MENU CLOSE

話題

581

今年も登場「純金ビッグカレンダー」 平成の暦が一面、価格は……

平成元年から平成最後の年となる来年の平成31年までの暦があしらわれた「純金平成ビッグカレンダー」=GINZA TANAKA提供
平成元年から平成最後の年となる来年の平成31年までの暦があしらわれた「純金平成ビッグカレンダー」=GINZA TANAKA提供

目次

 1892年創業の老舗貴金属店「GINZA TANAKA」は29日、平成元年から平成最後の年となる来年の平成31年までの暦を額一面にあしらった「純金平成ビッグカレンダー」を12月3日に発売すると発表しました。価格は税込みで198万円。過去には1億2500万円のカレンダーなど、趣向を凝らした「純金ビッグカレンダー」を毎年発表しているGINZA TANAKA。「今回はセットだけではなく1年ごとの販売もしています。多くの人たちに飾ってもらい、平成を振り返ってもらえたら」と話しています。

カレンダーは1年ごとの販売も予定=GINZA TANAKA提供
カレンダーは1年ごとの販売も予定=GINZA TANAKA提供

198万円で販売、1年ごとでも

 純金平成ビッグカレンダーに並ぶのは、純金5グラムを使用した横約8センチ縦11.5センチのカレンダー。平成元年から31年分の31枚と、購入者が写真や文字などをデザインできる1枚を合わせて計32枚のセットになっています。

 来年分は5月1日から新元号となりますが、1枚が12カ月一覧のタイプで、平成を振り返る意味も込めているので「平成31年」とだけ現行の表記をしています。

 カレンダーには誕生日や結婚記念日などの印をつけるカスタマイズが可能。セット販売だけではなく、各年のカレンダーも1枚5万2千円(税込み)で販売します。

暦部分には誕生日などの記念日に印をつけることが可能=GINZA TANAKA提供
暦部分には誕生日などの記念日に印をつけることが可能=GINZA TANAKA提供

過去には1億円カレンダー、今年は「手頃感」も

 「金で明るい話題を」と、2006年から純金や純プラチナなどの大型カレンダーを「販売」してきたGINZA TANAKA。純金12.5キロを使い、ディズニーキャラクターをあしらった2017年版は1億2500万円と、その大きさや価格が年末の風物詩となっています。販売実績は非公表ですが、売れた年もあるそうです。

 今回は平成最後のカレンダーということもあって、1年単位での購入もできるなど、過去の企画よりも「手頃感」を出した純金平成ビッグカレンダー。銀座本店のほか、横浜や仙台、名古屋、福岡など全国12の直営店で販売されます。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます