閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月02日

亡き母の思いが詰まった結婚ドレス、45年経て日傘に 娘の思いとは?

  • 83783

思い出のウェディングドレスをリメイクして日傘に

思い出のウェディングドレスをリメイクして日傘に

出典: かさはな提供

 45年前の結婚式で自らが着たウェディングドレス。大切にしまい続けてきた品を、日傘にリメイクしてもらった女性がいます。デザインから生地まで母が選んでくれて、母の友達が縫製してくれた思い出のドレス。なぜ日傘に作りかえたのか? 手がけた職人の思いは? 詳しく話を聞きました。

女性から預かったウェディングドレス。これをリメイクして日傘に

女性から預かったウェディングドレス。これをリメイクして日傘に

出典: かさはな提供

まっ白な日傘


 先月下旬、ツイッターに投稿されたまっ白な日傘の画像。そこにはこんなコメントが添えられています。

 45年前に着られたウェンディングドレスの傘を作らせていただきました。

 正直 生地幅も厳しかったのですが お客様のどうしても……!の声に心を動かされ 承りました。

 レースをたっぷり使い 素敵な傘に 喜んでいただけて光栄です

 この投稿に対して、「これぞ職人魂」「依頼者の喜ぶ顔が目に浮かぶよう」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万7千、いいねは4万7千を超えています。


新聞のチラシを見て


 日傘の画像を投稿したのは、大阪市の傘専門店「かさはな」の時田さゆりさん(55)です。

 オリジナル傘だけでなく、着物をリメイクした傘やアーティストとコラボした傘なども手がけています。

 かさはなを立ち上げた理由について、こう説明します。

 「昭和の中頃まで、高級な傘は手作りが中心で、古くなっても修理して長年愛用するという文化がありました。最近では海外製の安い傘の台頭もあって、使い捨ての意識が広まり、傘職人の数も少なくなりました。こういう時代だからこそ、安心して長く使ってもらえる本当に良い傘を作りたいと思ったんです」

 昨年11月、関西にある百貨店の催事に出店していた時田さん。京都府内に住んでいるという女性(68)が、ウェディングドレスを手にブースを訪ねてきました。

 「着物を傘に仕立て直せると聞いて来ました。このドレスを日傘にしていただけないでしょうか」

こちらは着物をリメイクして傘に

こちらは着物をリメイクして傘に

出典: かさはな提供

「どうしても傘に」


 数年前から、百貨店や呉服店などを何店も回ってきたという女性。行く先々で断られたそうです。

 半世紀近く前のドレスは、現在のようなフワッとしたシルエットではなく、長いワンピース風だったため、傘の生地を確保できないと判断されたのです。

 ドレスを見た時田さんも、こう言いました。

 「やっぱり生地幅がとれないと傘は厳しいです。バッグなどにリメイクすることは可能ですよ」

 しかし女性は「どうしても傘にしてほしい」とこだわりました。

 いったん断った時田さんですが、後日改めて「ドレスを預からせてください。できるかどうか考えます」と引き受けました。

竹の持ち手部分も日本製にこだわりました

竹の持ち手部分も日本製にこだわりました

出典: かさはな提供

思い出のドレス


 女性が持ってきたドレスは、今は亡き母が選んであつらえてくれたもので、女性の妹も結婚式で着たものです。

 デザインから生地まで母がこだわって、友人に縫製を依頼して作ってもらったといいます。

 なぜ傘にリメイクすることにこだわったのか? 女性はこう話します。

 「何十年もタンスの中にしまっていました。広げる機会もほとんどなかったので、持ち歩けるものにしたかったんです。傘であれば、広げた時に母が見守ってくれている気持ちになるんじゃないかと思って」

 依頼を引き受けた時田さんがまず取り組んだのは、ドレスの縫い糸をほどくこと。着物は手縫いのことが多いため、比較的ほどきやすいそうですが、このドレスはミシンでしっかりと縫い付けてありました。

 「ほどくのは専門家にお願いしていますが、今回はリメイクできるかどうか確証がなかったので自分で作業しました。ここが一番大変でした」

 ドレスを8枚の生地に切り分けて、それをつなぎ合わせて傘にすることに。懸念していた生地の不足分については、先端部分にレースを付け足すことでクリアしました。

生地の不足分については、先端部分にレースを付け足すことでクリアしました

生地の不足分については、先端部分にレースを付け足すことでクリアしました

出典: かさはな提供

縁起のいい傘


 生地に撥水加工を施し、持ち手部分には名前も刻印。

 依頼から約5カ月後、日傘として女性に引き渡されました。

 受け取った女性の第一声は「わぁ、なんてキレイなの」。

 もったいなくて使えない、とも思いましたが、どんどん使った方が母も喜んでくれると考え、4月28日に初めて使いました。

 「夫にめでたいことがあって、そのお祝いの日でした。母も一緒に見守ってくれているみたいで、縁起のいい傘だなぁとうれしくなりました」

 お祝いを企画したのは女性の娘夫婦。母にとっての初孫で、とてもかわいがっていただけに、不思議なつながりを感じたそうです。

 また、その日は、リメイクを手がけた時田さんが「昨日ツイッターに傘のことを投稿したら、とっても話題になってるんですよ」と電話をかけてきた日でもありました。

 今回の出来事について、時田さんはこう振り返ります。

 「引き受けるかどうか悩みましたが、こういう機会をいただけたことに感謝しています。世界にひとつだけの、物語のある傘をこれからも作り続けていきたいです」

亡き母の思い出が詰まったドレス、45年を経て傘に
前へ
45年前の結婚式で着たウェディングドレスをリメイクして日傘に
次へ
出典:かさはな提供
1/29
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る