閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年09月05日

「SCHOOL OF LOCK!」遠山さん、しんどい君へ厳選3曲

  • 5620

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

 「起立!礼!叫べー!!」でおなじみ、「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)の、とーやま校長(グランジ遠山大輔さん)は、人付き合いが苦手だった高校時代、音楽が居場所になっていたそうです。そんな遠山さんが、学生時代、救われた曲とは? そして、学校に行きたくないな、なんかしんどいな…そんなときに聴いてもらいたい3曲を厳選していただきました。

オススメの曲を探すお笑いトリオ、グランジの遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

オススメの曲を探すお笑いトリオ、グランジの遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影


居場所をくれた「音楽」

――遠山さんにとって音楽とは

 僕は人付き合いがそんなにうまい方ではなくて。高校のときも、「なんとなく話したいけど話しに行くのもつかれるし…」っていうときがあった。
 どこのグループにも属していなくて、いろんなグループに顔を出すってやつだったんですよ。そういうのって、深く付き合えていないってことだよな、っていまもたまに思うんですけど。
 
 そんなとき、音楽とお笑いの存在が大きかった。そこだったんですよ、僕の居場所は。

――居場所だったんですね

 60分のカセットテープに、登下校用の、いまでいうプレーリストを夜な夜なつくってて、今日はこれ、明日はこれ、というように気分に合わせて持って行って携帯音楽プレーヤーで聴いていた。それが心地がよかった。

――それを聞いている間は人付き合いから離れて楽になれる?

 そうっすね。

 音楽でつながった友達もいます。ある日、それまで2人でしゃべることがなかった子が、携帯音楽プレーヤーを持っていたので、「何聴いてんの」となんとなく話しかけたら、まったく同じ曲を聴いてたんですよね。
 「えっ」てなった。そういうのも、いま思えば居場所をつくってくれたのかなと思う。

 その友達がつくってくれた居場所でもあるし、そのアーティストがつくってくれたものでもあるし。

 ミッシェル・ガン・エレファントがめっちゃ好きです。高校3年の秋に3枚目のアルバム「チキン・ゾンビーズ」が出ました。
 僕はそれをフラゲで手に入れていて、その音楽の友達と「うちでちょっと聴こうよ」と一緒に聴きました。
 でも、2曲目のイントロで、その友達が「ちょっとまって、これ止めて。これ自分で買うわ。もったいなすぎる」と。

 21年経ってもいまだにその光景を覚えてるんですよ。好きだから聴きたいのに、それを「止めて」ってすごい行為じゃないですか。自分でちゃんと買って聴きたいからって。
 それくら熱量があつまったアルバムを好きな自分も誇らしいと思えるし。

――音楽は自分を認めるものでもある

 そうですね。
 その友達はいまでもツイッターフォローしたりしていて、投稿をみると、いまだにおしゃれな音楽を聴いたりしていることがわかって、「あーこんな曲聴いてるんだ」とか思います。

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

――しんどい10代に聴いてほしい曲3曲厳選してもらいたのですが

【奥田民生「人の息子」(作詞・作曲 奥田民生)】



手を抜いてもいいんだよ

 奥田民生さんは、中2からずっと大好き。
 奥田さんはこの曲を作ったときまだ30歳なんですけど、「おれなんかもう年だから、あとは若い世代の君たちの活躍に期待しているよ」っていう曲だと解釈しています。

 曲のはじまりが「手を抜け気を抜くな」。
 最初は俺、「これどういう意味なんだろう」って思ったんだけど、年を重ねれば重ねるほど、すごい言葉だなと思ってきて。

 「手を抜くな」ってみんな言うじゃないですか。でもそうじゃなくて、「手を抜いてもいいんだよ」と。まあ民生さんの生き方でもあると思うんですけど。

 常に気を張りすぎてたら思ったもの出せないし。根本さえちゃんとしっかりしていれば、他のところは別に楽しく緩くやって良いし、ってことなのかなと思った。

 民生さんにそう聞いても多分「そんな深い意味はないよ」って、かっこよくさらっと言うと思うんですけど。

――めちゃ好きなんですね

 めっちゃ好きっす。最高なんですよ。ほんっと聴いてください。素晴らしいです。人柄も。発売日は1995年の5月21日です。
 
――発売日も覚えてるんですね。やばい

 ははははは!そのへんのやつ僕全部数字覚えちゃってるんで。
 思春期のとき、自分の好きな人のCDのリリースの日を。待ちわびてたっていうのもあるんですけど。

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん=東京都新宿区、池永牧子撮影

えーどうしようなんだろうな

――他にもありますか

 ちょっとiPodみてもいいですか。いや、あるんすよたくさん。
 えーどうしようでも、民生さんと、えーどうしよう。ちょっと待っててください。
 えーどうしようなんだろうな。
 あ、じゃあこれで。

【ASIAN KUNG-FU GENERATION「橙」(作詞・作曲 後藤正文)】



断言したらそんな適当なことってないですから

 「涙が落ちて海に注いで何時しか空まで戻るよな」という歌詞が、すごく好きなんですよ。
 ごっちさん(作詞作曲を担当している後藤正文さん)もシニカルでクレバーな方ですが、こんなロマンチックな歌を歌うんだなと思って…そういうところも好きなんですけど。

 歌詞は、まさにその通りです。僕が言うと恥ずかしいんですけど、「悲しい」とか「悔しい」という感情の涙が落ちて、海にわたって、それがいつしか蒸発して虹になると。
 明日なのか何年後になるのかわからないけど、悔しい涙や悲しい涙は、その先にちゃんと、自分や誰かを素敵な気持ちをさせるものに「させるんだよ」と言い切っているのではなく、そうなるように祈っているという歌だと思っています。
 「素敵な気持ちにさせる」と、断言したらそんな適当なことってないですから。

【真心ブラザーズ「明日はどっちだ!」(作詞・作曲 YOーKNG)】



後輩芸人が引きこもりから脱却した

 これ最高です。全部最高です。

 2001年発売のアルバムに入っていて、そのときによく聴いていた。
 「おれはまだ死んでないぜ」って歌っているんですけど、(それに続く歌詞では)頭の中でハエがぶんぶん「お前はだせえよ終わってるよ」っていってる。だけど、サビでそれを「うるせえ」と蹴散らす歌だと解釈しています。

 ずっと好きで聴いてたんですけど、後輩で怪獣(元・少年少女)の坂口(真弓)って女芸人も真心ブラザーズが好きで。

 坂口は10代の時ひきこもりで、学校行かずにマンガばっかり描いていた。で、あるとき、「これまずい」「この人生まずい」ってなったときに、坂口もお笑いが好きだから、吉本(吉本興業)の養成所に入る決心をする。
 でも、いざ入学式になって電車乗っていこうとするんだけど、外に出るのも久しぶりだし人と話すのもめちゃめちゃ久しぶりで「行けるの?わたし」ってなったんですって。
 でも電車は進んでいるし…でも勇気はないし…ってときに、携帯音楽プレーヤーにこの曲が入ってて。歌詞にあるように、「うるせえ」って自分を奮い立たせて向かったんですって。
 その話をきいて、「うわ、すごい話だ」と思って、次の日だったと思いますが「SCHOOL OF LOCK!」の放送で、その曲と話を紹介した。

 それも結局、坂口は真心ブラザーズに助けられたんですよね。
 その場は見てないけど、電車で震えている坂口も見えた。

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にとーやま校長として出演中の遠山大輔さん

TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にとーやま校長として出演中の遠山大輔さん

出典:TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」ホームページより

自分一人じゃ無理なときもある

――前を向ける曲が多いですね

 そうですね。

――前って向かないといけないんでしょうか

 全然向かなくっていいすよ。でも、人生で何回かは、全勢力振り絞って向かないといけない瞬間があります。人によって回数は違うけど。
 
 そのここぞというときは、自分一人じゃ無理なときもあると思うんで。

 何かしらの力を借りる内の一つに音楽は、大きいと思います。

 ◇ ◇ ◇ 
 とおやま・だいすけ 1979年生まれ。TOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(スクール・オブ・ロック!)のパーソナリティー。「とーやま校長」の愛称で中高生リスナーから支持されている。お笑いトリオ「グランジ」の一員。39歳。


 

 withnewsは4月から、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou」を始めました。日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけて発信していきます。以下のツイートボタンで、みなさんの生きづらさも聞かせてください。


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

 

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト

学校がしんどかったあの有名人 中川翔子さん・千原ジュニアさん…
前へ
「これは中2ぐらいかな? 本当に中学が嫌すぎたみたいで、成人式のとき地元を歩いてみたんですけど、中学だけ場所が分からなくなって、たどりつけなかった」と話す中川翔子さん=ワタナベエンターテインメント提供
次へ
1/9
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る