close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月14日

「幻聴妄想かるた」予想外のヒット続ける理由 全然、他人事じゃない


  • 26535

独創的なイラストが満載の「幻聴妄想かるた」、実はひそかにブームが続いているんです=神戸郁人撮影

独創的なイラストが満載の「幻聴妄想かるた」、実はひそかにブームが続いているんです=神戸郁人撮影

最新ニュースを受け取る

 「あ、宇宙人!先っぽが光ってる!」「これから躁の合宿です」。何やら謎めいた言葉たち。幻聴や妄想の経験談を、あえてさらけ出した、「幻聴妄想かるた」の読み札にあるものです。発売以来、異例のヒットとなり、第3弾まで生まれています。「幻覚をいじって笑い飛ばす」。かるたが伝えるメッセージには、誰もが直面するかもしれない「心のつまずき」と、うまく向き合うヒントがありました。(withnews編集部・神戸郁人)

頭からホース……?

「幻聴妄想かるた」のパッケージ。奇妙なキャラクターたちが、わらわらと集まっているよう

「幻聴妄想かるた」のパッケージ。奇妙なキャラクターたちが、わらわらと集まっているよう

 「何だ、これ?」。ある取材に向けたリサーチ中、ネット上で偶然見かけた書籍の情報が目にとまりました。

 スマートフォンの画面に大写しになったのは、「幻聴妄想かるた」と書かれた表紙画像です。タイトルの周辺を、人らしきキャラクターたちがぐるりと囲んでいます。

 でも、頭からホースのような管が飛び出ていたり、肌が緑色だったり……ちょっとへんてこです。

(あ)「あ、宇宙人!先っぽが光ってる!」

(せ)「正社員が叫んでる!」

出典: 「超・幻聴妄想かるた」から

 購入してみると、読み札も独特の言い回し。その魅力に、私はすっかりとりつかれてしまいました。

 付録の解説書によると、手がけたのは、東京・世田谷にある障害者向けの就労継続支援事業所「ハーモニー」のメンバーたち。精神疾患を抱えた末に起きた、それぞれの幻覚体験を描き出したといいます。作った経緯が聞きたくて、施設に足を運ぶことにしました。

読み札の文言も、個性が爆発しています

読み札の文言も、個性が爆発しています

男性が経験した「砂かけ」の怪

 11月中旬、世田谷区の住宅街。「どうぞ、これから週に一度のミーティングですよ」。雑居ビルにある、ハーモニーの事務所に到着すると、スタッフの方が大部屋に招き入れてくれました。

ミーティングに臨む「ハーモニー」のメンバーたち。窓から部屋に柔らかな日差しが入り込み、穏やかな雰囲気

ミーティングに臨む「ハーモニー」のメンバーたち。窓から部屋に柔らかな日差しが入り込み、穏やかな雰囲気

 ここは、心身に障害がある人向けの、公園清掃などを行う就労訓練の場です。木製の壁や天井を、肌色の蛍光灯が照らし出し、優しい雰囲気に包まれています。29人の男女が通い、私が訪れた日は、15人ほどが顔を出していました。

 開始から約40分。参加者の近況報告が一段落すると、同席していた小川隆一郎さん(68)が、おもむろに話し始めました。

 「最近ね、『砂かけ』の力が弱まってきた気がするんだ」

 「砂かけ」とは幻覚のことです。外出するたび、なぜか体中強いかゆみに襲われるという小川さん。「(妖怪の)『砂かけ婆』に何かかけられたんじゃないか」。相談した友人に、そう言われたことが、名前の由来といいます。

「砂かけ」の被害に悩まされているという小川隆一郎さん

「砂かけ」の被害に悩まされているという小川隆一郎さん

 「郵便局に行くとポストの裏に潜んでいる」「コンサートで行った、東京ドームのトイレにもいたよ」。真に迫った言葉に、私も他の参加者も興味津々です。

 「砂かけの性別は?」「どんな時に現れるの?」――。質問が飛び交う一方、語りが遮られる気配はありません。日光が差し込む部屋で、昔話に耳を傾けているかのような、穏やかな時間が流れていきます。

メンバーの「幻覚お悩み相談」

 「こうした光景は、毎回のことですよ」。そう笑うのは、施設長の新澤克憲さん(58)です。

 ハーモニーは1995年、「共同作業所」としてオープンし、家具製作などを請け負っていました。メンバーの大半は、統合失調症やうつ病の人たち。全員で食卓を囲むなど、「生活の拠点」であることを大事にしてきました。

 当時から珍しくなかったのが、幻覚体験を訴える人たちです。

「今日も闇の組織に追われた」

「鼻の奥で『殺すぞー!』と声が聞こえる」

 「毎日、悩み事のように相談されるから、みんなで解決策を考えました。でも、よくよく聞いてみると面白い。どうせなら、良い形にまとめられないか、と思ったんです」

ハーモニー施設長の新澤克憲さん

ハーモニー施設長の新澤克憲さん

セリフ覚えられず……そうだ、かるただ!

 2006年には、障害者への福祉サービスを拡充する「障害者自立支援法」(現・障害者総合支援法)が施行されます。これを機にハーモニーは、通所者と雇用関係を結ばず、作業量に応じて工賃を支払う「就労継続支援B型事業所」になることが決まりました。

 ただ、当時のメンバーの平均年齢は50歳ほど。体力面に不安がある人も多く、木工を続けるのは難しい状況でした。

 そこで幻覚体験を劇にし、観覧料を得ようとしたものの、肝心のセリフが覚えられません。代わりに出た案がかるただったのです。

 「それなら見ただけで内容がイメージできる!」。スタッフも大盛り上がりし、手作りして08年に発表すると、注文が殺到。後に出版社から改めて販売されるほど人気が出ました。

 好評を受け、14年には第2弾「新・幻聴妄想かるた」を発売。今年6月にお目見えした第3弾「超・幻聴妄想かるた」まで含めると、延べ50人分の経験談が掲載されています。

第1弾「幻聴妄想かるた」(上と左)、第2弾「新・幻聴妄想かるた」(右)と第3弾「超・幻聴妄想かるた」のパッケージ

第1弾「幻聴妄想かるた」(上と左)、第2弾「新・幻聴妄想かるた」(右)と第3弾「超・幻聴妄想かるた」のパッケージ

「躁の合宿」に行ってきます

 メンバーは、どんな体験をかるたにしたのでしょうか?ミーティング後、第3弾にエピソードを寄せた田中純さん(55)に聞いてみました。

(で)「でもね、精神科で悟りの話をすると入院になるんですよ」

出典: 「超・幻想妄想かるた」から

 田中さんは10代の頃、コックを目指し専門学校に通っていました。しかしストレスから、アルバイトでためた学費を使い込んだ上、自主退学してしまいます。

 両親と大学病院の精神科を受診し、下された診断は「思春期挫折症」。聞き慣れない病名に驚いたといいます。

 仏教徒の父の影響で、宗教やオカルト好きだった田中さん。主治医に「悟り」について語ると、入院させられてしまいました。「(で)」の一枚には、その思い出を込めたそうです。

田中純さんと、自身のエピソードを元にしたかるた

田中純さんと、自身のエピソードを元にしたかるた

 もう一つ、田中さん自身の言葉を記した札があります。

 ある夏。そう状態が極まり、プレゼントを渡そうと深夜に友人宅へ押しかけた後のこと。再び入院が決まり、新澤さんへ送った報告メールに、こんなフレーズを書いたといいます。

(そ)「躁(そう)の宴は終わりました これから躁の合宿です」

出典: 「超・妄想幻聴かるた」から

 当の新澤さんは、「入院を合宿にたとえるなんて、しゃれてるなぁ」と感心したそうです。

田中さんの「躁の宴」発言をきっかけに、そう病の特徴をまとめた「早見表」が誕生。ハーモニーの事務所に飾られている

田中さんの「躁の宴」発言をきっかけに、そう病の特徴をまとめた「早見表」が誕生。ハーモニーの事務所に飾られている

本に落書き、でも夫婦円満

 一方、「境界性パーソナリティー障害」がある平和(たいら・なごみ)さん(53)は、夫婦のやり取りをかるたに盛り込みました。

年の差夫婦の諸星純さん(左)と平和さん

年の差夫婦の諸星純さん(左)と平和さん

(る)「留守中の 旦那の本に へのへのもへじ」

出典: 「超・妄想幻聴かるた」から

 元になったのは、ハーモニーで出会った、夫の諸星純さん(39)との間に起きた出来事です。

 発達障害などを抱え、人間関係に苦労してきた諸星さん。いつしか読書に安心を求めるようになり、かつては、2千冊以上の本に囲まれながら寝起きしていました。

 3年前に結婚した後も、本に入れ込む生活は相変わらず。平さんには、納得がいきません。

 ある日、平さんの不満が爆発します。夫が外出した隙を狙い、「城のように積まれた」本の表紙に、サインペンやはんこで落書きしてしまったのです。

 諸星さんはその後、落書きされた本を少しずつ処分。それでも買うのをやめられず、結局冊数は増えているそうです。でも、ぜんそくのある平さんのため、生活スペースには古本を置かないといった配慮を重ねるうち、一定の理解を得られました。

 「今では図書館に行くのも、何とか勘弁してもらっています」。諸星さんは頭をかきます。

絵札には、落書きされたショックで突っ伏す諸星さんと、「してやったり」と親指を立てる平さんが描かれている

絵札には、落書きされたショックで突っ伏す諸星さんと、「してやったり」と親指を立てる平さんが描かれている

語れなかったことを「いじり倒す」

 話に耳を傾けるうち、ふと疑問が浮かびました。メンバーは、自分の過去を人前にさらすのに抵抗がないのでしょうか?

 新澤さんにぶつけてみると「むしろ、『他の人の話が私より多く載っている』と怒られるくらいです」と笑顔で答えてくれました。

 それぞれが幼い頃から経験してきた話も、カルタの読み札に採用されています。中には、離婚や勘当などの原因になるとして、語られてこなかったものが少なくありません。

 「そんな誰かの体験を、ある種全員で『いじり倒す』。みんな『しょうがないな』と、良い意味で諦めているから排除もしない。すると体験の『色』が変わり、とげとげしかった筋書きが軟らかくなっていくんです」

 ちなみに絵札を作る時は、エピソードを寄せた人が下絵を描き、別のメンバーが着色するといいます。だから時には、絵柄と全く無関係な色に塗られてしまうことも。でも、そうした「ゆるさ」が、かえって「心の重荷」を軽くしてくれるのだそうです。

かるたの下絵に色を付けるハーモニーの女性メンバー

かるたの下絵に色を付けるハーモニーの女性メンバー

出典: ハーモニー提供

「心のつまずき」への反応

 新澤さんには、特にお気に入りの一枚があります。

(ら)「LINE鳴り 携帯見るが 通知なし」

出典: 「超・幻聴妄想かるた」から

 3年ほど前、都内の大学で開いた出張講義で、「自分の体験をかるたにする」という課題を出したところ、ある学生が作ったものです。

 友達からのメッセージを気にするあまり、携帯電話が鳴った気がしてしまう……。そんな、ストレスフルな心の状態を書いたのだといいます。

 「幻聴や妄想も、根っこは同じ。実は、誰しもが体験するかもしれない、ちょっとした『心のつまずき』への反応なんです」

 この言葉を聞き、私はハッとしました。思い当たる節があったからです。

 新人記者の頃、事件や事故の取材にかり出されることが多く、常に「上司から呼び出しがあるのでは」と身構えていました。就寝中、携帯電話が震えた感覚で跳ね起きたものの、着信履歴はゼロ……。そんな体験を、何度もしていたのです。

 縁遠かった幻覚の世界が、自分の人生と地続きであると思えた瞬間でした。

大学生が自分の体験を元に作ったかるた

大学生が自分の体験を元に作ったかるた

「幻覚って、小説みたい」

 12月上旬。世田谷区の駒沢大学で、ハーモニーが出張講義を開くと聞き、私も参加してみました。

 この日の課題は、かるたで遊ぶこと。出席した1年生約50人は、かるたにも、精神疾患にも、ほとんどゆかりがありません。冒頭、一人一人の表情は緊張気味に見えました。

 「12センチくらいの可愛い小人が、ぐるぐる走り回るのを見た」

 「誇大妄想から現実に戻ると、落差にがっかりする」

 メンバーが読み札を音読し、元になったエピソードについて語ると、だんだん和やかな雰囲気に。後半は、笑顔で絵札を取ったり、メンバーに話を聞いたりする学生の姿も目立ちました。

かるたの絵札をとり喜ぶ学生たち

かるたの絵札をとり喜ぶ学生たち

 「幻聴や妄想って、小説みたいで面白い。ネガティブなイメージだけで捉えるのはもったいないですね」。出席者の近藤なつきさん(19)は、そんな感想を持ったそうです。

 ちょっと迷惑だけれど、良い距離感を保てば、日々を彩ってくれる仲間。もしかしたら、幻覚とはそんなものなのかもしれません。

 かるたを通じて、一番伝えたいことは――。講義後、新澤さんに改めて問いかけてみました。

 「妄想を笑い合える環境があれば、心を病んだとしても、誰もが楽しく生きていける……かな。必ずしも真面目なやり方じゃないかもしれないけれど、続けていきたいですね」

駒沢大学での出張講義後、メンバーを囲み記念撮影する女子学生たち

駒沢大学での出張講義後、メンバーを囲み記念撮影する女子学生たち

出典: ハーモニー提供

人生を仕切り直すために

 生きづらさに潰れてしまいそうな人にとって、幻覚は、時に害となる現象です。でもうまく付き合えたら、自らの心のありようを受け止め、ともに過ごしてくれる。取材を通じ、私はそう思いました。

 ハーモニーのメンバーには、日々の生活の中で傷つき、居場所を無くした経験がある人も少なくありません。親や友達、職場の同僚や恋人。様々な人たちとの関係性の中で、心をむしばまれる瞬間は、誰しもに訪れる可能性があります。

 妄想や幻聴は、現れ方こそ特殊ですが、当事者にとって切実な経験が反映されています。それをあえて他人と共有し、客観視することで、人生の仕切り直しにつなげる。かるたの意義は、そんな所にあると感じました。

 自分が「心のつまずき」を体験した時、どう向き合うか。その問いを考えるための、すてきなヒントが、ハーモニーの取り組みに隠れているのではないでしょうか。

◇ ◇ ◇

 一般に、なじみが薄くなりがちな障害者の存在。でも、ふとしたきっかけで、誰もが当事者になるかもしれません。全ての人が、偏見や無理解にさらされず、安心して暮らせる社会をつくるには?みなさんと考えたくて、withnewsでは連載「#まぜこぜ世界へのカケハシ」を企画しました。国連が定めた12月3日の「国際障害者デー」を皮切りに、障害を巡る、様々な人々の思いを伝えていきます。

これ全然、他人事じゃない!「幻聴妄想かるた」がくれた生きる勇気
前へ
かるたのパッケージ=神戸郁人撮影
次へ
出典:「超・幻聴妄想かるた」から
1/13
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
さかなクン監修、リアルすぎるぬいぐるみ 雌雄の違いまでこだわりが
さかなクン監修、リアルすぎるぬいぐるみ 雌雄の違いまでこだわりが
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
使うほど富士山になる消しゴム 学生時代に発案、入社4年目で商品化
「娘の七五三は同じ髪型で」 2年かけて長髪にした父「大成功かな」
「娘の七五三は同じ髪型で」 2年かけて長髪にした父「大成功かな」

人気

もっと見る