MENU CLOSE

連載

8963

#15 注目!TikTok

TikTokのカリスマが見つけた「午後7時の法則」内定断って上京

memeクリエイターとして注目を集める景井ひなさん=野口みな子撮影
memeクリエイターとして注目を集める景井ひなさん=野口みな子撮影

目次

ユーザーの増加によって、楽しみ方も独自に進化するSNS。世界で累計16億ダウンロードを突破したTikTokでは、ユーザーがお題をまねしたり、アレンジしたりして広がる「meme(ミーム)」動画が注目を集めています。日本でmemeはどのように生まれているのか。memeを中心にTikTokで人気のクリエイターでもある景井ひなさん(21)に話を聞きました。

@kageihina

まれに反射神経すごい時ない?

♬ Ultra Instinct - adamdevito

海外動画がヒント

昨年3月にアカウントを開設後、フォロワー数は160万を超え、国内有数のTikTokerである景井さん。あるあるネタやトリック動画、喜怒哀楽が豊かな表情に、これまで3600万超のいいねがついています。TikTok関係者は「話題になるネタへの嗅覚と、アレンジのアイデアやクリエイティブがすごい」と評価します。

――投稿する動画はどうやって作っていますか

TikTokは世界中にユーザーがいるので、私は海外の動画を見ることが多いです。だからおすすめも、海外ばっかり。いいねが一つぐらいしかまだついていないものも、出てくるんですよ。

海外の動画は、感性が日本と違っていて。「そういうアイデアあるんだ!」って面白いです。それを、「自分だったら、どうするだろう」って始めることが多いですね。

私が面白いと思っても、日本のユーザーの方々に伝わらなければ、広がらない。「ここの表現は分かりづらいんだろうな」「日本だったら、どういう風に表現するだろう」って考えながら、いつも作っています。
取材に応じる景井さん=野口みな子撮影
取材に応じる景井さん=野口みな子撮影

TikTok内で編集 「若い子がまねできる」を意識

――実際にはどういった点を意識しているのですか

この前に投稿した、リンゴが一瞬で切れる動画は、鬼滅の刃の主人公が使っている剣を用意しました。海外で流行っていたトリック動画ですが、鬼滅の刃に反応してくれたコメントもたくさんありました。フォロワーさんの2割ぐらいは海外からなので、国内外どちらの視点からでも面白い動画ができるとうれしいですね。

パソコンを持っていないので、TikTokで編集することしかできないんです。海外の動画って、パソコンを使った手の込んだ編集も多いんですけど、参考にしているのはTikTokだけで完結するもの。フォロワーのみなさんもスマホだけしか持っていない子が多いので、みんなができるかどうかも大事ですね。

撮影は、毎回トライアンドエラー。私、自撮りが伸びづらいんです。色々試したんですけど、あんまりで。だから固定したり、マネジャーさんに撮ってもらうパターンが多いですね。
@kageihina

侍 SAMURAI ##foryou ##foryoupage

♬ オリジナル楽曲 - 景井 ひな 毎日Mildomゲーム配信

気になる動画は反応を確認

――話題になりそうな動画をどう見極めているのですか

見つけた時には流行っていなくても、気になったらとにかく「いいね」をブックマーク代わりにつけて、後でどれだけ伸びているか確認します。

ちょっと前にカラフルなヘアゴムをひたすら付けていく動画を撮ったんですけど、これも海外の人が投稿しているのを見た時はまだ、いいねが全然ついてなくて。そこから1時間後ぐらいに見たら、いいねがすごい勢いで伸びていたんです。すぐに撮って投稿したら、やっぱり反応よかったですね。

海外で流行っているからといって、日本で見てもらえるかって言ったら、絶対にそうではないんですけど、共通して面白い部分もあるので、反応が良い動画は参考にしています。

――サイクルを確立したのはいつぐらいから

元々、海外の動画を面白くて見ていたというのがあったので、いつの間にかですね。気づいたら、海外の動画ばかりをいいねするようになっていて。そこから、「海外でせっかく面白いのあるのに、日本ではまだ流行ってないな。だったら、やっちゃお」という感じでやっています。
@kageihina

ポピポピポポッピッポー##foryou ##foryoupage

♬ son original - boutsardine

出だしと投稿時間もこだわり

――ほかにこだわっている部分はありますか

TikTokは、気軽に見られるのが良さだと思うんですけど、その分、興味ない動画はすぐスライドされてしまう。まだフォローしていない人にも興味をもってもらったり、最後まで見てもらったりするために、最初の出だしをどうするかは、すごく考えています。

あとは、毎日投稿。必ず19時にするよう、心がけています。その時間だけは、通信環境がいい所にいるようにしたり、仕事をしていても時間をもらったり。私ができない時は、マネジャーさんにお願いすることもあります。

ファンの方は学生さんが多いので、部活終わりや気になるテレビ番組が始まる前のすきま時間にちょうど見てくれるかなって考えて。最初に動画がバズって、毎日投稿しようと決めてからはそうしてます。

コメントも、数が多くて全員には返すことは難しいので、3番目までは返すようにしていています。これも私が勝手に始めたんですけど、(18時)58分、59分から待ってくれている人もいて。ゲーム感覚でみんなが乗ってくれていますね。

連日投稿を始めてから1度だけ、体調が悪くて投稿できなかった日があったんです。そうしたら、「どうしたんですか?」「何かあったんですか?」って、たくさんのコメントを寄せてくれたんです。こんなに待ってくれている人たちがいるんだと思って。改めてファンの方がいることのありがたさを感じて、うれしかったです。
TikTok社内で背後の自身の動画と写る景井さん=野口みな子撮影
TikTok社内で背後の自身の動画と写る景井さん=野口みな子撮影
――TikTok以外のSNSはどう活用していますか

TikTokが動画なので、インスタでは「実はここで撮影していました」といった裏側的な部分を、写真でアップしています。逆にインスタで先に場所を載せて、後日そこで撮った動画をTikTokで出すことも。結構紐付けて使ってますね。

Twitterは、何をつぶやいていいか分からんなくて(笑)。写真を載せることもありますが、今やっているお仕事の告知など、大事な情報を伝えることにも使っています。
パソコンは使わず撮影、編集、投稿はすべてスマホで完結させている景井さん=野口みな子撮影
パソコンは使わず撮影、編集、投稿はすべてスマホで完結させている景井さん=野口みな子撮影

フォロワー急増した動画は……

――そもそも、TikTokを始めたきっかけは

友達の間で流行っていて、それに流されてやってみたのが最初ですね。当時は、大阪にあるブライダルの専門学校にいたんですけど、とにかくみんなのノリがよくて。「はいもう、撮るで~」って感じで、撮影したのを投稿してました。

最初の1、2本は、アップしても全然反応なくて。でも、こんなもんだろうなって感覚だったんですよ。みんな同じようなネタをやってますし。 それが変わったのは、すっぴんからメイクしていく動画を投稿した時ですね。
@kageihina

TikTok初心者にこれは難易度高かった🤯 ##すっぴん ##メイクチャレンジ ##アイメイク ##私のメイク ##おすすめのりたい ##tiktok初心者

♬ メイクチャレンジ - Ruta
朝起きたら、通知が(最大値として表示される)+99になってたんですよ。「えっ、壊れた? バグった?」って驚いて、アプリを立ち上げたらフォロワーが一気に8千人ぐらい増えてて。これはすごいなって思いましたね。
 
次に出した「ムーブカメラ」という、私の動作に合わせて、カメラが動く動画もバズりました。あとは私の服装です。緑の袖と黒い身頃の素材が違う服を着て、TikTokの撮影をしたら、「服面白い」「袖ってそういうもの?」ってリアクションがあって。最近では、緑のタータンチエックのロングブーツがズボン生地にも見えるので、ハーフパンツとあわせて履くと「脱いでるの!?」と驚いたコメントを沢山頂きました。
 
最初のバズから、投稿する度にフォロワーが増えて、10日間でフォロワーが10万人ぐらいになったんです。そうしたら、色んな芸能事務所からお声がけをいただいて。地元・熊本にあるウェディング関連のドレスショップに内定が決まっていたんですけど、それを断って上京しました。
@kageihina

誕生日✌🏻☝🏻 ##foryou ##foryoupage

♬ wii shop vibe - 成瀬

内定断って上京

――芸能界に関心があったのですか
 
小さい頃から洋服が好きで、ドレスショップを選んだのも、デザイナーになりたかったから。でも、モデルのお仕事にも憧れはあって。親には「絶対無理だ」ってずっと言われていたから、諦めていたんです。
 
それが、TikTokが話題になって、色んな人に声をかけてもらって。やっぱり、「やってみたい」と思った。親からはまた反対されたんですけど、事務所は親も知っているようなところだったので納得してもらいました。
「芸能界には憧れがあった」と語る景井さん=野口みな子撮影
「芸能界には憧れがあった」と語る景井さん=野口みな子撮影

「TikTok出身」を大事に

――今後の活動については

モデルもですけど、私は演技にも挑戦したい。昨年は、Youtubeのドラマに出演させて頂いて、今年2月には舞台も経験しました。今も、一つ一つの仕事を全力投球して、表現力が上がるよう頑張っています。憧れは安藤サクラさんです。

TikTokも、もちろん。目指しているのは国内フォロワー1位です。これからも試行錯誤して、みんなに見てもらえる動画を作っていきたいです。

TikTokがバズらなかったら、今頃地元のドレスショップで働いてたと思うんです。それが、上京して、色んな仕事をさせてもらえて。フォロワーの子から、「どうやったら景井さんのようになれるんですか」という声をいっぱいもらうんです。

私も一度は諦めていたけど、TikTokのおかげでここまでこられた。だから、SNS出身というのはすごく大事にしているし、今、夢を持ってSNSで発信している子たちに、「自分はここまでなれたよ」と胸張って言える存在になりたいですね。
「SNS出身ということを大事に活動したい」と語った景井さん=野口みな子撮影
「SNS出身ということを大事に活動したい」と語った景井さん=野口みな子撮影

かげい・ひな

熊本県出身の21歳。2019年3月からTikTokを始め、9カ月間で100万フォロワーを獲得。アドテック東京2019では、人気TikToker代表として登壇を果たす。男性女性ともにファンが多く、ネタ系やファッション、ダンスなど多彩なコンテンツを生み出す。

連載 注目!TikTok

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます