閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月20日

女装バー経営者が続ける人生相談 屋上から飛び降りた朝…奇跡の生還

  • 37053

現在住んでいる自宅マンションのベランダに立つモカさん=高野真吾撮影

現在住んでいる自宅マンションのベランダに立つモカさん=高野真吾撮影

 「3度目の人生を生きています」。東京・新宿で女装バーを経営するモカさん(31)の言葉です。性別適合手術を受け男性から女性になるまでが最初の人生。2度目はマンション屋上からの飛び降りを経て、鬱病(うつびょう)を克服するまで。そして3度目の今は、ウェブでの人生相談や、発達障害者の就労の支援を続けています。活動の原点を聴きました。(朝日新聞記者・高野真吾)


【動画】対面で男性の悩み相談にのるモカさん=高野真吾撮影

※悩みを抱えている方へ、記事の最後に相談窓口の案内があります

マンション屋上から飛び降りる

 モカさん(亀井有希、31歳)が当時住んでいた都心のマンション屋上から飛び降りたのは、2015年10月だった。

 2017年12月12日、現場をモカさんと一緒に再訪した。12階にあたる屋上を下から見上げると、その高さは想像以上だった。

 飛び降りた時、モカさんは20代半ばから悪化した鬱病がさらにひどくなり、生きる希望を持てなくなっていた。

 「時間は、午前8時ごろです。数日前に決意を固め、親や親しい人に電話をかけたり、あいさつのメールを送ったりしました。当然、心配で自宅に集まってきた。『そんなこと考えるな』『もっと生きよう』などと、説得されました。でも、普通の精神状態じゃない私の耳には全く入らなかったですね」

 「その人たちを夜中に返した後、一人で屋上に向かいました。精神安定剤を大量に飲んでいたためフワフワした感覚でしたが、意識はありました」

 「最後の一歩を踏み出す瞬間の気持ちですか? 寂しかった、ですね。これで私は世の中から消えてしまうという感情は、すごくありました。一歩を踏み出した後の記憶はありません」

車に落下、奇跡的に助かる

 モカさんが落ちた先は、マンション敷地内の駐車場で偶然にも車が止めてあった。ボンネットに尻餅をつく形で落下した。大きな音を聞いた管理人や、1階にあったコンビニ店員がすぐに駆けつけた。後から聞くと、モカさんは「痛い、痛い」とうめいていたという。

 「すぐに救急車で病院に運ばれたそうです。左腕と背骨を複雑骨折し、肺に穴が空き、首とあばら骨も折れていました。重症でしたが、奇跡的に助かりました」

 「応急処置をされた段階で、病院で目が覚めました。夢の中のできごとだと最初は思いましたよ。足は全く動かせなかったけど、手と指は動いた。だから理由は分からないけど、まだ生きているということは認識しました。うれしいとか、悲しいという気持ちは両方とも湧かなかったです。ただ、まだ生きているんだな、と思っただけでした」

モカさんの左腕(左)と背骨のレントゲン写真。手術の跡がはっきり分かる=モカさん提供

モカさんの左腕(左)と背骨のレントゲン写真。手術の跡がはっきり分かる=モカさん提供

痛みと向き合い「生きるヒント」つかむ

 モカさんは、それから1カ月半、入院生活を送ることになる。最初の2週間は、背骨を中心に全身が痛んだ。鎮痛剤を飲んでベッドに横たわっていても鈍い痛みがあり、寝返りを打とうとすると激痛が走った。

 この痛みと向き合った経験が、モカさんを大きく変えていく。

 「起きている間、ずっと体が痛いのです。そのため、一生懸命に自分の意識を痛みから遠ざけようとしました。好きな音楽やマンガのことを考えたり、以前に行った旅行やおいしかった食べ物を思い出したりしました」

 「すると徐々に気づきました。この痛くないことを考える、楽しいことを考えることは、生きるヒントになるんじゃないかと」

入院中に撮影した写真。足先と病室を写した=モカさん提供

入院中に撮影した写真。足先と病室を写した=モカさん提供

「貢献」に目覚める

 子どものころから多感で、世の中の「弱肉強食」な側面ばかりが目についていたというモカさん。

 「ずるい大人がお金もうけをしているのも気にくわなかった。社会の『痛い』面ばかり意識し、勝手に世の中に絶望し、人生を投げだそうとしたのです」

 「その思考回路をやめようと思えた。すーっと軽くなりました。じゃあ、何が自分にとって『楽しいこと』なのか。考えを進めると、人を幸せにしてこそ自分も幸せになれ、楽しくなれるのではと思い至りました。人の役に立つ『貢献』という生き方のキーワードに出会ったのです」

昨年11月から無料の勉強会を月1回で始めた。「貢献」の新たな形だ=モカさん提供

昨年11月から無料の勉強会を月1回で始めた。「貢献」の新たな形だ=モカさん提供

「お悩み相談」始める

 モカさんは、その「貢献」を具体化していく。2016年の夏から、他の人の悩み相談を受けるようになった。

 経営する店舗に来る客のほか、「モカのお悩み相談」(http://nayami.uni-web.jp/)のサイトを立ち上げ、自由に書き込んでもらった。1年半で70人超の相談に乗った。

 「もう消えていなくなりたい」「生きていく限界にきている」と打ち明けてきた人も多かった。「いつでもあなたの連絡を待っています」と記してある、サイトのアドレス入りの「モカのお悩み相談」カードを、知人らを通じて300枚配った。
 

「モカのお悩み相談」のサイト

「モカのお悩み相談」のサイト

「孤独にならないように」

 モカさんは相談者が「孤独にならないよう」気にかける。

 「カードには『あなたの気持ちが少しでも分かるかもしれません。お話したいです』と書きました。1度、飛び降りまで追い込まれた私だからこそ、相手の気持ちに寄り添えるかもしれないと考えています。自分の経験を振り返ってみても、1人でいる、孤独になるのが一番いけません」

 「誰かに話せれば、ぐっと気持ちは楽になる。ですが家族や親戚という近い人だと、『迷惑をかける』と言いにくいかもしれない。友人や知人だと、プライドが邪魔をするかもしれません。私のような相手だからこそ、話せる場合があるのです」

自宅マンションで相談者と話し合う=高野真吾撮影

自宅マンションで相談者と話し合う=高野真吾撮影

「無償でこそ信頼される」

 活動はボランティアだ。

 「幸い私は、人と違った経験を積んできました。高校にはほとんど行ってなく、勉強は得意じゃないけど、経営者のため金銭管理はできます。デザイン性の高いウェブサイトもつくれる。他の人に役立つスキルを持っています」

 「貢献の活動は無償だからこそ、信頼してもらえる。自分の時間とエネルギーの許す範囲内で、やっていきます」

相談者と話し合う時は、笑顔で話しやすい雰囲気を心がける=高野真吾撮影

相談者と話し合う時は、笑顔で話しやすい雰囲気を心がける=高野真吾撮影

悩み相談者「信じて、生活建て直す」

 2017年12月上旬、モカさんは自宅マンションで派遣アルバイトの男性(55)と向き合っていた。経営する店舗の客として1年半ほど前に知り合ったが、昨秋、初めて悩みを打ち明けられた。生活が苦しく、重ねた借金が約100万円にのぼる。

 男性は仕事先でも一緒になった人から厳しくあたられ、他の人が嫌がる作業を担当させられることが多い。朝起きた時、「生きるのがつらい」と感じる日々だという。

 モカさんはこの日、男性のひと月の出費がどうなっているのかチェックした。食事はコンビニでの購入から自炊をすすめ、ガスコンロやまな板、包丁の購入を促した。

 男性「全部丸投げしちゃって…」

 モカさん「それでいい。変に考えなくていいから」

 そんなやり取りが続き、その場で一緒に区役所に相談に行く日取りも決めた。

 これまで、誰にも打ち明けることができなかった悩み。それを、家族でもないモカさんには言える。最後に男性が言い残した言葉が心に残った。

 「モカさんを信じながら、生活を建て直したい」

行政なども、複数の相談窓口を設けています

・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト)
http://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php
・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm
 

女装バー経営者が描く「人生を救う」マンガ 飛び降り…奇跡の生還
前へ
次へ
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る