MENU CLOSE

連載

233541

#1 ネットの話題フカボリ

『言い出しづらい人』のわかりみが深い 漫画作者「実体験を描いた」

やもやした気持ちを描いた漫画が、ツイッター上で話題です。

漫画『言い出しづらい人』の一場面
漫画『言い出しづらい人』の一場面 出典: 反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんのツイッターより

目次

 「ダブったので、よければ差し上げますよ」。会社の部下に言われて心待ちにしているのに、もらえる気配がない。でも、こっちから催促できないし……。そんなもやもやした気持ちを描いた漫画が、ツイッター上で話題です。「同じような経験があまりに多いので、これはもう『漫画にしろ』というお達しなのかと思って」と話す作者に聞きました。


“のびねこ”あげます


 今月23日にツイッター投稿された画像。オフィスでパソコンに向かっている木ノ下部長に、部下が声をかける場面から始まります。

漫画『言い出しづらい人』(1ページ目)
漫画『言い出しづらい人』(1ページ目) 出典: 反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんのツイッターより
漫画『言い出しづらい人』(2ページ目)
漫画『言い出しづらい人』(2ページ目) 出典: 反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんのツイッターより
漫画『言い出しづらい人』(3ページ目)
漫画『言い出しづらい人』(3ページ目) 出典: 反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんのツイッターより
漫画『言い出しづらい人』(4ページ目)
漫画『言い出しづらい人』(4ページ目) 出典: 反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんのツイッターより


 この漫画に対して、「この心がすれ違う感じすごいわかる」「どっちも言い出しづらい人だったってオチ好き」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万3千、いいねは4万を超えています。

作者に聞きました


 描いたのは、ツイッターで話題の漫画『JKと捨て子の赤ちゃん』(KADOKAWAから第1巻書籍化)や、『先生のやさしい殺し方』(スクウェア・エニックスから既刊2巻)で知られる反転シャロウ(@sharoh_hanten)さんです。

 今回の漫画を描こうと思ったきっかけについて、こう話します。

 「仕事で交流のある方に、こういった口約束をされては忘れ去られることがありました。あまりに多いので、これはもう『漫画にしろ』というお達しなのかと思って描きました(笑)」

 作中には、自らの経験や感じたことが反映されているそうです。

 「言われた時はとても嬉しくて、心待ちにしているのですが、すっかり忘れられてしまうんですよね……。仕事相手で、なおかつ善意故に催促もできないという、まさにこの漫画の部長さんと同じ気持ちです」

 物語のその後については「後日、部長さんは無事シークレットを発見しました」とのこと。現実と違ってハッピーエンドだそうです。

 話題になったことについては、「作中アイテム“のびねこ”に意外と興味を持っていただけたことが嬉しいです」と話していました。

連載 ネットの話題フカボリ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます