close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年01月28日

木村家あんぱん、広まったのは日清戦争 資生堂は薬局がルーツだった


  • 2836

銀座木村家の店内。あんぱんを求める客であふれかえる=東京都中央区銀座4丁目

銀座木村家の店内。あんぱんを求める客であふれかえる=東京都中央区銀座4丁目

最新ニュースを受け取る

 あんぱんの「銀座木村家」や資生堂など、都心の一等地・銀座には江戸が東京に変わった頃から「顔」である老舗があります。時代の変化を見つめながら、「いつものこの味」や最先端の「美」を届け続けてきました。2018年、今年は江戸が東京になって150年の節目の年。銀座の歴史をたどります。(朝日新聞東京総局記者・横川結香、宮坂麻子、河井健)


1906年当時、出雲町(現在の銀座8丁目)の資生堂=同社提供

1906年当時、出雲町(現在の銀座8丁目)の資生堂=同社提供

銀座のあんぱん、今も手作業

 銀座の一等地で1個150円のあんぱんを売っているのが「銀座木村家」です。1869(明治2)年の創業で、その5年後には日本のパンの「定番」を生み出しました。

 ほのかな酒の香りと、もちもちした食感。当時は入手困難だったイースト菌の代わりに、米と糀(こうじ)、水で作った酒種を生地に混ぜて発酵させました。元は武士だった初代・木村安兵衛と親交があり、味を気に入った旧幕臣・山岡鉄舟の働きかけで明治天皇への献上も実現。日清戦争時は各地から集まった軍隊でもふるまわれ、全国に名が広まったといいます。

 製法はほとんど変わりません。かつてはレシピを残さず、職人が口伝えで味を受け継いできました。

 銀座の自社ビルで売る分は、今も手作業であんを包んでいきます。生地は湿度や気温に敏感です。かすかな変化を感じ取るのが味を守るひけつといいます。酒種室室長の八度慎一郎さん(67)は「お客さんは『いつものこの味』を求める。味を保つのは本当に難しい」と苦笑します。

 いま店頭には、うぐいすや栗などの6種のほか、季節限定のあんが並んでいます。客の好みの多様化に応えるようにラインナップを増やしても、不動の一番人気はあんぱんのままのようです。

銀座木村家のあんぱん。あんがぎっしり詰まっているのが人気のひとつだ

銀座木村家のあんぱん。あんがぎっしり詰まっているのが人気のひとつだ

「美」を発信し続ける資生堂

 資生堂は1872(明治5)年に東京・銀座に誕生しました。時代の変化を見つめながら、日本の美をリードし続けてきました。

 銀座のデパート内の資生堂。ビューティーコンサルタントがタブレット端末にお客の顔を映しながら、「オレンジ系の色で冒険されてはいかがでしょうか」と話しかけています。画面上で口紅やアイカラーを選ぶと、映った顔に、一瞬にしてその化粧が施されます。選択を変えるたび、いくつもの「私」が登場しました。

 資生堂はもともと、日本初の洋風調剤薬局でした。1897年に拭き取り用化粧水「オイデルミン」、98年に後の「花つばき」となる香油「花かつら(オイトリキシン)」を発売し、化粧品に乗り出しました。オイデルミンは「良い皮膚」、オイトリキシンは「良い髪」のギリシャ語に由来する造語です。

 男性中心の当時は、女性の美は健康の延長にありました。「年に何度も洗わない髪を香油をつけて結い、皮膚も清潔に保とうとした」と、同社の益井澄子さん(51)は話します。

 資生堂は、女性の活躍につながる最先端の「美」を銀座から発信し続けてきました。大正モダンガール、戦後は銀幕のスター風に、バブル期の真っ赤な口紅、ナチュラルメイク……。

 益井さんは言います。「いまは一つの流行ではなく、多様な個性の時代です」

1898年発売の香油「花かつら」(オイトリキシン、左)と1897年発売のオイデルミン(レプリカ)=いずれも資生堂提供

1898年発売の香油「花かつら」(オイトリキシン、左)と1897年発売のオイデルミン(レプリカ)=いずれも資生堂提供

いい洋服は普遍的

 東京・銀座で130年近く店を構える老舗洋服店があります。スーツ1着最低25万円。フルオーダーの相場は、昭和初期から「大卒初任給の1.5倍程度」と変わりません。安くはありませんが、根強いファンに支えられてきました。

 日本人の洋装の始まりは時代が明治に移る頃にさかのぼります。「高橋洋服店の前身は明治半ばに開業しました。戦前の有力政治家の後藤新平は1900年代初めに継いだ2代目の顧客だったといいます。「店が作って現存する一番古い服が後藤さんのフロックコートです」と4代目の高橋純さん(68)は話します。

 高度成長期、サラリーマンが増え、大量生産の安価なスーツが出回るようになっても、店では注文を受けて作るやり方を変えず、店舗も増やしませんでした。

 ゆったりとした作りのバブル時代、シルエットが細身の昨今。そんな流行は追わず、店が目指してきたのは「着やすく、形崩れせず、仕立てのいいもの」。高橋さんは「いい洋服っていうのは普遍的なものだと思うんです」と話します。

 近年、若い世代の新規客も目立ってきました。5代目を継ぐ翔さん(33)は言います。「ネット(通販)にはモノがあるだけ。ここでは話ができる。それがテーラーで服を買うということなんです」

高橋純さん(右)と翔さん。1500種類以上の生地がそろう=東京都中央区銀座4丁目

高橋純さん(右)と翔さん。1500種類以上の生地がそろう=東京都中央区銀座4丁目

皇室御用達の名品、ゆかりの品々 お菓子・食器・漬物…
前へ
安藤七宝店がつくった昭和天皇の成婚記念の七宝焼の置き時計=名古屋市
次へ
1/17
前へ
次へ

もっと見る


コメント

あわせて読みたい

猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
<金正男暗殺を追う>ミスターYは言った「あれが雇った俳優だ」
<金正男暗殺を追う>ミスターYは言った「あれが雇った俳優だ」
ヒマすぎて「閑古ドリル」 桂浜水族館、即興で作った謎キャラが話題
ヒマすぎて「閑古ドリル」 桂浜水族館、即興で作った謎キャラが話題
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR
「ちゅ~る」ねぶた、猫への優しいまなざしが話題 今年は新作登場へ
「ちゅ~る」ねぶた、猫への優しいまなざしが話題 今年は新作登場へ
アイドルやめた元AKBの「その後」競争の果てに得た「人生の調達法」
アイドルやめた元AKBの「その後」競争の果てに得た「人生の調達法」
<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
<金正男暗殺を追う>どんどん上がった報酬 家賃5カ月分の「仕事」
<金正男暗殺を追う>どんどん上がった報酬 家賃5カ月分の「仕事」
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題

人気

もっと見る