close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年10月15日

Q
ママチャリ、なぜ定番に?

「前カゴ」「嫁入り道具作戦」で大流行!ママチャリのルーツが面白い


  • 20318

子どもにも大人気のママチャリ。その進化史には、様々なエピソードが隠されていました。(1979年に撮影)

子どもにも大人気のママチャリ。その進化史には、様々なエピソードが隠されていました。(1979年に撮影)

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る
リクエストの内容

誰が「ママチャリ」を発明したのかを調べています。私は大阪で自転車屋を経営しています。仕事がらなぜこれほどまでに日本人はママチャリを選好するのか疑問に思っています。外国には前カゴや荷台が標準装備されたタイプの自転車の割合は極めて低く、各メーカーの主なターゲット層は男性です。日本のように女性用(ママ用)自転車が大勢を占めている国はありません。自転車博物館(堺市)の館長に尋ねると、逆にその分野を研究している人は日本に一人もいないのであなたが研究すべきだと言われました。調べると1960年年代前半の「ミニサイクル」と呼ばれる女性用自転車がママチャリの始祖にあたるというところまではすぐわかるのですが「いつ、誰が」「どこのメーカー」がというところまではわからないままです。古書や当時の資料をみても詳細は謎のままです。今ならまだ当時の開発に関わった方がご健在だと思いますので、ぜひ調査をお願いいたします。

203

2018年09月27日

 今や不動の人気を誇る「ママチャリ」。町中には、車体の前後にカゴを据え付け、買い物袋や子どもを運ぶ人たちがあふれています。「自転車といえばママチャリ」という認識は、どのようにして広がったのでしょうか?調べてみると、女性ならではの視点が大きく関わっていることが分かりました。実は奥深い、そのルーツをご紹介します。(withnews編集部・神戸郁人)

チャリ通学中の女性に嫌がらせ

 自転車博物館(堺市)によると、自転車が欧州から日本に伝わったのは幕末期です。大変な高級品で、当初は一部の富裕層が、娯楽用に購入する程度だったといいます。

 明治期には、荷物の運搬などに利用されるようになったものの、所有者の大半は男性。当時の自転車は「ダイヤモンド型」と呼ばれ、車高が高く、大きくまたいで乗るタイプが主流でした。比較的体格が小さい女性にとっては、運転しづらい形と言えます。

明治期以降に流行した「ダイヤモンド型」自転車に乗る郵便局員。サドルやハンドルを結ぶフレームの形が、ダイヤモンドのように見える。(1939年10月ごろ撮影)

明治期以降に流行した「ダイヤモンド型」自転車に乗る郵便局員。サドルやハンドルを結ぶフレームの形が、ダイヤモンドのように見える。(1939年10月ごろ撮影)

出典: 朝日新聞

 その上、家でつつましく暮らす「良妻賢母」が理想とされた時代性も相まって、女性用自転車の開発はなかなか進みませんでした。

 1909(明治42)年ごろ、通学に自転車を利用していた、ある女学生の手記が残っています。そこには、自転車に乗る女性への風当たりの強さが、赤裸々につづられていました。

「……其往復の時、種々な人から冷評冷罵を受けるのは随分残念で耐りませんでした。……『何うだい、高襟(はいから)は』だの『生意気な奴、どやしつけて遣(や)れ。面は覚えて居るぞ、帰りに見やがれ』杯と下等な男子が罵る」

(家と学校を往復するとき、色々な人から嫌がらせを受けるのが、悔しくて耐えられませんでした。「何だ、この西洋気取りは」「生意気な奴、どやしつけてやれ。顔は覚えているぞ、帰りは覚悟しておけ」などと、浅はかな男の子たちに悪口を言われます)

「……家の中から石を投げたり水を飛ばしたり、厭(いや)な厭な言葉を懸(か)けてはドツと一斉に笑ふのです。実に残念でたまらず、一々下りて剣突(けんつく)を食はして遣り度(た)いと胸は煎え返る程でしたが、我慢をして斯(こ)う云(い)ふ所は別して急いで風のように通って了(しま)いました」

(男の子たちは家の中から石を投げたり、水を飛ばしたりして、いやなことを言っては、一斉に笑うんです。悔しくてたまらず、自転車を降りて1人ずつしかりつけたいと、はらわたが煮えくりかえる思いでしたが、我慢して風のように通り過ぎてしまいました)

出典: 「輪界」1909年8月第12号(輪界雑誌社)

 一方で、自転車を乗りこなすはかま姿の女性が、広告に描かれることも。さっそうとしたイメージが人気を呼んだ側面もあったようです。

明治期に製作された染物屋のチラシ。長髪をなびかせ、自転車で疾走する乙女の姿が描かれている。

明治期に製作された染物屋のチラシ。長髪をなびかせ、自転車で疾走する乙女の姿が描かれている。

出典: 自転車文化センター提供

 こうした状況は、戦時中に武器の製造などに女性が動員され、その社会的地位が高まったことで、徐々に変化していきます。

「嫁ぎ先に一台」の時代が到来

 転機が訪れたのは1950年代です。オートバイの流行などで、それまで好調だった国産自転車の輸出量や販売数の伸びが鈍化。自転車業界では危機感が高まりました。

江ノ島近くの海岸に、大量のバイクと自転車が並んでいる。(1959年に撮影)

江ノ島近くの海岸に、大量のバイクと自転車が並んでいる。(1959年に撮影)

出典: 朝日新聞

 打開策となったのが、女性を巻き込むことでした。自転車文化センター(東京都品川区)によると、56年の女性用自転車の所有率は、全国平均で8.6%。各社はこの層に働きかけ、売り上げにつなげる戦略を描いたのです。

 先陣を切ったのが、当時、高いシェアを誇っていた山口自転車(現在は解散)でした。「美容や健康維持におすすめです」。魅力的な宣伝文句とともに、同年、女性用自転車の先駆け「スマートレディ」を売り出しました。

山口自転車が販売していたスマートレディ。それまでの車種よりタイヤが小さく、前にカゴを付けられる仕組みになっていた。

山口自転車が販売していたスマートレディ。それまでの車種よりタイヤが小さく、前にカゴを付けられる仕組みになっていた。

出典: 自転車文化センター提供

 画期的だったのは、従来は無かった、取り外し可能な前カゴをつけたことです。それまでは、自前で用意した買い物カゴを設置する人も多く、主婦層を中心に人気が爆発しました。

 乗りやすいよう、サドルやハンドルを低めにした点や、当時としては手頃な価格設定も話題に。注文が殺到したことから、他社も「嫁入り道具に最適な品」と銘打って、新製品の販売に乗り出しました。

人形や洗濯機とともに、嫁入り道具として購入されたスマートレディ。奥には花嫁衣装姿の女性が座っている。(1956年頃撮影)

人形や洗濯機とともに、嫁入り道具として購入されたスマートレディ。奥には花嫁衣装姿の女性が座っている。(1956年頃撮影)

出典: 自転車文化センター提供

 「『結婚する娘に一台ほしい』と、親御さんがひっきりなしに訪ねてきたよ」。大正時代から続く「サイクルショップアライ」(東京都荒川区)の3代目店主、新井茂さん(80)は、そう懐かしみます。

 新井さんによると、かつて同区には、自転車関連の工場がひしめいていました。部品の溶接などを分業し、生産に手がかかっていたため、高値がつくものも多かったそうです。自転車を嫁ぎ先に持ち込むと、「良家の娘」というステータスになったといいます。

 「嫁入り道具と言えば、和洋だんすや白物家電、そして自転車だった。まだまだ貧しい時代だったから、財力があると思われたい人が多かったんだろうね」

部品問屋に山積みされた自転車用のギアを管理する女性。(1952年撮影)

部品問屋に山積みされた自転車用のギアを管理する女性。(1952年撮影)

出典: 朝日新聞

かっぽう着で乗り方講習会に参加

 高度成長期に入ると、郊外型団地が増えます。多くの場合、敷地内の通路は狭く、駐輪場の大きさも限られていました。スーパーマーケットの普及などを背景に、生活圏が広がったこともあり、自転車にはより高い機能性が求められるようになりました。

 60年代には、より小型の「ミニサイクル」が登場しました。大きな前カゴや、サドルの高さを調節できるハンドルが標準装備され、見た目も現在の自転車とほぼ同じ。この時点で、ママチャリの原型が完成したと言えます。

初期のミニサイクル。サドルの高さを調整できたり、ライトや前カゴが備え付けられていたりといった、ママチャリの基本条件を満たしている。

初期のミニサイクル。サドルの高さを調整できたり、ライトや前カゴが備え付けられていたりといった、ママチャリの基本条件を満たしている。

出典: 自転車文化センター提供

 利用者を増やそうと、女性向けの乗り方講習会も、各地で開かれました。参加者の多くは、20~30代の主婦たちです。中には、かっぽう着姿で駆けつける人も。こうして、自転車は日常の足として受け入れられるとともに、女性を象徴するアイコンとなっていきます。

自転車講習会に参加する主婦たち。かっぽう着姿の女性も多い。

自転車講習会に参加する主婦たち。かっぽう着姿の女性も多い。

出典: 自転車文化センター提供

 61年に約126万台だった女性用自転車の生産台数は、88年になると約480万台に(自転車文化センター調べ)。共働き世帯が増える90年代には、電動アシスト自転車の販売が始まります。育児中のお母さんたちを中心に人気を呼び、製造はさらに盛んとなりました。

「Mamachari」は国際共通語

 ところで、ママチャリはなぜこれほど根付いたのでしょうか?同センター学芸員の谷田貝一男さん(67)は「交通手段の発展史にヒントがある」と語ります。

 谷田貝さんによると、自転車が生まれた欧州では、早い時期に自動車が普及。自転車はサイクリングといった、レジャーでの利用が一般的となりました。今も売れ線は、マウンテンバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプといいます。

フランスでは貸自転車の利用が広がっている。(2009年撮影)

フランスでは貸自転車の利用が広がっている。(2009年撮影)

出典: 朝日新聞

 日本の場合、交通網の整備が比較的遅く、近距離の移動手段として自転車の需要が高まりました。その結果、通勤や通学を始め、生活に密着した使い方がメインに。さらに、女性を購買層に取り込んだ結果、車体のカラーや装備も充実。ママチャリの誕生につながったのです。

 ここ数年は、海外でもママチャリ人気が高まっているといいます。スポーツタイプより安価で運転しやすく、子ども用のカゴやイスつきなのが好評だとか。イギリスやアフリカでは「Mamachari」の名前で親しまれているそうです。

イギリス・ロンドンにママチャリ専門店を開いた夫婦。

イギリス・ロンドンにママチャリ専門店を開いた夫婦。

出典: 朝日新聞

 「ママチャリは、女性の意見を採り入れることで、暮らしを豊かにする機能を獲得しました。世界的に見ても、多様性を備えた自転車だと思います」

 女性の視点を大切にし、独自の進化を遂げたママチャリ。どんな姿になっていくのか、これからも楽しみです。

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く


「前カゴ」「嫁入り道具作戦」で大流行!ママチャリのルーツが面白い
前へ
明治期に製作された広告。自転車に乗るはかま姿の女性が描かれている。
次へ
出典:自転車文化センター提供
1/12
前へ
次へ

コメント
15

あわせて読みたい

「仕事優先」は男らしさの刷り込み? 「父親のモヤモヤ」語ってみた
「仕事優先」は男らしさの刷り込み? 「父親のモヤモヤ」語ってみた
どん兵衛の空箱がサムライに変身 作者「着物の模様が思い浮かんだ」
どん兵衛の空箱がサムライに変身 作者「着物の模様が思い浮かんだ」
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
懐かしい!バブル時代の観光地みやげ 「キツネ」モチーフが多い理由
懐かしい!バブル時代の観光地みやげ 「キツネ」モチーフが多い理由
NEW
アイドルやめた元AKBの「その後」競争の果てに得た「人生の調達法」
アイドルやめた元AKBの「その後」競争の果てに得た「人生の調達法」
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR
1歳の娘、妻に任せ単身赴任 「取り返しのつかない時間失っている」
1歳の娘、妻に任せ単身赴任 「取り返しのつかない時間失っている」
NEW
「不謹慎狩り」の犯人は? 戦時中にあった...
「不謹慎狩り」の犯人は? 戦時中にあった...
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
NEW
猫3匹で漫才? 「なん」「でや」「ねん」な1枚、写真家に聞きました
猫3匹で漫才? 「なん」「でや」「ねん」な1枚、写真家に聞きました
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
Q&A

人気

もっと見る