close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年08月03日

爆発的に拡散した「パンダ神社」 「中の人」の熱すぎる神社愛とは


  • 22880

Twitterで話題、有鹿(あるか)神社の「パンダ宮司代理」

Twitterで話題、有鹿(あるか)神社の「パンダ宮司代理」

最新ニュースを受け取る
  「神社の人がパンダのかぶりものをしている」という写真つきの投稿がTwitterで爆発的に拡散されています。理由は「神社があまり知られていないから」と書かれていますが本当なのでしょうか? そもそもどうしてパンダ? そんなことやっていいの? 疑問だらけの神社に聞きに行きました。

【動画】有鹿神社(神奈川県海老名市)のパンダのかぶりものをした神職さん。

Twitterで9万リツイート

 ことの発端となったのは、7月23日のあるツイート。「神奈川の有鹿(あるか)神社の人が、パンダのかぶり物をしている」と写真つきの投稿で、理由は「神奈川で一番古い神社なのに、あまり知られていないから頑張っているみたい」としています。


出典:@bomberuneuneさんのツイート

 8月2日時点で9万回以上リツイートされており、「倒れないように!」と心配する声や「有"鹿"なのに、パンダなの?」と疑問の声が集まります。

まるで友人の実家のよう

 話を聞いたのは、有鹿神社(神奈川県海老名市)の禰宜(ねぎ)・小島実和子さん。禰宜とは、神社の代表である宮司の部下です。「会社でいう部長みたいなもんですよ」と小島さんは話します。

有鹿神社の禰宜(ねぎ)・小島実和子さん。

有鹿神社の禰宜(ねぎ)・小島実和子さん。

 パンダのかぶりもの(「パンダヘッド」と呼んでいるそうです)を考案し、普段パンダヘッドをつけているのは小島さん。ツイートでパンダヘッドをつけていたのは、他の神職の方で、たまたま代わってもらっていたときに撮影されたそうです。

 この有鹿神社、私が持つイメージとは異なる「新感覚神社」でした。まず小島さんとの出会いです。

 

野口

こんにちはー、朝日新聞の野口です。今日はよろしくお願いします。

 

小島さん

よろしくお願いします

 

小島さん

かき氷、食べます?(ガリガリガリガリ…)

いきなりかき氷を作り始める小島さん。

いきなりかき氷を作り始める小島さん。

 

野口

(既に作っている……!)

 いきなりのことで戸惑っている間にも、私と一緒に神社を探してくれたタクシーの運転手さんにもプレゼント。

 かき氷は最近のお祭りで出していたそうで、この日神社に訪れた人に振る舞っていました。

 まだ名刺もお渡ししてないのに恐縮です…と言って社務所の受付を見渡すとパンダ、鹿、シロクマ…明らかに私のイメージの「神社」と異なるベクトルの世界観が広がっています……!

社務所の受付で待ち受けるパンダ

社務所の受付で待ち受けるパンダ

そして鹿とシロクマ

そして鹿とシロクマ

 ポップで不思議な空間、まるで友人の実家に遊びに来たような感覚です。

 そんな中、2人でかき氷をシャコシャコつっつきながらインタビューが始まりました。

有鹿神社とは?

 有鹿神社には水の神様が祀られています。水害から人々を守り、生物に恵みを与える、として子育て・厄除けで知られる神社です。

 有鹿神社の由緒書きによると、発祥は現在の相模原市の勝坂、相模国(神奈川県の一部)では最も古い神社といわれています。

 名前の「あるか」は、古い言葉で「水」を表すそう。「有鹿」という漢字が当てられていますが、「鹿」に由縁がある訳ではないとのことです。

神奈川県海老名市にある有鹿神社

神奈川県海老名市にある有鹿神社

どうしてパンダなの?

 どうしてパンダなのでしょうか?

 「最初のパンダはこの子ですね」と言って、着物の袖から取り出したのはパンダのパペット。

パンダのパペットを持つ小島さん

パンダのパペットを持つ小島さん

 パペットを使って有鹿神社を紹介する動画や写真をTwitterで発信していたのだといいます。

 

小島さん

可愛いから買っちゃいました、100円ショップで。

 このTwitterを見た地元のテレビ局が、小島さんを取り上げることになったのですが、撮影数日前に担当者がパペットを見て

 

テレビ局の担当者

ちっさ!

 と言ったそうです。

 

小島さん

Twitterの画像を見て、人間が入っていると勘違いされたようです……

 ただそこで終わらないのが小島さん、期待に応えようとパンダのかぶりものを通販で買い、話題の「パンダヘッド」を完成させたそうです。

 こちらも100円ショップなどで材料を買い、顔の形をしもぶくれにしたり、口の形を変えたり、笑っているような目にし、3~4日かけてカスタムしたといいます。

 

小島さん

テレビ局の人、とっても喜んでくれました

よく見ると、手作り感たっぷりです。

よく見ると、手作り感たっぷりです。

 

小島さん

もともと、父である宮司が色白で眼鏡をかけていて、タレ目だったので「パンダ」と呼んでいたんです。パンダの宮司だから、「パンダ宮司」ですね。

 

小島さん

そんな父の代理として、パンダのパペットを使って参拝者をおもてなししていました。文字通り「人寄せパンダ」になれば…と思いました

 「神社はやや堅苦しいイメージがある」と話す小島さん。ただ本来は「神様」は日常の生活の中にいて、感謝の気持ちを身近に持つことが大切といいます。

 

小島さん

親しみやすいパンダを介して少しでも興味を持ってもらい、そういう神道の「心」の部分まで伝えられるよう発信しています

パンダヘッドをかぶる小島さん

パンダヘッドをかぶる小島さん

 神道的には、「パンダのかぶりもの」はアリなんでしょうか?

 

小島さん

古来から神楽など、神様に元気をさしあげたり、お祭りを賑わわせたりするために、仮面を使ったり、舞を踊ったりすることがあります。

 

小島さん

それの一環だととらえています。ただ祈祷などでは使用しないですね。団体の参拝者のお見送りや記念撮影のとき、Twitterの投稿をするときに登場します

 「では、参拝者もかぶりものをしてきてもよいのでしょうか?」と聞くと、「もしも予定があれば事前に連絡をいただきたい」そうです。小学校が近いので、ご迷惑にならないようにしているといいます。

 炎天下のなか、パンダヘッドをかぶっていて大丈夫なのか、と心配する声もありますが、

 

小島さん

普段はずっとかぶっていることはないですが、暑さ対策に、パソコン用のファンも内蔵できるようにしました!

パンダヘッドの内側には、ファンを装着することもできるそう

パンダヘッドの内側には、ファンを装着することもできるそう

 

小島さん

コードが邪魔だったり、音や声が聞こえづらかったりするのが難点です……

「神社を守りたい」切なる願い

 

野口

これはすごいです…! でもどうしてそこまでするのでしょうか?

 

小島さん

父は祖父からこの神社を受け継ぎました。私も同じようにこの神社を大切に守っていきたいです

 幼い頃から、宮司である父の姿を見て育ってきたという小島さん。自然と後を継ぎたいと考えるようになったといいます。

 神職の資格が取れる20歳になったときに取得し、以降、親の手伝いをしてきたそうです。

有鹿神社について語る小島さん

有鹿神社について語る小島さん

 近年、宮司の後継者が不足している状況にあるそうです。そのため、1人の宮司がいくつもの神社をかけもつ場合もあるといいます。

 小島さんの父も、大学教授の本業の傍ら、全部で3つの神社を兼務しています。

 「宮司がいくつも神社を兼務していたり、『氏子』と呼ばれる、その地域で神社のお世話をする方が高齢だったりすると、なかなか境内の掃除など行き届かない場合もある」と話します。

 

小島さん

そんな神社の姿を見ても、「汚いな」で終わらせないでほしいです

 「普段何気なく訪れた神社も、ずっと昔から守ってきた人たちがいること、そして『汚い』神社にもそれなりの理由があることを知って欲しい」といいます。

 地元の方々や参拝者による支えがあって、神社が成り立っていると話す小島さん。

 「もしも余裕があればゴミを拾ったり、雑草を抜いたり、神社を守るお手伝いをしてほしいです」

 こういった呼びかけは小島さんのTwitterアカウントでも発信されています。


出典:@arukajinjaさんのツイート

 「『パンダヘッド』で注目されたことをきっかけに、より多くの人に神道の考え方や、神社を守りたい気持ちが伝われば」といいます。

周りが見えないと神社じゃない

 インタビューの数時間の間に、数組の参拝者が社務所を訪れました。その度に小島さんはおもてなしで行ったり来たり。

 御朱印をもらうために訪れた女性(43)には、「待ってる間どうぞ」とお菓子をすすめます。

御朱印を書いてもらっている間、参拝者にはお菓子が振る舞われます。

御朱印を書いてもらっている間、参拝者にはお菓子が振る舞われます。

 テレビで取り上げられたのを見てやってきたという横浜市の男性は、パンダの置物を寄付していきました。

 照れてすぐに立ち去ろうとする男性を追いかけて、お礼の粗品を渡します。「パンダを集めている訳ではないんですが」と少し困り顔ですが、「こうやって知ってもらえるのはありがたい」と話します。

寄付されたパンダの置物(中央)

寄付されたパンダの置物(中央)

 夕方になると小学生3年生の女の子(8)と母親(42)が訪れました。「以前借りたお菓子の型を返しに来た」と言い、一緒に持ってきてくださったお菓子をみんなで食べます。

 小島さんは月に1回程度、神社でそうめん流しやカルタ大会などイベントを催しているそうで、この親子もたまに参加しているとのことでした。

 小島さんは「平日にやっているので1人も来ないこともありますが」と言いますが、これまでの催し物を思い出して語る姿はとても楽しそう。

パンダヘッドで遊ぶ女の子

パンダヘッドで遊ぶ女の子

 女の子が鹿のぬいぐるみで遊んでいるのを見守りながら、「来月はなにやろうか」となごやかな空気が広がります。

鹿のぬいぐるみで遊ぶ女の子

鹿のぬいぐるみで遊ぶ女の子

 母親は有鹿神社を「楽しい場所」といいます。小島さんのことも「偏見もないし、誰にでも優しい。話していて救われる」と絶賛です。

 小島さんは「周りが見えないと神社じゃない」といいます。

 「地域の人にとって、とっつきやすい場所でありたい。神社は神様に元気をもらって、元気を返すところ。身近に感じてもらえるように、これからも発信していきたい」と話しています。

 振り返ると社務所の受付のぬいぐるみや、かき氷のおもてなし、また小島さんの人柄に、すっかり私は打ち解けてしまっていました。

 パンダのかぶりものは確かにインパクトは抜群ですが、これだけではなく有鹿神社は生活の中にそっと寄り添い、人々の幸せを願う、そんな場所だと感じました。

「パンダ宮司代理」の有鹿神社、パンダづくしの中にひょっこり「鹿」
前へ
パンダヘッドを装着した有鹿神社の禰宜(ねぎ)・小島さん
次へ
1/9
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

500mlのストロー穴、復活しました! グリコ3商品、経緯を聞きました
500mlのストロー穴、復活しました! グリコ3商品、経緯を聞きました
催眠術にかかった猫? 自分の尻尾を見てたらウトウト…動画が話題に
催眠術にかかった猫? 自分の尻尾を見てたらウトウト…動画が話題に
「Nikonようかん」通販終了へ 1973年発売の逸品、その歴史を聞いた
「Nikonようかん」通販終了へ 1973年発売の逸品、その歴史を聞いた
お祭り中にスマホばかり見てる男児 「イマドキの子は…」と思いきや
お祭り中にスマホばかり見てる男児 「イマドキの子は…」と思いきや
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
PR
ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ
ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ
自衛隊サイバー教育、拠点は「陸自最古」駐...
自衛隊サイバー教育、拠点は「陸自最古」駐...
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
PR
マツコが認めた「友だちゼロ」よしあき、不...
マツコが認めた「友だちゼロ」よしあき、不...
柴犬が赤ちゃんに嫉妬? 食事中の抱っこに猛アピールする姿が可愛い
柴犬が赤ちゃんに嫉妬? 食事中の抱っこに猛アピールする姿が可愛い
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
ピザハットは帽子じゃなかった! イエローハットのツイートから発覚
ピザハットは帽子じゃなかった! イエローハットのツイートから発覚

人気

もっと見る