MENU CLOSE

連載

3981

#8 金正男暗殺を追う

<金正男暗殺を追う>1週間前の一人旅、誰にも告げずリゾートの島へ

金正男氏(右)は2017年2月8日、マレーシアの首都近郊の空港から、同国北西部のランカウイ島へと移動した=関係者提供
金正男氏(右)は2017年2月8日、マレーシアの首都近郊の空港から、同国北西部のランカウイ島へと移動した=関係者提供

目次

 金正男(キム・ジョンナム)氏が、殺害現場となるマレーシアに入ったのは、殺害される1週間前のことだった。友達に「忙しくなりそう」と語り、ほぼ1人で行動した正男氏は、周りに行き先を告げぬまま、ある島を訪ねていた。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知)

荷物はバッグ一つだけ

 2017年2月6日、正男氏は自宅のあるマカオから、マレーシアの首都クアラルンプールに移動した。アジア各地を格安で結ぶエアアジア社のAK8321便。クアラルンプール国際空港に着陸する頃には、すっかり日が沈んでいた。

 空港に着いた正男氏は、珍しく1人だった。いつも傍らにいる交際女性の姿はなかった。愛用のスーツケースも見当たらず、手荷物は黒いバッグ一つだけ。薄手のジャケットにジーパンを合わせた軽い身なりは、短い旅を思わせた。

 渋滞の幹線道路を1時間ほど走り、クアラルンプール中心部のホテルへ。近くの繁華街で簡単に夕食を済ませ、床に就いた。 

マレーシアの首都クアラルンプールで2017年2月6日夜、夕食を終えてホテルに戻ってきた金正男氏=関係者提供
マレーシアの首都クアラルンプールで2017年2月6日夜、夕食を終えてホテルに戻ってきた金正男氏=関係者提供

相席者を驚かせた一言

 7日も正男氏はクアラルンプールにとどまった。夕方にはホテルで日本料理を楽しんだ。

 食事中、正男氏は「あなたの人生は幸せですか?」とつぶやき、相席者を驚かせた。悩みがあるような口ぶりだったが、多くは語らなかったという。

 また別の友人には、こう告げている。「明日から少し忙しくなりそうだ」「(4日後の)週末には落ち着くと思う」。マレーシアに入ってもなお、予定が固まっていない様子だった。

マレーシアの首都クアラルンプールの中心部。金正男氏が殺害される1週間前に利用したホテルや飲食店が並ぶ=乗京真知撮影
マレーシアの首都クアラルンプールの中心部。金正男氏が殺害される1週間前に利用したホテルや飲食店が並ぶ=乗京真知撮影

ひっそり訪ねたリゾート

 翌8日朝、正男氏はホテルを発った。黒いバッグを右肩にかけ、空港の第2ターミナルを歩いていたことが、監視カメラの映像から判明している。

 このとき正男氏が乗った飛行機は、国内線のAK6302便。行き先は、マレーシア北部の離島「ランカウイ島」だった。

 広大な海とマングローブの森に囲まれたマレー半島屈指のビーチリゾートで、正男氏はいったい何をしていたのか。その謎は、後の捜査で明らかになっていく。

     ◇

【ランカウイ島】マレーシア北西端のタイ国境に近い東西30キロほどの島。古い地層や鍾乳洞などの特殊な地形で知られ、2007年には東南アジアで初めてユネスコの地質遺産(世界ジオパーク)に登録された。海辺のホテルやマリンスポーツが世界中の観光客を引きつけている。2018年5月の総選挙では、マハティール元首相がランカウイ島の選挙区で当選。自身が率いる野党連合が勝利したことで初の政権交代を成し遂げ、首相に返り咲いた。

青く透き通った海に囲まれたランカウイ島には、世界中から大勢の観光客がやってくる=ロイター
青く透き通った海に囲まれたランカウイ島には、世界中から大勢の観光客がやってくる=ロイター

連載 金正男暗殺を追う

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます