閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年03月21日

忍者の「リアルな一面」外国人に発信「ステレオタイプでなく新鮮」

  • 1318

通訳・翻訳会社の「テンナインコミュニケーション」が主催した忍者教室の実演シーン

通訳・翻訳会社の「テンナインコミュニケーション」が主催した忍者教室の実演シーン

 外国人にとって、日本のイメージの一つである「忍者」。アニメなどでは奇想天外な忍術が目立ちますが、2月に都内であった外国人向けの忍者教室では、情報収集が大きな仕事という「リアルな一面」も紹介されました。参加者からも「ステレオタイプな忍者ではなく新鮮だった」と好評だったこの教室は、日本を訪れる外国人が増え続けるなか、「日本の伝統文化を正しく外国人に伝えたい」という主催者の思いがありました。

忍者のずきんをかぶって雰囲気を体験する外国人たち

忍者のずきんをかぶって雰囲気を体験する外国人たち

忍者の役割、丁寧に解説

 「ニン・ニン・ニン」の語呂に合わせた2月22日の「忍者の日」に開かれた忍者教室。集まった10数人の外国人たちは、忍者による刀の実演などを観賞。さらに手裏剣やチャンバラなどの体験もしました。

 この教室は通訳・翻訳会社の「テンナインコミュニケーション」(東京)が開催しました。実演したのは「あすと流忍者」と名乗り、忍者教室・忍者ショーを手がけている「アストアクションスクール」。忍術鑑賞の前には、あすと流忍者の責任者が「忍者の実際の仕事は、暗殺ではなく情報収集です」などと、史実に沿って紹介。また武士と忍者の刀の違い(武士は斬る、忍者は刺す)、女性忍者「くのいち」などを含め、忍者たちが演じる忍術も一つ一つ解説していきました。日本語解説の後に、「テンナインコミュニケーション」による英語の通訳も丁寧に行われました。

 教室に参加した来日14年のエジプト人女性、インジーさん(33)は「忍術の動作が力強く、身近で見てその呼吸、動きの風も感じられ、とてもよかった」。三重県の忍者屋敷を訪れるほどの忍者ファンで、「実在の忍者がいれば、『絶対会いたい』」と話しました。

「あすと流忍者」による刀の実演

「あすと流忍者」による刀の実演

アメリカでは忍者人気が高く、しかしハリウッド流

 アメリカのテキサス州から来たジョンさん(27)とミネソタ州から来たエアレンさん(28)によると、アメリカでも忍者は有名です。ただし、それは「ハリウッド流」になっていて、「日本は本格的」と感想を口にしました。

 エアレンさんはアメリカで人気の忍者作品を紹介してくれました。一つ目はThree Ninjas (日本語訳『クロオビキッズ』)という映画です。アメリカでは大ヒットして、4作も作られたシリーズ映画ですが、かなりアメリカ流にアレンジされた作品です。

 二つ目はAsk a Ninja(日本語訳『忍者に聞け』)というコメディーですが、これもかなりアメリカ風の忍者です。

 2人とも、アメリカでのイメージとは異なった「本物」の忍者に出会い、満足している様子でした。特にエアレンさんは、「これまで剣を握ったことがありますが、手裏剣を使ったことがなかった。実際に体験できて素晴らしかったです」と絶賛しました。

忍者による野菜カッティングのパフォーマンスも外国人に大人気

忍者による野菜カッティングのパフォーマンスも外国人に大人気

「ステレオタイプではなく、新鮮だった」

 ベルギー出身のスティーブさん(31)はネットで情報を知り、忍者教室に参加しました。アニメが好きで来日したスティーブさんは、ベルギーにいた頃から忍者を知っていたそうですが、今回の教室は「ステレオタイプな忍者ではなく、新鮮だった」。これまで「殺し屋」というイメージが強かったそうですが、情報収集が忍者の仕事と知り、驚いたそうです。
 
 語学学校の先生をしているイギリス出身のスティーブンさん(37)も、忍者のパフォーマンスとともに、解説部分も満足した様子でした。

 「教室で忍者たちは、色々な技を見せてくれました。そして解説が非常に面白く、忍者の服装や任務の目的も理解しました。戦うイメージだけではなく、逃げるための忍術もあることを初めて知り、とてもよかったです」

外国人受講者たちの忍者体験のシーン

外国人受講者たちの忍者体験のシーン

日本の伝統文化を正しく外国人に伝える

 今回の忍者教室を担当した松本匡史さんに、外国人相手ならではの工夫について聞きました。松本さんが大切にしているのは、「日本の伝統文化を正しく外国人に伝える」という点です。

 「冒頭でまず忍者とは何かを説明し、忍者の仕事は暗殺ではなく情報収集と紹介しました。また演舞中も一つ一つの忍術の意味を細かく説明しました」

 「忍者と聞いて最初に思い浮かぶアクロバットな動きは、実戦では隙が多くなってしまう」という理由で教室ではあまり紹介せず、軽業の修行など、日々の訓練の様子を実演しているそうです。

 説明と体験を織り交ぜ、「頭でも理解して楽しむ場にできるよう工夫した」と話す松本さん。外国人参加者のコメントを見ると、忍者文化はまさに言葉と文化の壁を乗り越え、うまく伝わったように思いました。

「ニン・ニン・ニン」忍者の日 外国人に大人気の忍者教室
前へ
外国人受講者と忍者たちとの集合写真
次へ
1/48
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

神輿担いで食っている「お祭り男」異色映画描く「時代の乗り切り方」
神輿担いで食っている「お祭り男」異色映画描く「時代の乗り切り方」
23歳、124センチ。「小人症」の私は踊る。見せ物だっていいじゃない
23歳、124センチ。「小人症」の私は踊る。見せ物だっていいじゃない
ツッコミは全21種類!? 漫才研究を極めた芸...
ツッコミは全21種類!? 漫才研究を極めた芸...
真っ白な髪、就活で黒くするべき? アルビ...
真っ白な髪、就活で黒くするべき? アルビ...
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「食パン袋とめるアレ」、実は埼玉の名産品...
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
これぞ本当の「バス」タオルだ! 方向幕を...
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
PR
なんとしても奈良に泊まって! ストレート...
なんとしても奈良に泊まって! ストレート...
ADHD息子、「小学生だからできるよね」がプレッシャーに!
ADHD息子、「小学生だからできるよね」がプレッシャーに!
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
えっ!コレがとれちゃうの? 旭山動物園、ペンギンのくちばしが話題
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A

人気

もっと見る