MENU CLOSE

マンガ

2696

「本気でインターネットに向き合いたい」withnewsの5年間

インターネットが社会を分断する? インターネットの価値は、何かと何かをつなげることのはず。

withnewsのメンバー
withnewsのメンバー

withnewsは立ち上げから5周年を迎えました

本気でインターネットに向き合いたい。

そう考えた私たちは、5年前、まったく新しいウェブメディア「withnews」を始めました。

新聞社としては少し挑戦的な取り組みを重ねてきました。読者からの要望に記者が直接、答える取材リクエスト。最初に回答したのはザハ・ハディド氏の設計を巡る新国立競技場の記事でした。新国立競技場は紆余曲折を経て2019年11月30日に完成します。

試行錯誤の末に切り開いたネットの話題を深掘り取材するという分野。それを続けてきた一人の記者の記事のユニークユーザー数は、日本の人口を超えてしまいました。

読者の「気になるモヤモヤ」に応える中、気づけば、毎月のようにイベントを開催し、ラジオに出演させてもらい、同人誌を手がけ、も出版していました。

一見、まとまりのない活動をつなげてくれたのがインターネットです。インターネットに向き合う中で、いつしか、ネットを飛び出している自分たちがいました。新聞社の取材や編集の経験が、インターネットを介して、たくさんの舞台とつながることができたのです。

5年という節目を迎えた今、大事にしていきたいのは、このつながりです。

出会うことがなかったかもしれない人と知らなかったかもしれない情報を結ぶ。

インターネットが社会を分断する? インターネットの価値は、何かと何かをつなげることのはず。

これからも読者の「気になるモヤモヤ」に答えながら、ネットの広大な海の「憩いの場」になれたらいいなと思っています。
小山コータローの妄想キーワード
2019年11月28日
withnews編集長 奥山晶二郎
小山コータローの妄想キーワード

本日(28日)トークイベントを開催します【中継あり】

withnews立ち上げから5周年を記念して、トークイベントを開催致します(参加申込は終了)。ゲストに俳優・創作あーちすと「のん」さんをお招きし、情報発信について考えます。

イベントの様子は28日19時半頃よりライブ配信を予定しておりますので、withnewsのTwitterアカウント(@withnewsjp)をご確認ください。

私たちが大切にしたいこと…マンガでわかる「withnews」

5周年を迎え、withnewsがこれまで大切にしてきた思いを改めて、新しい形で伝えたいと思いました。日頃からコラボ企画などでお世話になっている、漫画家のコミュニティ・SNSを運営する「コミチ」にご協力をいただき、私たちが実現したい役割を漫画で描いていただきました。描いてくださったのは、今年4月のコラボ企画で大賞を受賞したじゅんさんです。
漫画:じゅん/外資系マンガ家(@principaljun
編集:コミチ@comici_jp
【マンガに登場した記事】

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます