MENU CLOSE

連載

28936

#1 漫画「あなたそれでも教師ですか」

画家を目指した学生、晴れてフリーターに マンガで描く苦い現実

しろやぎ秋吾さんによる連載開始です。舞台は、学校。

「あなたそれでも教師ですか 新米くん編」
「あなたそれでも教師ですか 新米くん編」

目次

春。希望が叶い、新たな一歩を踏み出す人もいれば、希望通りではない一歩を踏み出す人もいるかもしれません。インスタグラムを中心に作品を発表している、イラストレーターのしろやぎ秋吾さんが描く「新米くん」は、本当は絵描きとして生きていきたいけれど、食べていくために仕方なしと、希望とは違う職業に就きます。苦い現実を淡々と描きつつ、成長していく主人公の物語を描いたしろやぎさんに、思いを聞きました。

新米くんが土下座する先には

物語は「新米くん」の土下座から始まります。「お願いします!」と頭を下げる先は、「人気画家で大学教授で大きなアトリエを持っている」、優しげな顔にひげを蓄えたおじいさん。「どうしても画家になりたいんです!」と頼み込みますが、「お小遣いもあげる余裕なんてないんだからね」と断られてしまいます。
「うそだ!」と信じない新米くん。「こんなにまるまる太ってるくせに!」と、ちょっと失礼なところも憎めません。

「続けるには生活の基盤を」先生の教え

そんな新米くんに、人気画家の先生は「仮に、僕が売れっ子だったとしよう。そんな僕でも先生をしてお金を得なければならない」「続けるためにまずは生活の基盤をつくらなきゃいかんよ」と、新米くんを諭します。人気画家の先生の言葉は、暗に「実力があるだけでは食べていけない」という画家の厳しい現実を、学生の新米くんに伝えるものでした。
その言葉に、涙を流しながら耳を傾ける新米くんでしたが、桜が咲く季節、晴れてフリーターになりました。

「ほんとにダメなやつ」がどう変わるのか

主人公はその後、「一風変わった」美術教師になり、生徒との振り合いの中で様々な変化を経験していきます。作者のしろやぎさんに、この作品を描いたきっかけや込めた思いについて聞きました。

 【しろやぎさんコメント】
漫画の主人公は、「ほんとにダメなやつ」にしようと思いました。 ひねくれた考えを持ちつつ、特別な能力も資質もなく、まともに教育に向き合っていない、自分のことだけ考えている、不良でも極道でも無い――。
「高校生とそう年齢は変わらないくせに、何かわかった様な顔をしていて気に入らない」
「妙にハツラツとしていて気持ち悪い」
「そもそも、なんで教師になろうと思ったのか」
「人に何か教えられるほど立派な人間なんですか」と。

そんな主人公が他の先生や生徒との出会いでどのように変わり、成長していくのか気になって、描いてみようと思いました。

漫画はいろいろな教師視点、生徒視点で変わりながら短編で描いていきます。 部活動問題やいじめ問題などについても描いてみようと思います。  

【次回予告】
フリーターになった「新米くん」。助手入りを断られた画家の先生からある提案を受けます。

      ◇
withnewsでは、しろやぎさんの「あなたそれでも教師ですか」を毎週日曜日に配信予定です。新米くん編に続き、男子くん編など、新米くんを軸とした教育現場を描いていく予定です。

連載 漫画「あなたそれでも教師ですか」

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます