MENU CLOSE

話題

76511

泣かなかった赤鬼… したたかな村人と心優しい鬼の物語、作者に聞く

「それでも自分を必要としてくれるなら」と思っていた鬼が、最後に見たものは――。

「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面
「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面 出典: 一智和智さんのツイッター

目次

 生きるのに必死な村人と、人間に利用されていることを知りながら協力する鬼。「それでも自分を必要としてくれるなら」と思っていた鬼が、最後に見たものは――。そんな物語がネット上で注目を集めています。描いた漫画家に話を聞きました。

「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」
「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」 出典: 一智和智さんのツイッター

村人が金棒をプレゼント


 先月28・29日と2回に分けてツイッター投稿された計8ページの漫画。

 タイトルは「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」です。

 物語は、村人の吾作が「金棒」を鬼にプレゼントする場面から始まります。

 鬼が「こういうの欲しかったんだ!」と喜んでいると、子どもが近づいてきて、村が侍たちに襲われていることを知らせます。

 鬼はもらったばかりの金棒をふるって、侍たちを撃退します。

「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面
「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面 出典: 一智和智さんのツイッター

すべて知っていた鬼


 次の場面では、平穏を取り戻した村で、村長たちが話し合いをしています。

 「金棒は高くついたが 村を守ってくれるなら安いもんじゃ」「吾作 これからも鬼の機嫌をとってくれよ」

 外でこっそり、そのやりとりを聞いていた鬼。

 前々から利用されていることを知りながら、「それでも自分を必要としてくれるならいい」と考えていたのです。

「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面
「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面 出典: 一智和智さんのツイッター

苦戦する鬼を見た村人は


 今度は大人数で、落ち武者たちが村を襲ってきました。

 苦戦する鬼を見て村人たちは「いかん 役立たずが」「村を捨て逃げるぞ」と言います。

 そんな中、金棒をもらった時の鬼のうれしそうな顔を思い出した吾作は、「わしは戦う!」と鬼の加勢に向かいます。

 「わしもいくぞ」「わしもじゃ」と続く村人たち。見事に落ち武者たちを撃退することができました。

 最後に描かれているのは、笑顔の鬼が村人たちと並んだ場面。「鬼はほんとうの村の仲間になった」と締めくくられています。

「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面
「したたかな村人とすべてを知っていた鬼」の一場面 出典: 一智和智さんのツイッター

作者に聞きました


 この漫画に対して、「優しい世界だ」「鬼の笑顔のコマが胸に迫りました」といったコメントが寄せられ、リツイートは9千、いいねは4万を超えています。

 描いたのは、漫画家の一智和智さん。デビュー20年以上で、単行本30冊以上、電子書籍を含めると50冊以上を世に送り出しています。

 現在は、KADOKAWAのコミックウォーカーで「便利屋斎藤、異世界に行く」、オーバーラップのコミックガルドで「剥かせて!竜ケ崎さん」を連載中。また、一智和智とは異なる名義でも執筆しているそうです。

 今回ツイッターで公開した作品については、こう話します。

 「常になにか描いてネットに上げるのが癖になっているので、いつもネタを考えています。ですので、その流れの中で急に思いついたという感じです」



「メッセージ性はありません」


 仕事の原稿の合間を縫って描いたそうで、「いかに早く描きつつ、ちゃんと読んでもらえるものにするか」と心がけたそうです。

 「メッセージ性のような大それたものはありません。楽しんでもらえればそれでいいかなと思ってます」

 名作「泣いた赤鬼」を彷彿とさせる物語ですが、まったく意識していなかったそうです。

 「有名な作品なので、だいたい知っていますが、うちにその本はなかったので、ちゃんと読んだことはありません」

 パッと見てわかりやすく、「見た人の心をつかむ何かを」という思いで漫画を投稿し、たびたび話題になる一智さん。

 多くの反響が寄せられたことについては、「もっとすごい作家さんがいっぱいいらっしゃるので、まだまだだなと思っております」と話していました。

 ◇ ◇ ◇

 一智さんの最新単行本「剥かせて!竜ケ崎さん」が5月末に発売されます。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます