MENU CLOSE

連載

13569

#4 漫画「あなたそれでも教師ですか」

画家の夢、食べるため教職へ「勢いで引き受けちゃった」心情マンガに

「子どもにまでバカにされて…」

「あなたそれでも教師ですか」
「あなたそれでも教師ですか」

目次

絵描きとして生きていきたいけど、食べていくために教職に就く主人公の成長を描く、マンガ「あなたそれでも教師ですか」。インスタグラムを中心に作品を発表しているイラストレーターのしろやぎ秋吾さん(@ siroyagishugo)が描く主人公・新米くんは、生活のために教職につく道を選ぼうとしています。バイトを続けながら高校の臨時講師の空きを待っていた12月のある日、着信が入ります。これはもしかして…。

「抜け出したい」

サンタの格好をしてバイトに励む新米くんですが、やるせない思いはあるようで。
バイトの途中、タバコ休憩を挟みます。
「抜け出したい。何かきっかけがほしい」。思わず切実な言葉がこぼれます。

そんな様子を見かけた通りがかりの小さな女の子。新米くんのまねをしてちゃかします。
「子どもにまでバカにされて…」プルプルと悔しがる新米くんです。

きょ、教育委員会から電話だ

そのとき、新米くんの電話に着信が入ります。
「きょ、教育委員会から電話だ…」

いまは12月。なんとこのタイミングで臨時講師の空きが出たのです。
「美術科の高校ですか…はい!できます!」

描かれた新米くんの後ろ姿からはどんな表情をしているかはわかりませんが、いつもより言葉に勢いがあるような。

勢いで引き受けちゃった…

とうとう「抜け出すきっかけ」を得た新米くん。今後の展開が気になるところですが、まず知りたいのは、教育委員会から採用の連絡が来たときの新米くんの感情です。これまでのストーリーの中で、新米くんは、生活のために教職につくことに懐疑的な部分があったり、画家になるための思いを断ち切れないでいたりと、一筋縄ではいかない感情を持っているようにも思えますが…。
作者のしろやぎさんに聞きました。

 【しろやぎさんコメント】

淡々とバイトを続けていたら、いつの間にか12月。
新米くんは、「年が明けたらハローワークに行って正規の仕事を探しに行こうかな」とか、「環境が変われば未知なる力が湧いてきて、今までさぼってて出来なかったこともできるようになるかもしれない…」とか考えています。

ちなみに、産休や病休の先生の代わりを探して、変な時期に教育委員会から電話がかかってくることは意外とよくあります。(そして教員免許を持っていて講師登録している人だったらすんなり採用されたりします)

自分からは絶対に学校現場に行こうなんて思わなかった新米くんですが、「誰かが誘ってくれるなら行ってみてもいいんじゃないだろうか」「たった3ヶ月の契約だし、無理なら無理で辞めたらいいや」と、その場の勢いで引き受けることになるのでした。

…その3ヶ月付き合わされる生徒はたまったもんじゃないですね。

【次回予告】
とうとう舞台は、新米くんの新たな職場「学校」へと移ります。そこで待ち受けていたのは。
 
          ◇
withnewsでは、しろやぎさんの「あなたそれでも教師ですか」を毎週日曜日に配信予定です。新米くん編に続き、男子くん編など、新米くんを軸とした教育現場を描いていく予定です。

連載 漫画「あなたそれでも教師ですか」

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます