MENU CLOSE

マンガ

173693

「天国でずいぶん文字が下手に」亡き夫から手紙、漫画で描いた送り主

「いいねを押す手を止められない」

江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」
江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」 出典: 江戸川治さんのツイート

目次

愛する夫の死を受け入れられず。亡き夫に宛てて手紙を書く女性。ところがある日、来るはずのない返事が届きます。開いてみると、妻を気遣う手紙は、とても拙い文字でつづられていました――。家族の愛にあふれる漫画に、ツイッターでは「泣ける」「いいねを押す手を止められない」と反響が集まっています。作者に聞きました。

漫画「じょうずな手紙」

「夫が病死してからも 私はずっと受け入れられずにいました」

返事がこないことを知りつつも、亡き夫に手紙をしたため、大切にしまっていた女性。しかしある日突然、来るはずのない返事が届いたのです。開いてみると、ひらがなばかりの文章。とても拙い文字が並んでいます。

江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」
江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」 出典: 江戸川治さんのツイート

「夫は 天国でずいぶん文字が下手になったらしいです」

手紙を読む女性の後ろから、幼い子どもが心配そうに見つめています。そう、母を気遣う息子が、「父」の代わりに返事を書いてたのです。

江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」
江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」 出典: 江戸川治さんのツイート

「お父さんから返事きたの? よかったね~ お母さん手紙書いてたもんね!」

涙ながらに「ありがとう!」と答え、母はわが子を抱きしめます。

江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」
江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」 出典: 江戸川治さんのツイート

それから場面は変わって数年後。そこには、また母に宛てられた手紙が……。

「今でも落ち込んでいるとたまに 夫から手紙がきます」

「夫の文字は昔に比べたら上達しましたよ ねえ あなた…」

江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」
江戸川治さんの漫画「じょうずな手紙」 出典: 江戸川治さんのツイート
ツイートにはそれぞれの家族を思う気持ちに「泣ける」というリプライが集まっています。投稿は7.5万件以上いいねされ、1.5万回以上リツイートされています。

どのようにこの漫画が生まれたのか、作者の江戸川治さん(@edoosam)に聞きました。

考察「各々感じたように受け取って」

漫画「じょうずな手紙」を描き、Twitterに投稿したのは漫画家の江戸川治さんです。これまでもTwitterで発信した漫画が、何度も大きな反響を集めており、「いつも目を引くおもしろい話になるように心がけてます」。

江戸川さんは今回の漫画を描いたきっかけとして、「ショートを描く時に『手紙』を扱ったものはけっこう話を考えやすいので、手紙から話を膨らませて考えていきました」といいます。

Twitterでは、作中の親子が抱き合う場面で、「影が夫婦のように見える」という考察も行われていました。これについて江戸川さんは、細い線がスキャンの際に消えてしまうもので、「意識したものではない」としています。

「でも、自分の漫画を色々考察されてるのは嬉しいし、答えとかないので各々感じたように受け取ってもらって大丈夫です」

考察を生んだシーン
考察を生んだシーン 出典: 江戸川治さんのツイート
話題になったことについては、「ウケたかどうかの基準を1万RT超えたかどうかで判断してるので、今回のはウケてよかったなと思ってます」。

漫画を読んだ方に「単行本買ってくれたら嬉しいです」という江戸川さん。現在、短編集「マザー」が発売中です。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます