close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月23日

古老たちのロマン、42年前のタイムカプセル探し 重機使って大捜索


  • 8426

2度目のタイムカプセル探しは重機を使っての大発掘=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

2度目のタイムカプセル探しは重機を使っての大発掘=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

最新ニュースを受け取る

 「忍者の里」で知られる三重県伊賀市で、40年以上前に埋められたとみられるタイムカプセルを一目見ようと、地元のお年寄りたちが発掘作業を繰り返しています。2度挑戦して、見つかりませんでしたが、「生きているうちに見たい」として、この秋にも「三度目の正直」を狙います。(朝日新聞伊賀支局記者、燧(ひうち)正典)

1度目の掘り出しは、そばの木が生育して根を張っているのが分かり、途中で断念=3月4日

1度目の掘り出しは、そばの木が生育して根を張っているのが分かり、途中で断念=3月4日

出典: 朝日新聞

臆測飛んだ埋設時期

 事の始まりは、昨秋ごろでした。伊賀市中心部にある上野愛宕町の自治会の集まりで、複数の古老が「昔、近くの神社にタイムカプセルを埋めた」と話し、盛り上がりました。

 ただ、当初は時期も経緯もはっきりせず、「50年前だ」、「竹下内閣がばらまいてくれた『ふるさと創生1億円』を使った30年ぐらい前」などと臆測が飛び交いました。

 今年3月、神社で作業を行う直前、住民宅に記録が残っていることが分かります。それによると、昭和天皇の在位50年を記念して1976年に埋め、100年後に掘り出す想定でした。

 住民が境内をシャベルで掘ると、すぐにシートが露出。「子供らの写真や人形を埋めた気がする」と目を輝かせる住民もいましたが、その後は作業が難航。カプセルと思われる直径1メートルほどの土管が出ましたが、木の真下にあり、掘り起こせませんでした。

 それでも願いが通じたのか、別の住民宅で埋没状況の図面が見つかりました。地下約2メートルにコンクリート管を置き、その中に直径50センチ、高さ92センチのつぼを入れて埋めていたそうです。

カプセルを埋めた状況を示す図面

カプセルを埋めた状況を示す図面

出典: 朝日新聞

再チャレンジ5時間、出土品は…

 4月、2度目の発掘作業では、造園会社の重機も投入して5時間にわたり格闘。コンクリート管の中に住民が入ると、埋没当時のものと見られる菓子袋やコーラ瓶、今は使わない「一級」の表記がある日本酒のカップなどが出土し、期待が高まりました。

 しかし、約5時間にわたって人の背丈ほど掘っても、つぼは見つからず。結局、この日も作業を断念しました。

記録文書通りに出てきたコンクリート管=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

記録文書通りに出てきたコンクリート管=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

出典: 朝日新聞

 それでも、タイムカプセル探しを巡って交流を深めた住民からは、笑顔がこぼれていました。

 一度は「100年後に掘り出す」という埋没当時の計画通り、今から58年後の2076年の後世に託そうという声が上がりました。

掘り起こし会場ではうどんの振る舞いもあって住民らが交流した=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

掘り起こし会場ではうどんの振る舞いもあって住民らが交流した=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

出典: 朝日新聞

今秋に「最終決着」へ

 ただ、お年寄りらからは「やはり見たい」と要望が相次ぎました。記録では「地下約2メートルにコンクリート管を置き…」とあります。地表そばにあった管にはビニールシートが貼られていたので「出てきたのは防水用で、2メートルほど下にさらにもう一つ管があるかも」とみています。

 さらに最近新たに見つかった文書によると、写真や寄せ書き、商店の売り出し広告などが埋められている模様で、「不開壺」との記述もあります。「開壺人は誰で、どんな気持ちでされるかはそれはわかりませんが、収納物が変質変化なく原姿のままで保存されることは確実です」などと記されていました。

住民宅で新たに見つかった文書。「不開壺」と記されている

住民宅で新たに見つかった文書。「不開壺」と記されている

出典: 朝日新聞

 自治会では神社の工事にあわせた今秋に「最終決着をつける」ことにしました。

 自治会の幹部は「あるなしも含めて今度こそ白黒をはっきりさせる」と意気込み、重機のオペレーターなど協力者や作業に充てる寄付金も募っています。

 まるで伊賀忍者の術のように、隠れ続けているタイムカプセルは有りや無しや。住民の思いがこもった埋蔵品は、果たして掘り起こされるのでしょうか。ロマンが尽きません。問い合わせは地元の銭湯「池澤湯」(0595・21・4606)へ。

コンクリート管の中に入ってつぼを探す参加者=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

コンクリート管の中に入ってつぼを探す参加者=4月8日、三重県伊賀市上野愛宕町

出典: 朝日新聞

図面あるのに、実物は…タイムカプセル捜索 各地は埋めたり開けたり
前へ
1度目の掘り出しは、そばの木が生育して根を張っているのが分かり、途中で断念=2018年3月4日
次へ
出典:朝日新聞
1/15
前へ
次へ

コメント

あわせて読みたい

<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
「社会科=暗記」世代の悲しみ……AIで写真カラー化、チリジョブーム
「社会科=暗記」世代の悲しみ……AIで写真カラー化、チリジョブーム
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
小2がビニール傘をアートに 油性ペンでスプラトゥーンの武器を意識
小2がビニール傘をアートに 油性ペンでスプラトゥーンの武器を意識
NEW
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
カモシカ=牛の仲間だったんだ… 「誰が鹿や」菰野町ポスターが話題
カモシカ=牛の仲間だったんだ… 「誰が鹿や」菰野町ポスターが話題
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
Q&A
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
「夜間中学」に増える外国人生徒 そこは、義務教育の最前線だった
「夜間中学」に増える外国人生徒 そこは、義務教育の最前線だった
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR

人気

もっと見る