閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月05日

「わたし、かわいくないから。の呪い」の解毒剤 ブログで告発

  • 3089

「かわいい」にまつわる「呪い」から脱しようと訴える石川さん

「かわいい」にまつわる「呪い」から脱しようと訴える石川さん

女性へのパンプス着用の強制を批判する「#KuToo」運動に取り組むグラビア女優・ライターの石川優実さん(32)は、「女性は見た目のきれいさを求められることが男性よりも多い」と指摘します。小さな頃から「かわいくないといけない」と刷り込まれ、自然と「だってわたし、かわいくないから。の呪い」にかかってしまったと振り返ります。「人の見た目をジャッジする人とは距離を置いて、自分を認めて、呪いから脱してほしい」とエールを送ります。


「かわいくないとダメ」と思い込んだ中学時代

高校3年生のとき、スカウトされて芸能界に入った石川さん。

「かわいい」を意識し始めたのは中学生の頃でした。

「当時の彼氏が、私と付き合っていたときはそれを隠してたんです。なのに、学年で一番かわいいと言われていた子と付き合った途端、いろんな人に言いふらしていて。かわいくないと人間扱いしてもらえないと思い込んじゃって」

「わたし、かわいくないから」の「呪い」について書いた石川さんのブログ

「わたし、かわいくないから」の「呪い」について書いた石川さんのブログ

出典:http://www.ishikawayumi.jp/entry/kawaikunai.180212

同級生の男の子たちが、簡単に「あの子かわいい」「あいつブス」と言うのも聞きました。

女の子向けの雑誌の特集には「愛され女子になるには」「彼に選ばれるには」という文字がおどります。

「女性は『選ばれる側』『選んでもらう側』なんだ」「選ばれるにはかわいくなければダメだ」「愛されるにはかわいくならなければ…」

そんな思いが積み重なっていったといいます。

#MeTooで告白 「かわいい」ってなんだろう

石川さんは、2017年12月、#MeTooとして自身の性被害の体験を告白しました。

石川優実さんのnote「#Me Too『私も。』」

その内容は、グラビアデビューしたあと、「自分はかわいくないから、エロい露出をするしか道はない」と考えてしまったり、「キャンペーンガールの仕事がある」とだまされて〝枕営業〟をさせられたりといった体験でした。

そんな#MeTooの発信を経て、石川さんは「かわいい」にまつわる「呪い」についても考えるようになりました。

ブログにはこう記しました。

「だってわたし、可愛くないから。の呪い」とは、何か辛いことがあるたびにとにかく自分のことを「だってわたし、可愛くないから。」と思って疑わない女性がかかっている呪いです。

この呪いは、ちょっとやそっとじゃ解けません。

本当にその人の顔が可愛い、可愛くないに限らず、心の状態を現したものなのです。

出典:http://www.ishikawayumi.jp/entry/kawaikunai.180212

石川さんは、この呪いにかかると、

・彼氏ができても「かわいい子と知り合ったら、すぐ乗り換えられるんだろうな」という不安がつきまとう

・自分で自分をかわいいと思っていないから、人からの褒め言葉を素直に受け取れない

・人が「かわいい」と言われていると、「自分はブス」と言われているように感じてしまう

といった、さまざまな症状が現れると指摘します。

本当にやりたいこと? 自分で自分を認めてあげて

ブログでは、呪いから脱するために、「自分はかわいいと言われたかった」ことを認めて、「毎日、心の自分に『かわいいね』と言おう」と呼びかける石川さん。

ただ、まだ自身も「呪い」から完全に抜け出せてはいないといいます。

「だから、洋服を着るときにも『この服は私が着たいから着ているのか? 誰かに認められたいから?』と尋ねています。自分がどうしたいのか、自分が心地いいことは何なのかを大事にしたいので、それを自分自身に確認するようにしています」

まず自分が自分を認めてあげないと、結局足りないところを探してしまい、きりがないと思うからです。

3月9日には「かわいい」についてプラスサイズモデルの吉野なおさんと語ります

3月9日には「かわいい」についてプラスサイズモデルの吉野なおさんと語ります

出典:https://shule015.peatix.com/?lang=ja

「誰かに認められなくても、自分が認めてあげていれば生きていけるよと伝えたい」と考えています。

そして、「見た目で人を判断する・ジャッジするというのは恥ずかしいこと」という認識がもっと広まってほしい、と願っています。



         ◇
3月9日、グラビア女優・ライター石川優実さんと、プラスサイズモデルの吉野なお(Nao)さんのトークイベント「からだのシューレ vol.15 『だって私、かわいくないから』の呪い」が開かれます。

石川さんの書いたブログを読んだなおさんも「私、『かわいくないからの呪い』にかかってました」と言います。「かわいい」って一体なんなの? 女性にとってなぜそんなに大切なの? 参加者のみなさんと考える催しです。

【申し込みはこちら】3月9日「からだのシューレ」トークイベント

婚活で「値踏み」された女性、父には…夜廻り猫が描く父娘の関係
前へ
次へ
1/27
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
Q&A
目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」...
目の動きで車いす操作「サイボーグマスク」...
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
PR
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に
NEW
髪の毛を失ったアイドル 「女の子やめなきゃ…」葛藤越え公表
髪の毛を失ったアイドル 「女の子やめなきゃ…」葛藤越え公表
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
あの「ゆかり」が缶チューハイに ご飯のお...
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A
「サザエさんじゃんけん」戦いを挑み続ける...
「サザエさんじゃんけん」戦いを挑み続ける...
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
この3歳児は天才か! カレンダーのめくり方が画期的 母親に聞いた
この3歳児は天才か! カレンダーのめくり方が画期的 母親に聞いた
ADHD息子、卒業式で「やっちまった…」それでも成長を感じたワケ
ADHD息子、卒業式で「やっちまった…」それでも成長を感じたワケ

人気

もっと見る