閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年09月09日

アメリカ人も悩む…「SNSの濃い闇」 人気ミュージカルが描くリアル

  • 3600

大ヒット中のミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」。舞台上にSNSの「投稿」が投影される=ロイター

大ヒット中のミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」。舞台上にSNSの「投稿」が投影される=ロイター

 新学期が始まりました。誰もが元気に登校するわけではないこの時期。学校に行かなくてもいいと呼びかけるメッセージが話題になるのは、人間関係に悩む人の多さの裏返しなのかもしれません。アメリカで今、大ヒット中のミュージカルが、まさに、そんな「息苦しさ」を描いています。高いチケット(119ドル~)にも関わらず10代の若者も足を運び、立ち見が出るほどの人気に。作品が描くのは「SNS」がもたらす光と「濃い闇」でした。(朝日新聞さいたま総局記者・増田愛子)

トニー賞で作品賞を含む6部門

 高校時代から演劇好きで、新聞記者になったのも、演劇担当を目指してのこと。そんな私ですが、ここ15年ほど、夏休みなどを利用してほぼ毎年、ニューヨークやロンドンでミュージカルや演劇を見続けています。

 出来るだけ多くの作品を……と欲張るため、気分はもう「観劇マラソン」。この8月はニューヨークに7日間滞在、11作品を観劇しました。

 そんな中で、一番、印象に残った作品があります。

 今季のブロードウェーで最も人気を集めるミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)」。

 ソーシャルメディア時代の孤独な若者の心を描いた作品は、アメリカの演劇界最高の栄誉とされるトニー賞で、作品賞を含む6部門に輝きました。

ミュージカルの聖地、ブロードウェー

ミュージカルの聖地、ブロードウェー

出典:https://pixta.jp/

「投稿」がひっきりなしに投影

 開演前、客席に入ると、舞台につり下がる何枚ものスクリーンが目に飛び込んできます。小刻みな電子音と共に投影されているのは、ツイッターなどのタイムラインのイメージ。

 ここで演じられる物語が、劇場の外の「現実」でリアルタイムに語られている――そんな印象です。実際、舞台では、劇中で主人公の行動がネット上で注目を集めると、ひっきりなしに「投稿」が増えていく様が投影されます。

 主人公の高校生エヴァンは母親と2人暮らし。他人と関わるのが極端に苦手で、宅配ピザの配達員と話すにもおじけ付くほどです。

 ある日、「問題児」の同級生が自殺し、その両親はエヴァンを息子の唯一の親友だったと誤解します。真実を伝えられないまま、「ウソの友情」は彼をネット上のスターに押し上げていきます。


出典:ツイッターでの発信も積極的な「ディア・エヴァン・ハンセン」(@DearEvanHansen)

共感と濃い闇

 孤独、自分の居場所を渇望する心、喪失の痛み……。ネット上の「コミュニティー」が、多くの人を瞬時に「共感」で結びつける力の光と共に、時に「凶器」ともなりうる濃い闇も描いていきます。

 繊細、かつ巧みな脚本(スティーブン・レベンソン)もさることながら、圧巻はエヴァンを演じるベン・プラットの存在です。

 人と話す時も、きょろきょろと動く落ち着きのない瞳、ずっと手でシャツを触り続ける神経質なしぐさは、とても「演技」とは思えないほど、リアルで細密です。

 そしてひとたび歌い出すと、伸びやかな高音を響かせ、エヴァンのうっ屈した思いを爆発させます。

「タップして ウィンドー越しに手を振り続けて」

人付き合いの苦手な主人公、エヴァンを演じるベン・プラット=ロイター

人付き合いの苦手な主人公、エヴァンを演じるベン・プラット=ロイター

「タップして ウィンドー越しに手を振り続けて」

 セリフには、スマホ世代ならではの表現がちりばめられています。

“On the outside always lookin'in Will I ever be more than I've always been?”
(いつも僕は締め出されてばかり 今まで以上の自分になれるだろうか)

“’Cause I'm tap-tap-tappin' on the glass Waving through a window”
(だから画面をタップ、タップまたタップして ウィンドー越しに手を振り続けて)

 私は、エヴァンの叫びに、ふとしたことでクラスでのけ者になったり、誰も気持ちを分かってくれないと感じたりした10代を思い出し、少し胸がキュッとしました。

トニー賞のトロフィーを掲げるベン・プラット=ロイター

トニー賞のトロフィーを掲げるベン・プラット=ロイター

チケット高いのに…10代の若者も

 作詞・作曲は、映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞主題歌賞を受賞した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビ。

“No one deserves to disappear”
(消えてしまって良い人間なんていない)

“You will be found”
(君はきっと見いだされる)

 登場人物たちの痛みを描く一方で、「誰かに認められたい」「人とつながりたい」と求める心に、優しく語りかけるような歌詞がしみてきます。

 人気沸騰で、高額かつ入手しにくいチケット事情にも関わらず、立ち見も含め、熱っぽい瞳を舞台に向けるティーンエージャーが数多く客席にいたのも印象的でした。

 もちろん、かつて子どもだった、そして今、社会のどこかに「居場所」を探している大人にもきっと響く作品です。

バカッター防ぐ「合言葉」 完成度が高すぎて拡散中 大学生発案
前へ
次へ
1/10
前へ
次へ

あわせて読みたい

イエメン人留学生も驚いた日本の男女格差「...
イエメン人留学生も驚いた日本の男女格差「...
最近仕事で失敗続きなんですが、自分を奮い立たせるようなの海外のことわざとかあれば教えてください!
最近仕事で失敗続きなんですが、自分を奮い立たせるようなの海外のことわざとかあれば教えてください!
Q&A
「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
5088作品の頂点に輝いた感動小説!?ラノベ作家が直球リポート!
5088作品の頂点に輝いた感動小説!?ラノベ作家が直球リポート!
PR
マンボウを襲った「バブル崩壊」 学名連発の挙げ句、10分の1に…
マンボウを襲った「バブル崩壊」 学名連発の挙げ句、10分の1に…
NEW
ダジャレか?皮肉か? 『プレミアム“ノンフライ”デー』日清が提案
ダジャレか?皮肉か? 『プレミアム“ノンフライ”デー』日清が提案
なぜ!和歌山で埴輪作りが熱い 「死後も古墳に残る」ディープな世界
なぜ!和歌山で埴輪作りが熱い 「死後も古墳に残る」ディープな世界
うまい棒10000本! 小学校に寄贈した男性、...
うまい棒10000本! 小学校に寄贈した男性、...
この駅員「ドット絵」職人! 小平選手の地元、駅電光掲示板がスゴい
この駅員「ドット絵」職人! 小平選手の地元、駅電光掲示板がスゴい
4年前、もっと童顔だった? 2大会銀、スノボ平野の大人ぶりに驚き
4年前、もっと童顔だった? 2大会銀、スノボ平野の大人ぶりに驚き
マニアもビビる…キングオブ酷道「425号線」で見た日本の「原風景」
マニアもビビる…キングオブ酷道「425号線」で見た日本の「原風景」
バイリンガールちかがアメリカ横断!ロード・トリップが1冊に
バイリンガールちかがアメリカ横断!ロード・トリップが1冊に
PR

人気

もっと見る