MENU CLOSE

話題

36356

「ケーキを箸で食べよう」 コージーコーナーが呼びかけ、その理由は

ケーキなど洋菓子で知られる銀座コージーコーナー。昨日15日から「ケーキをお箸で食べてみよう」と呼びかけるキャンペーンを始めました。

くじで当たる「オリジナルケーキ箸」と、苺のショートケーキ
くじで当たる「オリジナルケーキ箸」と、苺のショートケーキ 出典: 銀座コージーコーナー提供

目次

 ケーキなど洋菓子で知られる銀座コージーコーナー。昨日15日から「ケーキをお箸で食べてみよう」と呼びかけるキャンペーンを始めました。なぜフォークではなく箸なのか? 担当者に理由を聞きました。

チーズスフレも人気商品
チーズスフレも人気商品 出典: 銀座コージーコーナー提供

箸&箸置きをプレゼント


 2018年1月21日に創業70周年を迎えた銀座コージーコーナー。記念キャンペーン第2弾として15日から始まったのが「お箸でケーキ、はじめましょう。」です。

 売店で税込み1200円以上購入するごとに、くじに挑戦。当たりがでたら「オリジナルケーキ箸&箸置き」を合計7000人にプレゼントするという内容です。

 箸は、天然木を若狭塗りで仕上げたもので、色はケーキのクリームをイメージしたオフホワイト。先端が細くて四角いので、ケーキを切りやすく、小さなものもつまみやすくなっています。

 箸置きは、岐阜県瑞浪市の工房でひとつひとつ手づくりした陶磁器。「苺のショートケーキ」「シュークリーム」「バウムクーヘン」など7種類。どれが当たるかは、お楽しみだそうです。

くじで当たる「オリジナルケーキ箸&箸置き」。箸置きは全7種類で、どれが当たるかはお楽しみ
くじで当たる「オリジナルケーキ箸&箸置き」。箸置きは全7種類で、どれが当たるかはお楽しみ 出典: 銀座コージーコーナー提供

広報宣伝担当者に聞きました


 なぜフォークやスプーンではなく箸だったのか? 「ケーキをお箸で食べてみよう」と呼びかける狙いとは? 銀座コージーコーナーの広報宣伝担当者に話を聞きました。

 ――箸と箸置きをプレゼントすることになった経緯は

 銀座コージーコーナーは、2018年1月21日に創業70周年を迎えました。これを記念して、お客様に喜んでいただけるキャンペーンを検討していく中で、次の理由からこの企画に決定いたしました。

 【話題性】70周年の記念品としてふさわしく、かつ、スイーツ(洋菓子)にかかわる新しい文化を提案できること。

 【インパクト】可愛いスイーツものは女性の心をくすぐること、箸置きはコレクター性も高いこと、新しい食べ方としての面白さ。

 【独自性】70年間、スイーツを通じてたくさんの笑顔を広げてきた銀座コージーコーナーならではの価値とオリジナリティー。

 2013年11月に創業65周年記念キャンペーンとして「ケーキのお箸プレゼント」を実施しましたが、前回よりもお箸の素材や仕上げ、オリジナルの箸置きなど、景品のクオリティーをブラッシュアップして再チャレンジしています。

箸は、天然木を若狭塗りで仕上げたもので、色はケーキのクリームをイメージしたオフホワイト。先端が細くて四角いので、ケーキを切りやすく、小さなものもつまみやすくなっています
箸は、天然木を若狭塗りで仕上げたもので、色はケーキのクリームをイメージしたオフホワイト。先端が細くて四角いので、ケーキを切りやすく、小さなものもつまみやすくなっています 出典: 銀座コージーコーナー提供

お箸で食べるメリットは


 ――お箸でケーキを食べるメリットは

 以下のような点が考えられます。

 ・フォークの場合は、刺したりナイフを添えたりしないとお皿に移しにくいけれど、お箸なら簡単。ご家族やお友達とシェアして食べるとき、きれいに分けられる。

 ・ケーキが倒れたときに、フォークだと直しにくくても、お箸だとはさんで直せる。

 ・ショートケーキの苺など、トッピングのフルーツが取りやすい。フォークだと、スポンジをつぶしてしまう。

 ・スポンジなど最後に残ったかけらも簡単につまめるので、きれいに食べ終えられる。

「バウムクーヘン」の箸置き
「バウムクーヘン」の箸置き 出典: 銀座コージーコーナー提供

ありそうでなかった面白さを提案したい


 ――「固定観念を覆す」といった思いがあるのでしょうか

 そこまで大胆な野心ではなく、ご自分のお好きなスタイルでケーキを召し上がっていただければと思っています。ただ、「ありそうでなかった面白さを提案したい」という思いはありました。

 普段はフォークで召し上がる方も、結婚式の2次会や立食パーティー、ビュッフェのときなど、お箸でケーキを食べたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。意外と食べやすいな、と感じた方も多いのではないでしょうか。

 でも、一般的にはケーキはフォークで食べるもの、それがテーブルマナー、と思われていると思います。

 洋菓子メーカーである銀座コージーコーナーがお箸のメリットを伝えることで、例えばご家庭でデザートにケーキを召し上がるときなど、かしこまらず、気楽に食べやすいスタイルで楽しみたいときに、「お箸でケーキを食べてもいいんだ」という安心感を持っていただくのと同時に、ケーキが皆様にとって、もっと身近で親しみやすい存在になってくれれば、と思っています。

「シュークリーム」の箸置き
「シュークリーム」の箸置き 出典: 銀座コージーコーナー提供

試作品の試食などは箸で


 ――社内でも箸でケーキを食べる機会があるそうですね

 試作品の試食など社内でケーキを食べる際に、お箸を使うことが多いです。

 ――なぜ箸を使うのでしょうか

 味を確認するために、複数の種類を食べるため、ケーキは1人1個ずつではなく、ひとくちずつ何人かでシェアしています。そのとき、フォークよりもお箸の方が分けやすく、食べやすいことから、お箸を使うことが多いです。

 ――キャンペーンに関して社内外からの反応は

 3月15日にスタートしたばかりですが、「意外」「普段からお箸を使っている」「欲しい」「かわいい」など、Twitterを中心に予想以上にたくさんのお声をいただいており、とても嬉しいです。

「エクレア」の箸置き
「エクレア」の箸置き 出典: 銀座コージーコーナー提供

肩の力を抜いて、もっと気軽に


 ――ケーキを箸で食べる取り組みは今後広がりますか?

 広げていきたいですね。銀座コージーコーナーがオフィシャルに発信することによって、「ケーキは好きだけど、フォークできれいに食べるのは難しい」と思っていた方が、肩の力を抜いて、もっと気軽に、身近な存在としてケーキを楽しんでいただけるようになると嬉しいです。

 「?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、だまされたと思って、一度お箸を使ってみていただきたいです。卒業・卒園・新生活スタートなどのお祝いごとや春休みなど、ケーキが活躍するシーズン。楽しい「運試し」も兼ねて、ぜひチャレンジしてみてください!

 ◇ ◇ ◇

 今回のキャンペーンは景品がなくなり次第終了のため、店舗によって終了日が異なるそうです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます