)感謝(かんしゃ)をしたい(ひと)が、(みせ)(まえ)野菜(やさい)()いて()ったり、お(かね)(おく)ったりしました。「まるで『かさ地蔵じぞう』みたい」。「こまったひとがいたら、またあたたかい食事しょくじをあげたい」とはな店主てんしゅさんと一緒いっしょに「やさしい日本語にほんご」でかんがえました。

日本語(にほんご)にまだ()れていない(ひと)のために、「やさしい日本語(にほんご)」で()きました。

(した)に「ふりがな」を()した(ぶん)があります。
 

一橋大学(ひとつばしだいがく)庵功雄(いおりいさお)教授(きょうじゅ)監修(かんしゅう)してもらいました。


(
(

きょうのことば

「雪の降る大晦日のことでした」

中華料理(ちゅうかりょうり)(てん)三巴(さんば)(たん)火鍋(ひなべ)」では、4(がつ)14()から6(がつ)2()まで、お弁当(べんとう)をただで(くば)りました。新型(しんがた)コロナウイルスで(はたら)くことができない(ひと)や、(こま)っている(ひと)がたくさん()ました。そして、店長(てんちょう)()さんには、「いつもありがとう」「応援(おうえん)しています」と、たくさんの(おく)(もの)(とど)きました。
【関連記事・前編】「1日500個」弁当を無償提供 来日20年の店長が伝えたかった「感謝」
【関連記事・後編】「1日500個」弁当を無償提供、来日20年の店主に「涙が出る」反響
飲食店のパートだという人からは、「先月は今までの2割程度しか稼げませんでしたが、誰かの役に立てたらと思いました」と書いた励ましの手紙と、その人が4月に稼いだ給料の2万円が贈られました
飲食店のパートだという人からは、「先月は今までの2割程度しか稼げませんでしたが、誰かの役に立てたらと思いました」と書いた励ましの手紙と、その人が4月に稼いだ給料の2万円が贈られました

「何もしないで、そこを通ることができませんでした」

ーー()さんのお(みせ)(はなし)()いて、日本人(にほんじん)同僚(どうりょう)が「まるで、かさ地蔵(じぞう)みたいだ」と()いました。()さんは、かさ地蔵(じぞう)という言葉(ことば)を、()いたことがありますか。



daisan(わたし)ははじめて()きました」
「かさ地蔵(じぞう)」は、こんなお(はなし)しです。

むかしむかし、あるところに、貧乏(びんぼう)だけど(こころ)(やさ)しい、おじいさんとおばあさんがいました。

ある(とし)大晦日(おおみそか)(1(ねん)最後(さいご)())。
おじいさんは、自分(じぶん)(つく)ったかさを(まち)()りに()きました。
正月(しょうがつ)()べるためのおもちを()おうと(おも)っていました。
イラスト:福娘童話集
イラスト:福娘童話集
おじいさんは、5つのかさを()って()かけました。
(いえ)()てすぐに、(ゆき)()ってきました。

おじいさんが、(むら)一番(いちばん)(とお)いところまで()たら、お地蔵(じぞう)さまが6つ、ならんで()っています。お地蔵(じぞう)さまの(あたま)にも(かた)にも、(ゆき)()もっていました。 これを()たおじいさんは、(なに)もしないで、そこを(とお)ることができませんでした。

「お地蔵(じぞう)さま、(ゆき)()って(さむ)いだろうな。せめて、このかさをかぶってください」

おじいさんは、()ろうと(おも)っていたかさを、お地蔵(じぞう)さまの(あたま)にかぶせました。
イラスト:福娘童話集
イラスト:福娘童話集
でも、お地蔵(じぞう)さまは6つありましたが、おじいさんは、かさを5つしか()っていませんでした。

だから、おじいさんは自分(じぶん)のかさを()いで、最後(さいご)のお地蔵(じぞう)さまの(あたま)にかぶせました。
イラスト:福娘童話集
イラスト:福娘童話集
(いえ)(かえ)って、おじいさんはおばあさんに、お地蔵(じぞう)さまのことを(はな)しました。おばあさんは、「それは()(こと)をしましたね。おもちは、なくてもいいですよ」と(よろこ)んで()いました。

その(よる)、おじいさんとおばあさんはふしぎな(うた)()きました。

「♪じいさんの(いえ)はどこだ。♪かさのお(れい)を、(とど)けに()たぞ」

おじいさんの(いえ)(まえ)でズシーン!と、(なに)かを()(おと)がして、そのまま(おと)()えてしまいました。

おじいさんがそっと()()けたら、おじいさんのあげたかさをかぶったお地蔵(じぞう)さまたちの(うし)姿(すがた)()えました。 そして(いえ)(まえ)には、お正月(しょうがつ)(よう)のおもちやごちそうが(やま)のようにたくさんありました。

福娘童話集「かさじぞう」
「かさじぞう」を、英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)台湾語(たいわんご)()むことができます。
イラスト:福娘童話集
イラスト:福娘童話集

かさ地蔵の後ろ姿のように見えた八百屋さん


daisan 「『かさ地蔵(じぞう)』はとても(あたた)かいストーリーですね」


ーー中国(ちゅうごく)にも()物語(ものがたり)がありますね。「タニシ(むすめ)恩返(おんがえ)し(田螺姑娘)」「白蛇(しろへび)(でん)」などがありますね。日本(にほん)では、「()いことをすると自分(じぶん)(かえ)ってくる」という意味(いみ)で「(なさ)けは(ひと)のためならず」ということわざもあります。この素朴(そぼく)感覚(かんかく)は、日本(にほん)にも中国(ちゅうごく)にも、あるようですね。

daisan(たし)かにそう(おも)います。毎日(まいにち)のように野菜(やさい)(みせ)(まえ)()いてくれた八百屋(やおや)さんには、一度(いちど)()うことができませんでした。お弁当(べんとう)(くば)った最後(さいご)()(6(がつ)2(にち))に、(わたし)八百屋(やおや)さんを(わたし)(みせ)でずっと()っていましたが、八百屋(やおや)さんは()ませんでした」

daisan 「でも一(かい)だけ、野菜(やさい)(とど)けてくれた(ひと)(うし)姿(すがた)()たことがあります。(わたし)はその(ひと)をすぐ()いかけましたが、()いつくことができませんでした。『かさ地蔵(じぞう)』の物語(ものがたり)()いて、その姿(すがた)(さい)()部分(ぶぶん)の「お地蔵(じぞう)(さま)(うし)姿(すがた)」と(かさ)なりました……。八百屋(やおや)さんのことはとてもありがたいと(おも)っています」
「余った野菜を提供したい。置く場所を教えてほしい」という電話をもらった次の日から、店の前に野菜の箱が置かれるようになりました。ほぼ毎日、野菜は置いてありました。でも、送り主は名前も明かさず、姿を見せたこともありませんでした
「余った野菜を提供したい。置く場所を教えてほしい」という電話をもらった次の日から、店の前に野菜の箱が置かれるようになりました。ほぼ毎日、野菜は置いてありました。でも、送り主は名前も明かさず、姿を見せたこともありませんでした

お弁当をあげて気がついたこと

ーーお(みせ)をまた(はじ)めましたね。どうですか。
daisan今日(きょう)最初(さいしょ)()たお(きゃく)さんは、お弁当(べんとう)をよくもらいに()ていた(ひと)でした。(みせ)(はじ)まる(まえ)からお(みせ)(まえ)()て、()っていました」

ーー()さんのお(みせ)(あじ)がとても()きになったのでしょうか。それも(ひと)つの感謝(かんしゃ)気持(きも)ちの(あらわ)(かた)かもしれませんね。
daisan 「そうですね。無料(むりょう)のお弁当(べんとう)でも、(わたし)自慢(じまん)している『(みせ)(あじ)』は()えませんでしたから(笑)。無料(むりょう)でなくなっても、()てくれて、感謝(かんしゃ)しています。 でも、今回(こんかい)ただでお弁当(べんとう)(くば)って、『日本(にほん)にも、貧乏(びんぼう)食事(しょくじ)をほとんどすることができない(ひと)がいる』ことがわかりました。ゴミ(ばこ)から()(もの)(さが)していた(ひと)()ました……」


daisan 「まだ(ちい)さい兄弟(きょうだい)二人(ふたり)でお弁当(べんとう)をもらいに()たこともあったので、()どもの貧困(ひんこん)問題(もんだい)貧乏(びんぼう)()どもがたくさんいること)もあらためて(かん)じました」
新型(しんがた)コロナで生活(せいかつ)(こま)っている(ひと)()えています。(わたし)たち()(もの)(みせ)をやっている(ひと)たちにできることは、(あたた)かい食事(しょくじ)をただであげることぐらいです」
 
お弁当をもらおうと、行列ができることもありました
お弁当をもらおうと、行列ができることもありました

本当に困っている人に食事をあげることを続けたい


ーー営業(えいぎょう)をまた(はじ)めた気持(きも)ちはいかがでしょうか。



daisan 「しばらくの(あいだ)は、(みせ)()るお(きゃく)さんが(すく)なくても、仕方(しかた)がない、と(おも)っています。 お弁当(べんとう)をただであげることはやめましたが、もし本当(ほんとう)にお(なか)がすいて(こま)っている(ひと)がいれば、三巴(さんば)(たん)(わたし)(みせ))に()れば、その(ひと)になんとか()(もの)をあげることができるようにしたいです。 ()(もの)(みせ)をしているほかの(ひと)にも、お(ねが)いしたいです」


ーー「(こま)っている(ひと)をそのままにすることはできない」という()さん気持(きも)ち。()さんに感謝(かんしゃ)して、()さんのお(みせ)(たす)けようとした(ひと)たちの気持(きも)ち。「かさ地蔵(じぞう)」のように、善意(ぜんい)(ほかの(ひと)(たす)けたいと(おも)気持(きも)ち)と恩返(おんがえ)し(自分(じぶん)()けた感謝(かんしゃ)(かえ)そうとする気持(きも)ち)が、これからもつながっていくといいですね。
 
withnewsでは、日本の大事なニュースを、Facebookやtwitterでも「やさしい日本語」で発信しています。
 

 

【自動翻訳用】ふりがな なし

■きょうのことば
「かさ地蔵」 ……「かさこ地蔵」 とも言います。日本の有名な昔話です。貧乏だけど、心優しい、おじいさんとおばあさんが良いことをしたら、家にたくさんの贈り物が届いた、という物語です。

■雪の降る大晦日のことでした
中華料理店「三巴湯火鍋」では、4月14日から6月2日まで、お弁当をただで配りました。新型コロナウイルスで働くことができない人や、困っている人がたくさん来ました。そして、店長の李さん(45)には、「いつもありがとう」「応援しています」と、たくさんの贈り物が届きました。

――李さんのお店の話を聞いて、日本人の同僚が「まるでかさ地蔵みたいだ」と言いました。李さんは、かさ地蔵という言葉を、聞いたことがありますか。

李さん「私ははじめて聞きました」

――「かさ地蔵」は、こんなお話しです。
むかしむかし、あるところに、貧乏だけど心優しい、おじいさんとおばあさんがいました。 ある年の大晦日(1年の最後の日)。 おじいさんは、自分で作った かさを町へ売りに行きました。お正月に食べるためのおもちを買おうと思っていました。
おじいさんは、5つのかさを持って出かけました。 家を出てすぐに、雪が降ってきました。 おじいさんが、村の一番遠いところまで来たら、お地蔵さま(おじぞうさま)が6つ、ならんで立っています。お地蔵さまの頭にも肩にも、雪が積もっていました。 これを見たおじいさんは、何もしないで、そこを通ることができませんでした 。
「お地蔵さま、雪が降って寒いだろうな。せめて、このかさをかぶってください」
おじいさんは、売ろうと思っていたかさを、お地蔵さんの頭にかぶせました。 でも、お地蔵さまは6つありましたが、おじいさんは、かさを5つしか持っていませんでした。 だから、おじいさんは自分のかさを脱いで、最後のお地蔵さまの頭にかぶせました 。
家へ帰って、おじいさんはおばあさんに、お地蔵さまのことを話しました。おばあさんは、「それは良い事をしましたね。おもちは、なくてもいいですよ」と喜んで言いました。
その夜、おじいさんとおばあさんはふしぎな歌を聞きました 。 「♪じいさんの家はどこだ。♪かさのお礼を、届けに来たぞ。」おじいさんの家の前でズシーン!と、何かを置く音がして、そのまま音は消えてしまいました。
おじいさんがそっと戸を開けたら、おじいさんのあげたかさをかぶったお地蔵さまたちの後ろ姿が見えました。 そして家の前には、お正月用のおもちやごちそうが山のようにたくさんありました。

■かさ地蔵の後ろ姿のように見えた八百屋さん
李さん「『かさ地蔵』はとても温かいストーリーですね」
――中国にも似た物語がありますね。「タニシ娘の恩返し(田螺姑娘)」「白蛇伝」などがありますね。日本では、「良いことをすると自分に返ってくる」という意味で「情けは人のためならず」ということわざもあります。この素朴な感覚は、日本にも中国にも 、あるようですね。
李さん「確かにそう思います。毎日のように野菜を店の前に置いてくれた八百屋さんには、一度も会うことができませんでした。お弁当を配った最後の日(6月2日)に、私は八百屋さんを私の店でずっと待っていましたが、八百屋さんは来ませんでした 。 でも一回だけ、野菜を届けてくれた人の後ろ姿を見たことがあります。私はその人をすぐ追いかけましたが、追いつくことができませんでした。『かさ地蔵』の物語を聞いて、その姿が最後の部分の『お地蔵様の後ろ姿』と重なりました……。八百屋さんのことはとてもありがたいと思っています」 

■お弁当をあげて気がついたこと
――お店をまた始めましたね。どうですか。
李さん「今日最初に来たお客さんは、お弁当をよくもらいに来ていた人でした。店が始まる前からお店の前に来て、待っていました。
――李さんのお店の味がとても好きになったのでしょうか。それも一つの感謝の気持ちの表し方かもしれませんね。
李さん「そうですね。無料のお弁当でも、私が自慢している『店の味』は変えませんでしたから(笑)。無料でなくなっても、来てくれて、感謝しています。 でも、今回ただでお弁当を配って、『日本にも、貧乏で食事をほとんどすることができない人がいる』ことがわかりました。ゴミ箱から食べ物を探していた人も見ました……。 まだ小さい兄弟が二人でお弁当をもらいに来たこともあったので、子どもの貧困問題(貧乏な子どもがたくさんいること)もあらためて感じました。新型コロナで生活に困っている人が増えています。私たち食べ物の店をやっている人たちにできることは、温かい食事をただであげることぐらいです」

■本当に困っている人に食事をあげることを続けたい
――営業をまた始めた気持ちはいかがでしょうか。
李さん「しばらくの間は、店に来るお客さんが少なくても、仕方がない、と思っています。 お弁当をただであげることはやめましたが、もし本当にお腹がすいて困っている人がいれば、三巴湯(私の店)に来れば、その人になんとか食べ物をあげることができるようにしたいです。 食べ物の店をしているほかの人にも、お願いしたいです」
――「困っている人をそのままにすることはできない」という李さん気持ち。李さんに感謝して、李さんのお店を助けようとした人たちの気持ち。「かさ地蔵」のように、善意(ほかの人を助けたいと思う気持ち)と恩返し(自分が受けた感謝を返そうとする気持ち)が、これからもつながっていくといいですね。  

連載 #やさしい日本語

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます