閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年07月19日

スマホ片手に一人で食事、寂しい? 漫画で問い直す「思考の物差し」

  • 23330

1人で食事する女の子を見て、「ちょっと寂しいな」と思う母親ですが……

1人で食事する女の子を見て、「ちょっと寂しいな」と思う母親ですが……

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 フードコートでの実体験を元に描かれた漫画が、「考えさせられる」とツイッター上で評判です。スマートフォンを片手に、1人で食事する人を見て、「寂しい」と感じる主人公。でも実際は、自分の価値観がそう思わせているだけかもしれない……。目に見える世界が全てなのか?そんな問いに迫った作者を取材しました。

外見上は分からなくても……

 『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』というタイトルの漫画は、6月28日に公開されました。

出典:すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 登場するのは、休日に子どもとフードコートを訪れた母親。ご飯を食べていると、スマホの画面を見ながら、1人で食事をする女の子に目がとまります。

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 母親は「スマホを見ながらご飯を食べている姿は、ちょっと寂しいな」と感じた直後、ふと思い直します。

 「わたしいま、視野狭くなかった?」

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 もしかしたら女の子は、友達とメッセージを送り合っているのかもしれない。だとしたら、誰かと楽しく食事するグループと、何が違うのだろう?外見上は分からなくても、スマホの中に広がる世界があるのでは、と母親は考えます。

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 「スマホでできることは増えたけど、実際に何をしているのかは周りに見えづらい」「インターネットが普及し、世界の広がり方・他人とのつながり方は変わりつつある」。そう分析した後、母親は「見た目で物事を判断しがち」という現状に気付きます。

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 「新しいものは『少しこわい』」。だから、インターネットのテクノロジーを一般化するためには、ネット上に広がる世界を、現実と同じように可視化する必要があるのかもしれない。作品は、そんな結論で閉じられます。

 投稿には10万件を超える「いいね」がついた他、約5万5千件のリツイートがされました。読者からは「ほんとに分かる」「自分も柔軟に物事を考えたい」といったコメントが寄せられています。

考えたことの「答え合わせ」したい

 作者は大阪府在住で、フリーランスのデザイナー・イラストレーターとして活動する、すぴかあやかさん(@spicagraph)です。漫画を描いた経緯や、どんな思いを込めたのか聞きました。

 ――実体験を元に、作品を手がけたそうですね

 今年初め、息子と地元のフードコートを訪れた時の出来事です。私は何かについて印象を持ったとき、「今なぜそう思ったんだろう」と考えるようにしています。今回の漫画も、「私はこんな結論に至ったのだけど、どう思う?」と答え合わせをしたい気持ちから描きました。

 ――「人の行動は見た目だけで判断できない」といったメッセージが込められているように感じました

 誰かの考えを曲げようといった、大それたことは思っていません。ただ私自身、経験したことしか想像できない人間なので、自分が体験していない人の話はとても興味深く、参考になります。そのため、感じたことや考えたことを、目に見える形で発表しました。

 ――デザインなどで工夫した点は

 漫画には黄色と黒を使用しています。これは黄色が「女性らしくも男性らしくもない色」だからです。人物の肌や髪の色も、見る人の想像に任せています。自分以外の人間の造形を詳しく描かなかったのは、バイアスを極力取り除くためです。

人は「自分の物差し」を持っている

 ――読者の書き込みを元に、『多かった反応について』というイラストも投稿していますね

 コメントについて、私の見解を述べておこう、という気持ちで描きました。

『多かった反応について』

『多かった反応について』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

『多かった反応について』

『多かった反応について』

出典: すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター

 ――「人は自分の尺度で他人の幸福を測ってしまうもの」といったコメントが寄せられています

 本質的ですね。気をつけないと、「自分の知っている物差し」だけで、目の前の出来事を測ろうとしてしまう人は多いと思います。

 ――一方、食事のマナーと結びつけて、作品を解釈する人もいました

 「1人で食事をするのは寂しいのか」「食事をしながらスマホを見るのは行儀が悪いのでは」という反応もいただきました。まさに「みんなが持っている自分の物差し」だと思います。すぐさま「行儀が悪い」と判断する前に、少し考えよう、というのが私の結論です。

 ――漫画への反応を、創作活動や実生活にどう生かしていきたいですか

 今回は、非常に好き嫌いの分かれるモチーフだったと考えています。中には攻撃的なリプライもありましたが、描いたことは後悔していません。しかし、自分の本意でない伝わり方で誰かを傷つけてしまわないよう、表現に配慮していこうと思っています。

スマホ片手に一人で食事、寂しい? 漫画で問い直す「思考の物差し」
前へ
『フードコートで「テクノロジーに見た目が追いつかない」と思った話』
次へ
出典:すぴかあやかさん(@spicagraph)のツイッター
1/20
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る