close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年04月08日

「早くして」車いすユーザーの言葉に葛藤 鉄道会社、支援のリアル


  • 15947

列車や駅における、車いすユーザーへの対応。鉄道会社は、どう考えているのか? 支えたいけれど、限界もある…そんな本音に迫ります。(画像はイメージ)

列車や駅における、車いすユーザーへの対応。鉄道会社は、どう考えているのか? 支えたいけれど、限界もある…そんな本音に迫ります。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

最新ニュースを受け取る

最近、駅の「バリアフリー化」という言葉を、よく聞くようになりました。鉄道会社は、大切なことであると理解しつつ、混雑緩和や費用などの問題について、試行錯誤しているのが現実です。駅員の一人は、車いすの乗客への対応を巡り、「社員間で怒鳴り合いになったこともある」と明かします。安全確保を求める企業側と、素早い対応を望む利用者の間で、板挟みになる現場。ハード面の整備にも限界がある中、必要なものとは? 鉄道関係者の言葉から考えます。(withnews編集部・神戸郁人)

「安全第一」「迅速対応」両立の壁

そもそも鉄道会社は、車いすで駅に来る人たちに、どういった対応をしているのでしょうか? 東北地方や関東・甲信越地方で営業する、JR東日本に聞いてみました。

JR東日本が運行する、山手線の最新車両「E235系」。全車両に、車いすやベビーカー用のフリースペースを備える。

JR東日本が運行する、山手線の最新車両「E235系」。全車両に、車いすやベビーカー用のフリースペースを備える。

出典: 朝日新聞

同社では、車いす利用客の希望に応じ、乗車時のサポートを行っています。車両とホームの段差をなくすスロープを持参し、数人の駅員や警備員が付き添うスタイルです。

この時、利用客とのコミュニケーションが、最も重要になります。目的地や、乗り換えの有無などについて聞き取り、降車駅の社員に、電話で対応を依頼するためです。

当然、一定の時間がかかり、客側から「早く案内して」といった声が上がる場合も。

担当者は「お客様の安全確保のためには、十分な態勢をつくらないといけません。結果的に、お待たせしてしまうケースはあります」と認めます。

一人で乗り込む客に困惑

対応の裏側について、もう少し深掘りしてみましょう。ある鉄道会社で働く、男性社員の話です。

男性は関東地方の駅に勤め、車いすの利用客とも接してきました。何人か顔見知りの当事者がおり、駅を訪れるタイミングや、サポートに必要な時間などが共有出来ているため、比較的支えやすいそうです。

男性は、毎日のように車いすユーザーと対面している(画像はイメージ)

男性は、毎日のように車いすユーザーと対面している(画像はイメージ)

出典: PIXTA

難しいのは、初めて出会った人に対する時だといいます。

「急いでいるお客様が、一人で乗車することがあるんです。本来は、降車駅の社員に電話しないといけないのに、どこで降りるかが分からない。仕方なく、お客様が乗っている電車の車掌に、無線で知らせます」

通常は何人かで対応するところ、その電車に乗っている車掌一人で、ホームに降ろしてもらうケースもある――。そんな内幕を明かしつつ、男性は更に続けます。

「遅延や運休の発生時などは、特に大変ですね。指令センター経由で連絡を取るのですが、問い合わせに応じる担当者も、トラブルへの対処で手いっぱい。社員同士が、怒鳴り合いながらやり取りする場合も少なくありません」

車いす利用客の対応を巡り、社員間で怒鳴り合いになることも。(画像はイメージ)

車いす利用客の対応を巡り、社員間で怒鳴り合いになることも。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

施設を改修?簡単じゃない!

このような苦労は、車いす利用者が自力で移動しやすい環境をつくれば、軽減出来るのではないでしょうか?

「それが、簡単ではないんです」。フリーの鉄道コンサルタント・至道薫さん(55)が語ります。

至道さんには、江ノ島電鉄(江ノ電・神奈川県藤沢市)で30年ほど勤務した経験があります。駅舎のバリアフリー化も進めた、いわば「鉄道のスペシャリスト」です。

藤沢駅に入る江ノ電の車両

藤沢駅に入る江ノ電の車両

出典: 朝日新聞

障壁の一つと感じていたのが、スペース確保の難しさといいます。

至道さんは江ノ電時代、沿線駅のホームに、坂道状のスロープをつくる計画を担当しました。建物の多くは、住宅街の合間に位置し、独立して設けられるほどの幅がないところも。やむを得ず、階段など一部の設備を削ったケースがあったそうです。

では都市部のターミナル駅ならどうでしょうか? 実は、この場合も課題があります。

スロープはドア付近に設けると効果的ですが、歩行者の動線を減らすのと表裏一体。通勤・通学時間帯を中心に、利用客があふれる場所では、整備前に多くの調整が不可欠です。

ホームと車両の隙間や、段差をなくす、という方法も考えられるかもしれません。しかし国土交通省の基準は、多角的に安全確保を求める内容。運行に支障が出ないよう、段差などを完全に解消するのは難しい、という事情があります。

鉄道コンサルタントの至道薫さん

鉄道コンサルタントの至道薫さん

時間が掛かっても人を巻き込む

まだ壁が高い、ハード面での解決。一方で至道さんは、鉄道各社が国や自治体と連携することで、改善に向けた動きは早まると指摘します。

「例えば、自治体からの補助金などのルールをつくり、バリアフリー推進を加速する。そうすれば福祉に回せるお金が増え、当事者へのケアが進むかもしれません。同時に、ホームやスロープに関する規制が柔軟化すれば、大きな後押しになります。それは市民にも理解されるでしょう」

「企業だけで出来ることには、やはり限界があります。時間は掛かるかもしれないけれど、色々な人を巻き込んだ方がいい。『障害のある人に優しい路線』になれば、沿線に当事者が移り住んでくれる未来もありえると思います」

車いすユーザー向けに、設備面を充実させるのには、しばらく時間がかかりそうだ。(画像はイメージ)

車いすユーザー向けに、設備面を充実させるのには、しばらく時間がかかりそうだ。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

車いす、持ち上げたのは社長だった

ここまで見てきたように、鉄道業界の葛藤を、すぐにほどける「特効薬」は存在しないようです。

しかし、悲観する必要はない、と考える人がいます。ローカル線・いすみ鉄道(千葉県大多喜町)の前社長、鳥塚亮さん(58)です。

同社が赤字経営だった2009年、公募を経て、社長に就任した鳥塚さん。立て直しのため、昨年6月の退任まで、数々の観光施策を打ち出しました。

今では風光明媚な沿線風景を楽しみに、車いすを使う人も含め、多くのファンが利用しています。

17年10月には鳥塚さんの発案で、全身の運動機能が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の当事者向けに、貸し切りの特別列車を運行しました。

乗客の要望に応じ、鳥塚さん自ら車いすを持ち上げ、途中駅のホームに降ろしたといいます。

「このとき、社員にも対応をお願いしたのですが、批判は出なかったんです。むしろ、障害のある人と接したことで、『みんなでどう支えられるか考えよう』という雰囲気が強まったように感じました」

ALS患者を招いた、貸し切り列車運行時の一コマ。中央奥が鳥塚さん。

ALS患者を招いた、貸し切り列車運行時の一コマ。中央奥が鳥塚さん。

出典:鳥塚さんのブログ

今はまだ「過渡期」…だからこそ、原点回帰

鳥塚さんによると、近年は複数路線の乗り入れなどが進み、各社で一編成当たりの乗車率が低下傾向にあります。車いすを使う人にとっては、利用しやすい環境が生まれているのです。そのため、現場の社員が当事者と触れあう機会も増えました。

鉄道会社が対応に苦慮するのは、障害のある人が、以前より街に出やすくなったから。その意味で現在は「過渡期」と言えるでしょう。

こうした状況は「希望する人を誰でも目的地まで運ぶ」という原点を、企業側が再確認する好機でもある。そう鳥塚さんは語ります。

「バリアフリー設備を充実させるのは、もちろん重要です。ただ、それを活用する側に、当事者と向き合う姿勢がなければ、『仏作って魂入れず』になりかねません。やはり根っこには、人間的な助け合いがあるべきだと思います」

「例えば車いす利用者を採用し、運行計画の整備などに関わってもらう。そうした目線が経営に加わると、立場を問わず使える交通機関になります」

「利用者に我慢を強いないため、何が出来るか。それを考え抜けた鉄道会社は、今後も人々に選ばれるのではないでしょうか」

設備を整えること。鉄道会社の社員が、「助け合い」の心を育むこと。障害のある人を支えるためには、どちらも不可欠だ。そう鳥塚さんは語る。(画像はイメージ)

設備を整えること。鉄道会社の社員が、「助け合い」の心を育むこと。障害のある人を支えるためには、どちらも不可欠だ。そう鳥塚さんは語る。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

アイドルの私が突然、車いすに「もう、需要がない…」復帰までの日々
前へ
地下アイドル「仮面女子」のメンバー・猪狩ともかさん。不慮の事故で脊髄を損傷し、車いすでステージに出演している=神戸郁人撮影
次へ
1/12
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

プラごみの終着点 「プラスチック村」で記...
プラごみの終着点 「プラスチック村」で記...
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
宮島といえば「鹿のUnTEA(ウンティー)」 タピオカドリンクが話題
宮島といえば「鹿のUnTEA(ウンティー)」 タピオカドリンクが話題
「夢をあきらめてもいい」車いすを強みに起...
「夢をあきらめてもいい」車いすを強みに起...
寝相が悪すぎるオオウナギ! 底でひっくり返ったまま…水族館に聞く
寝相が悪すぎるオオウナギ! 底でひっくり返ったまま…水族館に聞く
NEW
タイの御曹司が地位捨て政治家に 民主化の...
タイの御曹司が地位捨て政治家に 民主化の...
「気持ちがラク」SNSで注目の〝父子帰省〟 お盆の選択が柔軟に
「気持ちがラク」SNSで注目の〝父子帰省〟 お盆の選択が柔軟に
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
PR
お祭り中にスマホばかり見てる男児 「イマドキの子は…」と思いきや
お祭り中にスマホばかり見てる男児 「イマドキの子は…」と思いきや
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
PR
ピザハットは帽子じゃなかった! イエローハットのツイートから発覚
ピザハットは帽子じゃなかった! イエローハットのツイートから発覚
自衛隊サイバー教育、拠点は「陸自最古」駐...
自衛隊サイバー教育、拠点は「陸自最古」駐...

人気

もっと見る