MENU CLOSE

話題

3529

選手支えた過疎の町「甲子園の応援でネコ一匹も残らない。それが夢」

「町のみんなが甲子園に応援に行って地元にはネコ1匹も残らない。それが夢です」。マネジャーやOB、地元の人たち…選手を支える言葉たち
「町のみんなが甲子園に応援に行って地元にはネコ1匹も残らない。それが夢です」。マネジャーやOB、地元の人たち…選手を支える言葉たち

 甲子園で「最後の夏」をかけた高校野球の熱戦が続いています。勝利を願う気持ちは、選手だけではありません。初めて地方大会の決勝に進出した町の人々は「町のみんなが甲子園に応援に行き、地元にはネコ1匹も残らない。それが夢です」と語りました。マネジャーやOB、地元の人たち…選手を支える言葉を集めました。

これは泣ける…高校野球にかかわる人たちの「言葉」を集めたインスタ「 #言球 」

苦しくなったらベンチやスタンドを見ろ、と言っています。仲間と過ごした日々を振り返れば力が湧いてくる


「1年経った今も、あの決勝の悔しさはまだ残っている」

福岡工大城東のスタンド。昨夏の決勝で九州国際大付に敗れたOBで、福岡工業大1年の坂元翔太さん。

坂元さんは後輩に精神面の助言を送ってきた。「苦しくなったらベンチやスタンドを見ろ、と言っています。仲間と過ごした日々を振り返れば力が湧いてくる」と坂元さん。

この日の朝、後輩から「絶対勝ちます。先輩らのリベンジします」とLINEのメッセージが届き、「最後は気持ち。絶対に悔いを残さないように」と返信していた。
朝日新聞福岡版

町のみんなが甲子園に応援に行き、地元にはネコ1匹も残らない。それが夢です


「野球で町おこしを」との思いで10年前に誕生した梼原野球部。

初めての高知大会決勝。明徳義塾と対戦し、敗れた。

梼原OBの志手功さんは「毎朝、野球部員が元気にあいさつしてくれて、町が明るくなった」と笑う。

地元の野球部後援会事務局長の西村茂則さんは「町のみんなが甲子園に応援に行き、地元にはネコ1匹も残らない。それが夢です」
朝日新聞

マネジャーになったのは、みんなの笑顔を一番近くで見たいっていうのが理由だったから、泣かないって決めてたけど、みんな頑張った分、こみ上げてくるものがあって


多度津(香川)は13安打の末、惜敗。

試合終了後、三池遥華マネジャーは「今日、勝つ気ではあったんですけど、みんなが立ってるとき自分だけ座ってるのは変だなって思って、立ってスコアつけてました」

「負けてしまったけど、私からみて最高のプレーができてたし、ベンチワークも見てきたなかで一番よかったから。勝ちたかったですね、やっぱり。マネジャーになったのは、みんなの笑顔を一番近くで見たいっていうのが理由だったから、泣かないって決めてたけど、みんな頑張った分、こみ上げてくるものがあって。このチームで野球ができて、よかったです」と話した。
朝日新聞香川版

遅くまで練習しているのを僕たちはずっと見ていたし、みんながどれだけ頑張っていたかちゃんと僕たちもわかってるし。結果はどうであれ、今日、全力で戦うことができたのが一番だと思う


日彰館(広島)は1回戦敗退。

坂本晋一朗応援団長は、試合後の選手に向けて「遅くまで練習しているのを僕たちはずっと見ていたし、みんながどれだけ頑張っていたかちゃんと僕たちもわかってるし。結果はどうであれ、今日、全力で戦うことができたのが一番だと思う」と話した。
朝日新聞広島版

 この夏、朝日新聞のインスタグラムでは高校野球にかかわる人たちの言葉「言球(ことだま)」をご紹介しています。ハッシュタグ(#言球)でこれまでの投稿を見ることができます。地方大会はもちろん、本大会の言葉も紹介しています。


関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます