MENU CLOSE

話題

2784

神戸郁人さんからの取材リクエスト

在宅勤務、成功の秘訣ってあるの?



在宅勤務「絶対に意識するべきこと」15年選手のフリーランスの教え

謎だらけの働き方、コツを教えて先輩!

新型コロナウイルスの流行を機に、広がりつつある在宅勤務。成功させる上で、「絶対意識すべきこと」とは?(画像はイメージ)
新型コロナウイルスの流行を機に、広がりつつある在宅勤務。成功させる上で、「絶対意識すべきこと」とは?(画像はイメージ) 出典: PIXTA

目次

取材リクエスト内容

在宅勤務、成功の秘訣ってあるの? 神戸郁人

記者がお答えします!

まさか、こんな事態になるとは……。在宅勤務のことです。新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、生活スタイルがすっかり変わり、戸惑う場面も少なくありません。仕事を進めるペース、気持ちの切り替え方、気分転換の方法……まだまだ分からないことばかり。ウイルスの出現前から在宅をしてきた人は、どう乗り切っているのでしょう? そこでフリーランスとして15年以上働き、テレワークの極意を知る「先輩」に、「絶対意識しておくべきこと」について聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

暮らしの中から「あいまいさ」をなくす

今回話を聞いたのは、写真家の半田カメラさんです。雑誌用のグラビア写真を手掛ける傍ら、国内全土の大仏を撮影。訪問の記録を、2冊の写真入りガイドブック『夢みる巨大仏』『遥かな巨大仏』(ともに書肆侃侃房)に編み直しました。

フリーランスとして15年以上の経験があり、現在は4歳になる娘を育てつつ、自宅を拠点に活動しています。

撮影現場で画像データを編集し、直接クライアントに納品するなど、元々外での仕事が少なくなかったという半田さん。方針を転換するきっかけは出産でした。急な発熱を始め、子供に異変があったとき、すぐ対応できるようにする必要に迫られたからです。

写真家の半田カメラさん(本人提供)
写真家の半田カメラさん(本人提供)

「一番大切なのは、暮らしの中から『あいまいさ』をなくすことかもしれません」。半田さんは、テレワークを成功させる秘訣(ひけつ)について、そう語ります。どういうことでしょう?

象徴的なのが、「どこで勤務するか」をめぐる決断です。当初、作業はリビングでこなしていたそう。パソコンで写真を修正したり、得意先からLINEで指示を受けたり。しかし、会社員の夫が仕事中と気付かず、話し掛けてくることもしばしばだったといいます。

そこで取り組んだのが、作業場の確保でした。部屋の中にある、四方を壁に区切られたスペースを書斎に改造したのです。業務用の資料を置くための棚などを持ち込み、生活空間と完全に切り離す形に。こうすれば、一目で働いているかどうかわかります。

自分にとっても、家族にとっても、気持ちを切り替えるための「スイッチ」を用意する。そのことによって、能率は確実に上がったと、半田さんは振り返ります。

元々リビングで行っていた作業を、「個室」をつくってこなすことで、能率が上がったという(画像はイメージ)
元々リビングで行っていた作業を、「個室」をつくってこなすことで、能率が上がったという(画像はイメージ) 出典: PIXTA

「ルーティン」を意識することの重要性

日々の「ルーティン」を決めておくのも有効と言えそうです。半田さんにとっては、わが子の保育園への送り迎えが、これに当たります。

午前6時半過ぎに起き、朝ご飯を作って食べさせ、9時までには娘を園へと送り届けるーー。毎朝繰り返されるサイクルです。メイクをし、服を着替え、仕事に向けた心構えをつくるための時間にもなっています。

「子供が産まれる前は、不規則な生活をしていました。未明に寝て、正午前に起きるといったことも少なくなかったですね。それが今では、毎日同じタイミングで目を覚まし、食事する、という習慣が身についています。このことは、仕事にも良い影響を与えてくれました」

娘を迎えに行くのは午後6時前後。それまでにやり切れるだけの仕事量を見積もり、前もって一日のスケジュールを組むよう心がけているといいます。

業務に集中するため、意識していることはあるのでしょうか? 尋ねてみると「長く働き過ぎないようにしている」という答えが返ってきました。

「注意力が持続する限界は、一般に2時間程度と言われます。このためパソコンを使っているときは、有料動画サイトの映画を流したり、ラジオ番組を聞いたりして、時計代わりにしています。コンテンツの視聴が終わったら休憩を挟む、といった具合です」

とはいえ、コロナウイルスの流行後、保育園は休園しています。仕事に没頭できる時間は、更に限られつつあるそうです。そのため、以前より長期スパンで業務計画をたて、細かくノルマを達成する方式を取っているとか。娘の就寝後、無理のない範囲で作業する、といった工夫も重ねています。

わが子を保育園に送迎する時間を計算に入れながら、業務スケジュールを立てる(画像はイメージ)
わが子を保育園に送迎する時間を計算に入れながら、業務スケジュールを立てる(画像はイメージ) 出典: PIXTA

生活を「プロデュースする」というスタンス

もう一つ気になるのが、気分転換の方法です。

旅行が趣味の半田さん。コロナウイルスの出現前は、休みになると大仏の撮影を兼ね、家族で全国各地を回っていたといいます。しかし市中感染が広がった今、それも難しくなってしまいました。

そこで最近は、家での時間を充実させるのに心を砕いています。フリーランスの仲間やママ友と「zoom飲み」を楽しんだり、日々の出来事をSNS上で発信したり。「似た境遇にある人同士で思いを共有できると、気持ちが上向きますね」

娘と非日常を共有するチャンスも、積極的に設けるようになりました。家具の配置を買え、リビングに「部屋」をつくり遊ぶ。屋内にピクニックシートを敷き、お弁当を食べるーー。そんな風に、ちょっとした変化を採り入れることで、暮らしを彩っているそうです。

その他、娘が自由に落書きできるよう、撮影時の背景に使う「バックペーパー」を壁に貼るといった工夫も。「生活をプロデュースする、というくらいの気持ちでいると、面白がれるかもしれませんね」。半田さんは笑いながら、そう教えてくれました。

半田さんが自宅内につくった「自由に落書きできる壁」。撮影時に使うバックペーパーを活用した。
半田さんが自宅内につくった「自由に落書きできる壁」。撮影時に使うバックペーパーを活用した。 出典: 半田カメラさん提供

【記者の気づき】

 

■急激な変化、ついていけていない感覚
 

世界中の人々のライフスタイルに、急激な変化をもたらしたウイルス禍。私自身も、在宅勤務シフトを始めとした、新たな試みに四苦八苦しています。

 

4月には自室で働けるよう、通販サイトを流し読みしながら、モニターやパソコンを置くための机、いすを買いそろえました。しかし寝間着姿のまま始業し、なかなか仕事に身が入らなかったり、ついつい本棚の小説や漫画に手が伸びたりと、まだまだ勝手がわかりません。

 

そんな身からすると、半田さんの言葉は、示唆に富むものでした。「自らの意思で生活にメリハリをつける」「なにげない毎日に幸せを見いだそうと努める」。何かと時間に追われる中で、いつの間にか忘れてしまっていた考え方です。

 

■思い出した原則「自分で自分の機嫌を取る」

 

上司や同僚の目が届かない環境にあって、労働や余暇を、いかに豊かにしていくか。このテーマについて考える上で、「自分で自分の機嫌を取る」という姿勢が重要になるのかもしれません。

 

よい成果を生み出すために、無理をしない。ストレスがたまったら、しっかり発散する。極めて当たり前でありながら、頭の中から抜け落ちてしまいがちな「原則」です。

 

そして、そのことを意識し、実践できるのは、結局自分しかいません。在宅勤務は、いわば原点を思い出させてくれる好機である、とも捉えられるのではないでしょうか。

 

最近、外出しづらいことを逆手に取り、お菓子作りに挑み始めました。失敗することも度々ですが、新しい領域を開拓する楽しみを感じています。まだ終わりが見えない自粛の日々。前向きに乗り切るため、自分なりに「創造力」を駆使していきたいものです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます