閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年07月12日

グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙々とトンボ、その経歴は…

  • 8763

鮮やかな技術、「グラウンド整備おじさん」は何者?

鮮やかな技術、「グラウンド整備おじさん」は何者?

 午前7時前。大阪市内のあるグラウンドで、ランニング姿のおじさんが1人、丁寧に整備しています。土を運んできて埋め、しっかり体重をかけて固めます。そのあと、マウンドを中心に円を描くようにトンボをかけます。できあがるのは、まるでミステリーサークル。最後に水もたっぷりまきます。市の管理人さんですか? いえいえ、違います。この人は……。(朝日新聞記者・大西英正)

「いったい、何者なんだ?」

 そのおじさんを見たのは2017年6月下旬のことでした。

 近くを歩いていると、黙々とトンボをかけている姿が目にとまりました。

 整備の技術が、素人目に見ても手慣れた高いレベルでした。

 市の職員のようには見えず、「あの『グラウンド整備おじさん』はいったい、何者なんだ?」と興味が膨らみました。

 そして、高校野球シーズンが到来した今月、取材をすることに。すると、意外な過去が明らかになりました。

ホーム付近の穴を埋める「グラウンド整備おじさん」

ホーム付近の穴を埋める「グラウンド整備おじさん」

「グラウンドがボコボコでね、泣いているように見えたんや」

 「グラウンド整備おじさん」は、大阪市に住む大川孝さん。66歳の元高校球児です。このグラウンドのすぐ近くに自宅があります。昨年の3月、47年勤めた会社を退職しました。

 「それまでは気にとめへんかったけど、グラウンドがボコボコでね、泣いているように見えたんや」

 7時にはグラウンドに来て、整備をするようになりました。水をまくのは当初、家から持ってきた2リットルの空のペットボトルを使っていました。

 グラウンド隅の蛇口で水を入れて、両手に持って何度も往復しました。すると、いつの間にか蛇口に長いホースがついていました。「市の職員の人が付けてくれたんかな。応援してくれてるんかな」

グラウンドを踏み固める大川孝さん

グラウンドを踏み固める大川孝さん

「ショックすぎて、何イニング投げたのか覚えてへん」

 大川さんは大阪市立泉尾工業の野球部で、エースで4番。前評判の高いチームでした。第50回の選手権大阪大会。初戦で興国と対戦しました。

 先発しましたが、「打たれまくったな。ショックすぎて、何イニング投げたのか、スコアがなんぼかも覚えてへん」。

 当時の朝日新聞をめくってみました。1968年7月24日、藤井寺球場であった第3試合。泉尾工は0-9で興国に敗れています。

 記事には「予想外だった泉尾工の大敗――。大川の得意のシュートが切れなかった」と書いてあります。記録によると、大川さんは4イニング3分の2を投げて、被安打9。相手の興国はこの年、大阪大会で優勝、そのまま全国制覇しました。

大川さんの名前が載っていた1968年7月24日の朝日新聞紙面

大川さんの名前が載っていた1968年7月24日の朝日新聞紙面

「この整備はな、自分のトレーニングのためやねん」

 大川さんは、土曜日と日曜日はグラウンドに行きません。朝からグラウンドの利用者が多いので、邪魔をしたくないという気持ちが強いのです。

 でもその分、月曜日は一番たいへん。土日の利用者なのか、深夜にグラウンドを訪れた人なのか、ペットボトルやコーヒーの缶が散乱していることがあります。丁寧に中身を捨てて、水で洗い流し、まとめてゴミ捨て場に持って行きます。

 暑くなってきた7月、浅黒く焼けた肩から汗が噴き出します。けれども、整備後の日課を欠かしません。浅めの外野付近まで使って、グルッとランニング3周。最後の1周はダッシュもします。とても66歳には思えないスピード!! 

 「この整備はな、自分のトレーニングのためやねん」。照れながら、そう言います。

「この整備はな、自分のトレーニングのためやねん」と話す大川さん

「この整備はな、自分のトレーニングのためやねん」と話す大川さん

「もっと投げたかったなぁ。今でも思うわ」

 夏本番、野球の季節ですね。やっぱりご自身の高校時代を思い出しますか?

 「そうやなぁ。もっと投げたかったなぁ。今でも思うわ」

 野球が大好き。もうすぐ50年の高校時代の話を、屈託のない笑顔で語っていました。

スタンドで踊りながら応援するかいじ君=東島宏幸さん提供

国民的「朝の顔」 波瑠の素顔  甲子園でハイテンション
前へ
「うわぁ、すごい。人がいっぱい」。甲子園で盛り上がる波瑠さん=2010年8月16日
次へ
1/17
前へ
次へ

あわせて読みたい

芥川賞作家、綿矢りさと村田沙耶香が妄想とリアルの恋を語り尽くす
芥川賞作家、綿矢りさと村田沙耶香が妄想とリアルの恋を語り尽くす
PR
「FF外から失礼します」最初に使った人を発見!現在の意外な心境…
「FF外から失礼します」最初に使った人を発見!現在の意外な心境…
「AIはヒトに取って代わる?」NTTグループの技術者に聞く
「AIはヒトに取って代わる?」NTTグループの技術者に聞く
PR
銀座の一等地、1時間100円で出店OK 不動産業界の隙を突く発想
銀座の一等地、1時間100円で出店OK 不動産業界の隙を突く発想
盗まれたケロリン桶、5日後に届いたのは… 銭湯へのステキな贈り物
盗まれたケロリン桶、5日後に届いたのは… 銭湯へのステキな贈り物
本屋も真っ赤に紅葉してます! 『赤本』コーナーの例えが秀逸すぎる
本屋も真っ赤に紅葉してます! 『赤本』コーナーの例えが秀逸すぎる
NEW
奇跡の再会、間の悪さ天才級…「トレンディあるある」が気恥ずかしい
奇跡の再会、間の悪さ天才級…「トレンディあるある」が気恥ずかしい
ニコラにーさん「求められるのはホストクラ...
ニコラにーさん「求められるのはホストクラ...
10円ガムから「あたり・はずれ券」が消えた? 丸川製菓に聞きました
10円ガムから「あたり・はずれ券」が消えた? 丸川製菓に聞きました
NEW
伊勢丹が一線を超えてきた! シュールなク...
伊勢丹が一線を超えてきた! シュールなク...
帰還困難区域、無人カメラが見た光景は…原発...
帰還困難区域、無人カメラが見た光景は…原発...
新刊本、他社メディアで無料公開 一体、何...
新刊本、他社メディアで無料公開 一体、何...

人気

もっと見る