MENU CLOSE

ネットの話題

5758

ヴァンパイアの1日に密着 有楽町で待ち合わせ、ローズ伯爵誕生秘話

小5でV系に、ローズ伯爵が生まれるまで

「ヴァンパイアカフェ」の主である「ローズ伯爵」
「ヴァンパイアカフェ」の主である「ローズ伯爵」

目次

アニメやメイド、執事など一つのテーマを追求し、世界観を表現するコンセプトカフェが人気です。中でも今注目されているのが、銀座にある「ヴァンパイアカフェ」。この店の「主」である吸血鬼「ローズ伯爵」は、実はテレビなどにも出演する有名人なのです。ゴリゴリのヴァンパイア姿の一方、「魔界生まれ石川育ち」という自己紹介、スーパーでは半額になった商品を狙い、「新小岩在住」を明かす人間味がありすぎる一面も。一体どんな人なのか、1日密着取材をしてみました。
《特集》ヴァンパイアの1日に密着してみた

【前編】有楽町で待ち合わせ、ローズ伯爵誕生秘話(本記事)
【中編】ローズ伯爵 デビュー前、皿洗いの日々
【後編】魔界生まれ石川育ち、ヴァンパイアの仕事論

ヴァンパイア「ローズ伯爵」とは

「闇の者に」「薔薇の花を」「汝の血を」「与えたまえ」――。

店員とお客さんの間で、”世紀末”なコール&レスポンスがこだまします。実はこれ、「闇の者を呼び覚ます復活の儀式」と名付けられたシーザーサラダに、ドレッシングを注ぐときの「ヴァンパイア カフェ」おなじみの儀式。「吸血鬼の館」をイメージした店内で、こだわりの料理を楽しむことができます。
人気メニュー「闇の者を呼び覚ます復活の儀式」(サーモンとアボカドのシーザーサラダ)
人気メニュー「闇の者を呼び覚ます復活の儀式」(サーモンとアボカドのシーザーサラダ) 出典: ダイヤモンドダイニング提供
「会いに行けるヴァンパイア」こと「ローズ伯爵」を知ったのは、YouTubeの人気クリエーターである大松絵美さんの「エミリンチャンネル」(チャンネル登録者数110万人)の動画でした。昨年11月末にアップされた「ヴァンパイアカフェ」のルポ動画は、260万回再生を超え、コメントは5千件以上集まっています。

視聴者を夢中にさせたのは、登場するローズ伯爵のキャラクター。年齢360歳という“設定”やその強すぎるビジュアルと言動のギャップが痛快で、数年前からテレビにも出演しており、ツイッターのフォロワーも2.5万人います。
そんなローズ伯爵の人となりを知りたいと思い、1日密着取材を申し込みました。こちらとしては吸血鬼の方を取材するのは初めて。無礼があった瞬間なんらかの呪いが飛ばされるのではと思い、取材依頼のメールを打つ手も震えました。

どきどきしながら数日待っていると「素敵なお誘いありがとうございます」という丁寧すぎる返信がありました。よく考えればヴァンパイアと言えど、爵位を持っているくらいの紳士。そんなものすごく丁寧な文章のまま、レストランの運営会社と調整してほしいとのことでした。直に営業してしまってすみません。ヴァンパイアだって、事務所通さないと。
 
メールの件名は「ローズでございます。」だった(画像の一部を加工しています)
メールの件名は「ローズでございます。」だった(画像の一部を加工しています)

お店を運営するダイヤモンドダイニングと調整し、2月のとある1日に取材させていただくことになりました。

待ち合わせ…隠しきれない“ハード感”

14時、待ち合わせに指定されたのはJR有楽町駅。キャップとマスクで顔を隠していますが、181cmの長身と、ばっちり決まった縦カールの髪型。その出で立ちからは、隠しきれない“ハード感”が漂ってきます。
こ、この方は……(画像を一部加工しています)
こ、この方は……(画像を一部加工しています)

 

ローズ伯爵…?

野口さん(記者)ですか? 今日はよろしくお願いします!
やっぱりこの人だ! 低音のいい声の持ち主。どきどきしながらご挨拶。私の名刺を渡そうとすると、「あ、僕も名刺ありますんで」。そう言って渡された名刺には……。
《店長 ※姓は秘密※ 哲至(ローズ伯爵)》

 

ローズ伯爵

下の名前は「さとし」と読みます

 

野口

さとしさん……
なんと素朴な名前。そしてカッコの内側にこんなにも圧がある文字列は初めてです。しかも、店長ってめちゃくちゃ管理職じゃないですか。

 

さとし店長

入社してから10年ちょっとになりますかね
実はローズ伯爵、2008年から「ヴァンパイアカフェ」にアルバイトで働き始め、正社員や主任を経て、2017年に店長までのぼりつめた出世社員。見た目とは裏腹に、かなり堅実に暮らしています。

どうして「ヴァンパイア」として働いているのか、これまでの「ローズ伯爵」の歩みを振り返りつつ、「ヴァンパイアカフェ」店長に密着する1日が始まりました。

「キワモノ」と思いきや、TPOわきまえがち

まず最初から疑問が浮かびます。テレビやネットで見る「ローズ伯爵」といえば、白い肌に陰影のあるヴィジュアル系メイクの姿。当たり前かもしれませんが、そのまま出勤しているわけではないようです。「人間界でいう『すっぴん』ですね」とローズ伯爵。
「人間界でいう『すっぴん』ですね」(画像の一部を加工しています)
「人間界でいう『すっぴん』ですね」(画像の一部を加工しています)

 

ローズ伯爵

でも勘違いしないでいただきたいんですけど、僕の場合、メイク状態が『すっぴん』ですからね
どういうことかというと、普段は人間の世界に順応するために、世を忍ぶ仮の姿として「人間メイク」をしているのだと教えてくれました。初見の人にも世界観を説明してくれる安心設計です。

ちなみに、最近はYouTubeなどで人気になったこともあり、世を忍ぶ仮の姿といえど、地元・新小岩で声をかけられることも増えたそう。「ローズ伯爵ですよね?って声をかけられたらどうするんですか?」と聞いたら、「『あざーっす』って感じっすね」。軽。

世界観を貫くかと思いきや、「冗談通じる相手かどうかわかんないじゃないすか」。

ついつい見た目でとがった行動を想像しがちですが、TPOはめちゃめちゃわきまえる。ローズ伯爵の一面が、少しずつ見えてきました。

縦ロール髪を揺らしながら向かうのは…

「ヴァンパイアカフェ」は有楽町駅からは徒歩10分ほど、日本料理店やニュークラブが入るビルの7階にあります。斬新なコンセプトからは意外に感じますが、開店したのは2001年。激戦区・銀座で19年営業を続けている、老舗のお店なのです。

「出勤」するローズ伯爵
「出勤」するローズ伯爵
14時すぎ、お店に着いて、ローズ伯爵がまず行うのは出勤記録。

 

ローズ伯爵

うち指紋認証なんですよね
パソコンを開くローズ伯爵。シュールな画が続く。
パソコンを開くローズ伯爵。シュールな画が続く。
パソコンに入力した後は、「じゃ、入金に行きます」。ゴリゴリの縦ロール髪を揺らしながら、前日の売り上げを入れた赤いポーチを手に近くの銀行へ。売上を口座に入金します。
入金に向かう店長
入金に向かう店長

ここまで至って普通の店長です。お店に戻る途中、ローズ伯爵から突然の質問が。

 

ローズ伯爵

この売上を入れるポーチ、昔は黒色を使ってたんですけど、今は赤のポーチを使ってるんです。何でかわかりますか?

 

野口

えっ、ちょっとわかんないです……。血の色とか……?

 

ローズ伯爵

いや、お店のコンセプトで照明が暗いんで、黒だと見つけにくいんですよね
まさかの生活の知恵。血とか考えた自分がめちゃくちゃ恥ずかしくて殴りたい……。

 

ローズ伯爵

だから僕、イヤフォンとか小物とか全部赤にしてるんですよね~
結果的に世界観を守っているけど、理由がめちゃくちゃ庶民的。お店での過ごしやすさに生活を寄せていく、そういうスタイルのようです。

小5でヴィジュアル系に目覚める

お店に戻った後は、店内の掃除。掃除機をかけ終わると、メイクを始めます(ローズ伯爵曰く「すっぴん」へ)。やはり全体的に照明が暗めの店内、鏡にテープで貼り付けたスマホのライトで化粧をしています。ここでも光る生活の知恵……。
貼り付けたスマホのライトでメイクしている
貼り付けたスマホのライトでメイクしている
「こういう工夫って、昔からバンドやってると身につくんですよね」とローズ伯爵。

実はローズ伯爵、石川県にいた小5の頃に「LUNA SEA」にどハマり。初めて見たものを親だと思い込むトゲピーの習性のごとく、以来ビジュアル系ひとすじでやってきました。

 

ローズ伯爵

『音楽といえばヴィジュアル系、バンドと言えばV系メイクするもの』と思っていましたね
「X JAPAN」や「MALICE MIZER」にも傾倒。高校時代はV系バンドを組み、大学進学で上京したのも「いつかデビューしたい」という思いもあってのことでした。

当時はライブに出るにも、お金がないのでメイクは自分たちでせざるを得ません。狭い楽屋も、格上の対バン相手たちが使っています。

 

ローズ伯爵

僕たちみたいな下っ端のバンドは通路みたいなところで、壁に鏡とライトを貼って化粧していましたね。当時はガラケーなので、携帯のライトも弱くて使えませんでしたから
ローズ伯爵のライフハックは、そんな涙ぐましい下積み時代によって生まれていました。
本人曰く「すっぴん」の状態になったローズ伯爵
本人曰く「すっぴん」の状態になったローズ伯爵
でも、そんな夢見るバンドマンがどうしてヴァンパイアとして働くようになったのでしょうか。次回の記事では、さとし青年が「ローズ伯爵」になるまでについて聞きました。
《特集》ヴァンパイアの1日に密着してみた

【前編】有楽町で待ち合わせ、ローズ伯爵誕生秘話(本記事)
【中編】ローズ伯爵 デビュー前、皿洗いの日々
【後編】魔界生まれ石川育ち、ヴァンパイアの仕事論

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます