MENU CLOSE

連載

527

#40 #やさしい日本語

解雇、保険なく失業手当もゼロ、コロナ禍で見えた外国人労働者の弱さ

インタビューには、ふりがなをつけました

POSSEの「外国人労働サポートセンター」で岩橋誠さんに相談する女性=2020年4月29日、POSSE提供
POSSEの「外国人労働サポートセンター」で岩橋誠さんに相談する女性=2020年4月29日、POSSE提供

目次

新型(しんがた)コロナウイルス(coronavirus)の影響(えいきょう)で、解雇(かいこ)派遣(はけん)()りといった問題(もんだい)()きています。言葉(ことば)がわからなかったり、日本人(にほんじん)とは(ちが)条件(じょうけん)(はたら)いていたりする外国人(がいこくじん)労働者(ろうどうしゃ)にとっても大変(たいへん)状況(じょうきょう)です。様々(さまざま)労働(ろうどう)相談(そうだん)()けているNPO法人(ほうじん)POSSE外国人(がいこくじん)労働(ろうどう)サポートセンターの岩橋(いわはし)(まこと)さん(30)といっしょに、どんな問題(もんだい)があるのかを(かんが)えていきます。日本語(にほんご)にまだ()れていない外国人(がいこくじん)方々(かたがた)にも()んでもらえるよう()仮名(がな)をつけています。(朝日新聞国際報道部、清水大輔)
 

 


大切(たいせつ)なところを、()かりやすく説明(せつめい)します

 ・新型(しんがた)コロナウイルスのせいで、仕事(しごと)がなくなったり、給料(きゅうりょう)()ったりする(ひと)()えています。

 ・社会(しゃかい)保険(ほけん)(はい)っていないと、会社(かいしゃ)()めた(あと)にもらえるお(かね)失業(しつぎょう)手当(てあて))を、もらうことができない(ひと)がいます。

 ・日本語(にほんご)にまだ()れていないので、仕事(しごと)休業(きゅうぎょう)になるなど、(おお)きく()わったとき、どうしたら()いか()からない(ひと)(おお)いです。

 ・ビザ(在留(ざいりゅう)資格(しかく))でできる仕事(しごと)()まっているため、すぐに(べつ)仕事(しごと)(さが)すのが(むずか)しいです。

 ・でも、会社(かいしゃ)(はたら)いている(ひと)勝手(かって)にやめさせたり、給料(きゅうりょう)()らしたりすることはできません。(法律(ほうりつ)違反(いはん)しているかもしれません)


「NPO法人(ほうじん)POSSE外国人(がいこくじん)労働(ろうどう)サポートセンター」で、英語(えいご)や、やさしい日本語(にほんご)仕事(しごと)(なや)みを相談(そうだん)することができます。会社(かいしゃ)に、お(かね)(はら)うよう(もと)めたり、(こま)った(とき)使(つか)うことができる制度(せいど)(もう)()むのを手伝います。 相談そうだん電話でんわ(03・6699・9359、平日へいじつ午後ごご午後ごご土日どにち祝日しゅくじつ午後ごご午後ごご水曜すいようやすみ)かメール(supportcenter@npoposse.jp)で。 

失業給付をもらうことができない人がいます

――新型(しんがた)コロナウイルスについて、日本(にほん)(はたら)外国人(がいこくじん)からの相談(そうだん)はありますか?

「POSSEは2006(ねん)から労働(ろうどう)相談(そうだん)()けていますが、(さく)(ねん)(がつ)外国人(がいこくじん)のための『外国人(がいこくじん)労働(ろうどう)サポートセンター』という窓口(まどぐち)をつくりました。今年(ことし)の2(がつ)までに全部(ぜんぶ)で50(けん)ほどの相談(そうだん)がありましたが、3(がつ)になると(やく)100(けん)、4(がつ)は157(けん)になりました。新型(しんがた)コロナの問題(もんだい)がひどくなる(まえ)は、1()(げつ)で5(けん)ほどだった相談(そうだん)が20(ばい)以上(いじょう)()えています」


――どのような相談(そうだん)があるのですか?

相談(そうだん)してくる外国人(がいこくじん)の80%以上(いじょう)は、契約(けいやく)社員(しゃいん)会社(かいしゃ)との(あいだ)仕事(しごと)をする()にちや給与(きゅうよ)などを()めて(はたら)(ひと))や派遣(はけん)社員(しゃいん)派遣(はけん)会社(がいしゃ)から職場(しょくば)紹介(しょうかい)してもらって(はたら)(ひと))、アルバイトなどです。仕事(しごと)種類(しゅるい)ごとにみると、教育(きょういく)89(けん)飲食(いんしょく)26(けん)宿泊(しゅくはく)観光(かんこう)21(けん)小売(こう)り13(けん)製造(せいぞう)(けん)などです(4(がつ)(まつ)までに()せられた相談(そうだん)のまとめ)。教育(きょういく)(おお)くは外国語(がいこくご)教室(きょうしつ)講師(こうし)ですが、特有(とくゆう)問題(もんだい)があります」
東京・高田馬場で外国人(右)に労働条件などについてアンケートをする学生ボランティア=2019年8月、POSSE提供
東京・高田馬場で外国人(右)に労働条件などについてアンケートをする学生ボランティア=2019年8月、POSSE提供
――どのようなものですか。

外国語(がいこくご)教室(きょうしつ)従業(じゅうぎょう)(いん)として(はたら)いているのに、フリーランスとして(はたら)かされている(ひと)がほとんどです。従業(じゅうぎょう)(いん)であれば、けがや病気(びょうき)になって病院(びょういん)()ったときの費用(ひよう)補助(ほじょ)される健康保険(けんこうほけん)や、仕事(しごと)がなくなった(さい)金銭的(きんせんてき)なサポートなどを()けられる雇用(こよう)保険(ほけん)(はい)ることができます。これらを社会(しゃかい)保険(ほけん)といいます。ただ、一部(いちぶ)会社(かいしゃ)従業(じゅうぎょう)(いん)社会(しゃかい)保険(ほけん)()れずに、フリーランスとして(はたら)かせています。最低賃金(さいていちんぎん)(はたら)(ひと)(まも)るために(すく)なくともこれだけの賃金(ちんぎん)(はら)いましょう、と(さだ)められている賃金(ちんぎん))を(はら)必要(ひつよう)がなく、すぐに解雇(かいこ)できると(かんが)えているようです。契約(けいやく)社員(しゃいん)派遣(はけん)社員(しゃいん)でも、社会(しゃかい)保険(ほけん)(はい)るための条件(じょうけん)である『1週間(しゅうかん)で30時間(じかん)以上(いじょう)労働(ろうどう)』より(すく)ない『29時間(じかん)』などといった期間(きかん)契約(けいやく)することで、社会(しゃかい)保険(ほけん)()れないままにするケースがあります。フリーランスだったり雇用(こよう)保険(ほけん)(はい)っていなかったりすると、失業(しつぎょう)給付(きゅうふ)賃金(ちんぎん)の50~80%)をもらえません」

 
(イラスト・逸見恒沙子)
(イラスト・逸見恒沙子)
失業(しつぎょう)給付(きゅうふ)について(くわ)しく()りたいときは、こちらの記事(きじ)()んで(くだ)さい。
(やさしい日本語(にほんご)「もうお金がありません」コロナで無職……外国人労働者の現実


 
――具体的(ぐたいてき)相談(そうだん)はどんな内容(ないよう)ですか。

大手(おおて)英会話(えいかいわ)学校(がっこう)(はたら)くアメリカ(じん)女性(じょせい)からは(つぎ)のような相談(そうだん)がありました。『新型(しんがた)コロナの影響(えいきょう)でレッスンが()ってしまい、普段(ふだん)であれば(つき)18(まん)(えん)ほど(かせ)げたが、3(がつ)(ぶん)給料(きゅうりょう)はわずか8(まん)(えん)まで()ってしまった』。さらに、この学校(がっこう)はコロナ対策(たいさく)十分(じゅうぶん)にしておらず、(まど)がない部屋(へや)子供(こども)(にん)とのレッスンを設定(せってい)するなど、いわゆる『3(みつ)状態(じょうたい)(はたら)くことを放置(ほうち)しています。本人(ほんにん)は『持病(じびょう)があるので(はたら)(つづ)けるのが(こわ)い。でも、(はたら)かないと家賃(やちん)(はら)えなくなる』として、自宅(じたく)からのオンライン授業(じゅぎょう)(みと)めてほしいと会社(かいしゃ)(たの)みましたが、それも拒否(きょひ)されてしまいました。そして、いまはPOSSEが連携(れんけい)している労働(ろうどう)組合(くみあい)総合(そうごう)サポートユニオン』に加盟(かめい)して、3(みつ)対策(たいさく)をもとめて会社(かいしゃ)団体交渉(だんたいこうしょう)(つづ)けています」
外国人の女性(左)が働く派遣会社での賃金未払いなどの相談のため都内の労働基準監督署に行くPOSSEの岩橋さん=2020年5月22日、POSSE提供
外国人の女性(左)が働く派遣会社での賃金未払いなどの相談のため都内の労働基準監督署に行くPOSSEの岩橋さん=2020年5月22日、POSSE提供

契約や補償が分かりません

――語学(ごがく)学校(がっこう)以外(いがい)仕事(しごと)ではどういう相談(そうだん)がありますか?

海外(かいがい)から日本(にほん)()旅行者(りょこうしゃ)()えることを(かんが)えて近年(きんねん)、ホテルのフロントやガイド、免税店(めんぜいてん)などで仕事(しごと)をする外国人(がいこくじん)()えていました。しかし、最近(さいきん)会社(かいしゃ)から『仕事(しごと)をやめてくれ』と()われるケースが(おお)くなっています。あるホテルでは、制服(せいふく)(はい)ったロッカーを()けられないようにして、(はたら)けない状態(じょうたい)にすることで、自分(じぶん)から仕事(しごと)をやめるように()()むケースがありました。『ブラック企業(きぎょう)』(あまりにたくさんの仕事(しごと)をやらせたり、パワーハラスメント・セクシュアルハラスメントをしたりする会社(かいしゃ))のやり(かた)です」

「また、4(がつ)(はい)って、留学生(りゅうがくせい)からの相談(そうだん)()えています。ほとんどの留学生(りゅうがくせい)はアルバイトをして学費(がくひ)生活(せいかつ)()(かせ)ぎます。しかし(かれ)らの(おお)くが(はたら)くファミレスや居酒屋(いざかや)などは、緊急事態(きんきゅうじたい)宣言(せんげん)()された(あと)休業(きゅうぎょう)したり営業(えいぎょう)時間(じかん)(みじか)くしたりしました。その結果(けっか)家賃(やちん)(はら)えずホームレスになりかねない留学生(りゅうがくせい)何千(なんぜん)(なん)(まん)(にん)といることが(かんが)えられます」


――日本人(にほんじん)(こと)なる課題(かだい)はありますか?

就労(しゅうろう)ビザで日本(にほん)にいる場合(ばあい)(べつ)仕事(しごと)()つけるのは簡単(かんたん)ではありません。語学(ごがく)講師(こうし)であれば、講師(こうし)としてビザを()けているので(まった)(ちが)仕事(しごと)には()けませんし、もし在留(ざいりゅう)資格(しかく)変更(へんこう)しようとする場合(ばあい)も、申請(しんせい)()(すう)()(げつ)かかります。仕事(しごと)をしないまま3()(げつ)たつとビザは()()される可能性(かのうせい)もあります」
(イラスト・逸見恒沙子)
(イラスト・逸見恒沙子)
家賃(やちん)(はら)うことができないとき、どうしたらいいかは、こちらの記事(きじ)()んでください
(やさしい日本語(にほんご)「国が家賃を払います」外国人もフリーランスも使える制度を解説


 
――セーフティーネットはないのですか?

日本(にほん)では、仕事(しごと)がなくなったことで食費(しょくひ)やアパートの家賃(やちん)などが(はら)えなくなった(ひと)(たい)し、生活(せいかつ)するためにどうしても必要(ひつよう)(ぶん)のお(かね)支給(しきゅう)する『生活(せいかつ)保護(ほご)』という制度(せいど)があります。しかし、この制度(せいど)利用(りよう)できるのは、10(ねん)以上(いじょう)日本(にほん)()んでいることなどで永住権(えいじゅうけん)()外国人(がいこくじん)など一部(いちぶ)だけです。また、言葉(ことば)問題(もんだい)もあります。相談(そうだん)してくる(ひと)たちは、会社(かいしゃ)との(あいだ)契約(けいやく)した賃金(ちんぎん)労働(ろうどう)時間(じかん)理解(りかい)していなかったり、(やと)()めや賃金(ちんぎん)カット()にあった場合(ばあい)も、いつ、(だれ)からどのように()われたのか、どういう内容(ないよう)書面(しょめん)にサインしたのか()かっていなかったりする場合(ばあい)(おお)いです。留学生(りゅうがくせい)のアルバイトとして(おお)いコンビニでは、契約書(けいやくしょ)をつくってもらっていない場合(ばあい)すらあります。本来(ほんらい)であれは、企業(きぎょう)外国人(がいこくじん)(たい)して、しっかりと説明(せつめい)して対応(たいおう)しなければいけません。『5(がつ)大型(おおがた)連休(れんきゅう)()わるまで(やす)んで』とか『(やす)んでいる(あいだ)補償(ほしょう)はするから』などと()われても、本当(ほんとう)にまた(はたら)けるのか、補償(ほしょう)中身(なかみ)はどうなっているのか()からず、不安(ふあん)(おも)(ひと)(おお)いのです」

「サポートセンターでは10(にん)のボランティアスタッフで協力(きょうりょく)してメール、電話(でんわ)による相談(そうだん)()()け、その(あと)十分(じゅうぶん)注意(ちゅうい)したうえで直接(ちょくせつ)()って相談(そうだん)にのっています。ただ、対応(たいおう)できる言語(げんご)は『英語(えいご)』もしくは『簡単(かんたん)日本語(にほんご)』です。日本(にほん)にはいま、160(まん)(にん)以上(いじょう)外国人(がいこくじん)()らし、留学生(りゅうがくせい)は30(まん)(にん)以上(いじょう)います。(なか)には、英語(えいご)日本語(にほんご)もわからない(ひと)たちがいます。3~4(がつ)()せられた250(けん)程度(ていど)相談(そうだん)はほんの一部(いちぶ)(こえ)()ぎないはずです。(こえ)()げようにも()げられない(ひと)たちがいるのです」
ポッセのボランティア相談員と外国人労働者。左端が岩橋誠さん=2019年6月、POSSE提供
ポッセのボランティア相談員と外国人労働者。左端が岩橋誠さん=2019年6月、POSSE提供

日本社会の一員として

――POSSEではどのように対応(たいおう)しているのですか?

「まず、企業(きぎょう)(たい)して休業(きゅうぎょう)補償(ほしょう)請求(せいきゅう)することを相談者(そうだんしゃ)にアドバイスします。本人(ほんにん)理解(りかい)()ないまま一方的(いっぽうてき)に『仕事(しごと)()なくていい』といったり、給与(きゅうよ)()らしたりするのは労働(ろうどう)基準法(きじゅんほう)という法律(ほうりつ)(はん)します。オンライン業務(ぎょうむ)()()わった場合(ばあい)(ふく)め、それまでと(おな)じように給与(きゅうよ)請求(せいきゅう)できると(わたし)たちは(かんが)えています。また、()場所(ばしょ)(うしな)うおそれがある(ひと)たちに、家賃(やちん)(おな)じぐらいのお(かね)自治体(じちたい)から原則(げんそく)()(げつ)(ぶん)()()れる「住居(じゅうきょ)確保(かくほ)給付金(きゅうふきん)」や、生活(せいかつ)していくのが(むずか)しくなった(ひと)たちが社会(しゃかい)福祉(ふくし)協議会(きょうぎかい)から最大(さいだい)20(まん)(えん)()りられる「緊急(きんきゅう)小口(こぐち)資金(しきん)」は外国人(がいこくじん)利用(りよう)できるので、状況(じょうきょう)(おう)じて申請(しんせい)のサポートをしています」


――これから、日本(にほん)社会(しゃかい)外国人(がいこくじん)労働者(ろうどうしゃ)(たい)し、どのような対応(たいおう)(もと)められますか?

日本(にほん)(はたら)(ひと)(かず)()りないため外国人(がいこくじん)()()れを(すす)めてきましたが、外国人(がいこくじん)への差別(さべつ)制度(せいど)不備(ふび)(すく)なくありません。コンビニや飲食店(いんしょくてん)介護(かいご)現場(げんば)などをみればわかるように、外国(がいこく)(じん)がいなければ日本(にほん)社会(しゃかい)(まえ)(すす)めません。コロナ問題(もんだい)見直(みなお)されている様々(さまざま)課題(かだい)(おな)じように、外国人(がいこくじん)日本(にほん)社会(しゃかい)一員(いちいん)として()たり(まえ)生活(せいかつ)(おく)れるよう、一人(ひとり)ひとりの意識(いしき)制度(せいど)()えていくべきです」

連載 #やさしい日本語

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます