MENU CLOSE

話題

15777

「つらい」「血が出る」パンプス強制に声あげた「#KuToo」運動

職場での女性へのパンプス強制がなくなってほしいと活動する石川さん
職場での女性へのパンプス強制がなくなってほしいと活動する石川さん

目次

 女性だけが働きづらく、けがにもつながるパンプスを強制される職場っておかしいのでは――。そんな疑問を投げかける「#KuToo」運動が共感を集めています。ハッシュタグは「靴」と「苦痛」をかけたもの。同じようにヒールで働くのがつらい女性からの切実な声が集まっています。ネット署名を呼びかけているグラビア女優・ライターの石川優実(32)さんは「『マナーだから』と同じ職場で女性だけ靴を強制されるというおかしさに気づいてほしい」と訴えます。

【石川さんインタビュー続編はこちら】「わたし、かわいくないから。の呪い」の解毒剤 ブログで告発

男性の平らな革靴「楽だろうな」

 はじまりは、今年1月、石川さんが何げなくツイッターでつぶやいたツイートでした。



葬儀の案内のアルバイトをしている石川さん。仕事中、男性社員の革靴をそろえようと手にしたところ、その軽さに驚きました。

「すごく軽くて、ヒールも平ら。これで働いたら体への負担が減って、楽だろうなと思ったんです」

つぶやきは、6万8千もの「いいね」、3万以上のリツイート(拡散)をされ、多くの女性から共感の声が集まりました。

「私もつらい」「血が出る」「外反母趾になり、かわいい靴が履けなくなってしまった」「女性の就活はスカートと決まってると言われた」「すぐやぶけるストッキングの出費も痛い」

自分だけが足に合ったパンプスを見つけられずつらいんだと思い込んでいた石川さんは、多くの女性が共感してくれたことに驚いたそうです。

つらい靴を女性だけに強制、なぜ?

18歳の頃、通っていた専門学校のホテル接客の研修で、パンプスを履いて働くのに耐えられず、それからパンプスが必要な仕事は避けてきたといいます。

今回のツイートで、そもそもなぜ女性だけが、働きにくく、脚を痛めたりけがをしたりするかもしれない靴を強制されているんだろうと考えるようになりました。

「これって差別なんじゃないか」

ネットで署名を集めている#KuToo運動
ネットで署名を集めている#KuToo運動

そう発信していくと、ツイッターでは、男性から「男も革靴をはいて痛い」「オフィスでカジュアルな服を着られるのは女性」といった反応もありました。

「でも、男性も我慢してるんだから女性も我慢しろって変ですよね。男性も女性も働きやすい、生きやすい方がいいじゃないですか」

共感した人が拡散用のハッシュタグ「#KuToo」を考案してくれ、SNSで広がっていきました。セクハラや性的被害の体験を告白したり、被害者に寄り添うことを表明したりする「#MeToo」運動ともかけています。

ネット署名集め 厚労省へ通達の要望を

現在、石川さんはネット署名サイト「Change.org」で署名を集めています。

イギリスでは、ハイヒールの強制は「性差別」として禁じられています。

「ハイヒールを履かなかったからと解雇された女性が行った署名活動には、3日で10万筆が集まりました。企業には、イギリス政府からジェンダー平等の観点から望ましい就業規則を作るよう通達が出ているんです」

石川さんは、「同じ職場・仕事内容なのに性別によって許される服装が違う」「効率が悪い・健康に害があることより、マナーを優先させる」という二つに大きな違和感をおぼえています。

ネット署名が集まれば、厚生労働省へ提出し「同じ仕事で性によってハイヒールやパンプスを強制することを禁止するよう、企業側に通達を出してほしい」と伝える予定です。



そもそもなぜパンプスがマナーになっているのでしょうか?

黒いスーツ、タイトスカートにパンプスで歩く就職活動中と思われる女子大学生をよく見かけます。しんどそうです。

記者自身は、事件や事故の現場にすぐ駆けつけられないからと、ヒールのある靴は履かない方がいいと言われました。

けれど、結婚式に出席する時には「マナー」を調べ、慣れないヒールを履いて、式場への行き帰りはぺたんこ靴に履き替え……というとても面倒なことをしていました。

パンプスのほかにも、ストッキングや化粧……女性は、男性よりも「見た目の美しさ」を「マナー」として求められることが多いと感じています。

石川さんは、そんな女性の「見た目」ともからむ「だってわたし、可愛くないから。の呪い」というブログを書いています。

女性に求められる「見た目の美しさ」「かわいさ」のプレッシャーから、自分もその呪いにかかっていたといいます。それはどんな「呪い」なのか? 女の子がその「呪い」から逃れるにはどうしたらいいのでしょうか?

【石川さんインタビュー続編はこちら】「わたし、かわいくないから。の呪い」の解毒剤 ブログで告発

         ◇
3月9日、グラビア女優・ライター石川優実さんと、プラスサイズモデルの吉野なお(Nao)さんのトークイベント「からだのシューレ vol.15 『だって私、かわいくないから』の呪い」が開かれます。

石川さんの書いたブログを読んだなおさんも「私、『かわいくないからの呪い』にかかってました」と言います。「かわいい」って一体なんなの? 女性にとってなぜそんなに大切なの? 参加者のみなさんと考える催しです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます