2017年05月25日

歌う!踊る!「お隣の国」の大統領選が、ライブみたいだった理由

  • 1435

スマートフォンのライトをともして支持をしめす有権者たち=2017年5月8日、ソウル、遠藤啓生撮影

スマートフォンのライトをともして支持をしめす有権者たち=2017年5月8日、ソウル、遠藤啓生撮影

 そこはまるでコンサート会場のようで、幾千ものまばゆい光にあふれる1枚の写真になりました。初めて取材した韓国の大統領選挙。街の行く先々で出会う市民も、地元メディアも、とにかく熱っぽく、どこか楽しそうです。選挙なのに、なぜ? カメラを手に駆け回り、考えました。(朝日新聞映像報道部記者・遠藤啓生)

まるでスタジアムでのコンサート

 5月8日、韓国大統領選の投票日前夜。ソウル市民の憩いの場である光化門広場に、若者ら約5万人が集まっていました。翌日には第19代韓国大統領に選ばれることになる文在寅氏を応援する人たちです。

 集会もいよいよフィナーレ、音楽が止まると、みなが一斉にスマートフォンに「支持」を表現する明かりをともしました。まるで巨大スタジアムでのコンサート。再び音楽が流れ出すと、スマホを持つ手を左右に振って、選挙戦の終わりが、なごりおしいかのようです。

一斉にスマートフォンのライトを点灯して候補者への支持を表す有権者たち=5月8日夜、ソウル

一斉にスマートフォンのライトを点灯して候補者への支持を表す有権者たち=5月8日夜、ソウル

 今回の選挙は、前大統領の弾劾・罷免という国にとって異常事態から始まっています。

 私がソウル入りしたのは5月5日。15人の候補が立った選挙戦も終盤です。出発前に想像していた悲壮感は、そこにありませんでした。

大統領選挙に立候補した15人の候補者ポスター=5月5日午後、ソウル

大統領選挙に立候補した15人の候補者ポスター=5月5日午後、ソウル

「共に民主党」の文在寅候補を追い上げる、自由韓国党の洪準杓候補の横断幕(上)=5月5日、ソウル

「共に民主党」の文在寅候補を追い上げる、自由韓国党の洪準杓候補の横断幕(上)=5月5日、ソウル

洪準杓候補の集会で、賛意を表す有権者=5月5日、ソウル

洪準杓候補の集会で、賛意を表す有権者=5月5日、ソウル

手には似顔絵うちわ、ダンスのステップ

 大学城下町・新村(シンチョン)での与党候補・洪準杓氏の集会に出かけました。東京で言えば高田馬場のような場所でしょうか。

 ビルの谷間に設けられたステージの前は、候補者カラーである真っ赤なTシャツ姿の支持者で埋まっています。

洪準杓候補の集会で、ダンスを踊る支持者ら=5月5日、ソウル

洪準杓候補の集会で、ダンスを踊る支持者ら=5月5日、ソウル

 支持者たちの手には候補の似顔絵や写真を貼り付けたうちわ、当選を願う横断幕が夕日に照らされて舞っています。

 本人が姿を見せると、大喝采とともに担ぎ上げられます。盛り上がりは最高潮です。

 演説の後は、アップテンポな選挙広報ソングに合わせて踊りが始まります。皆が、これから起きる「何か」を心待ちにしているような空気に包まれています。

洪準杓候補の集会で、拍手する支持者ら=5月5日、ソウル

洪準杓候補の集会で、拍手する支持者ら=5月5日、ソウル

「人の波に気をつけろよ」

 誰もが選挙を楽しんでいる――。地元メディアの人たちと接しても、そう思える瞬間が何度もありました。

 「人の波に気をつけろよ」

 ある通信社のカメラマンは、私が初めての大統領選取材と知るやいなや、そう言って笑顔で肩をたたいてきました。

大統領選の候補者に声援をおくる有権者ら=5月8日

大統領選の候補者に声援をおくる有権者ら=5月8日

 アドバイスの意味がわかったのが、買い物客でにぎわう蚕室(チャム・シル)の地下街でのことです。

 ベンチャー企業家の顔も持つ安哲秀候補が姿を現すと、一目見ようと群衆が一気に彼を囲みました。カメラマン顔負けの接近力でスマホを向けます。

 私はといえば、身動きがとれず、満員電車の状態。カメラを持った両手を高くあげて撮影するしかありません。安氏と一緒に写真を撮ることが出来た親子は満足げに笑みを浮かべています。

大統領選の候補者に声援をおくる有権者ら=5月8日、ソウル

大統領選の候補者に声援をおくる有権者ら=5月8日、ソウル

「これが韓国スタイル」

 「これが韓国スタイル」

 日本から取材に来た私を、焼き肉とマッコリで歓待してくれた地元紙・東亜日報のカメラマンが教えてくれました。

 「選挙は、お祭りみたいなものだよ」

 歌って踊って、うちわをかざして…という一方で、私には人びとの研究熱心さが印象的でした。候補者の訴えていることをSNSで、特に若い世代はチェックしているし、ネットメディアも候補者の演説を中継している。候補者も訴えたい政策をできるだけわかりやすく訴える工夫をしていました。

文在寅氏の当選確実のニュースが流れると、ソウル中心部の広場に集まった支持者から歓声が上がった=5月9日午後10時45分、ソウル

文在寅氏の当選確実のニュースが流れると、ソウル中心部の広場に集まった支持者から歓声が上がった=5月9日午後10時45分、ソウル

ソウル中心部の広場に到着し、支持者と握手して新大統領になることを喜ぶ「共に民主党」の文在寅氏=5月10日午前0時10分

ソウル中心部の広場に到着し、支持者と握手して新大統領になることを喜ぶ「共に民主党」の文在寅氏=5月10日午前0時10分

わき上がる拍手の先に

開票状況を伝える広場で、国旗を掲げる男性=5月9日

開票状況を伝える広場で、国旗を掲げる男性=5月9日

 そして迎えた投開票日の夜。

 文在寅氏の「共に民主党」の一室で、開票状況を見守る陣営にカメラを向けていた時のことです。文氏の「当選有力」の速報がテレビから流れ、大きな拍手がわき起こりました。

 取材に来ている記者の中にも立ち上がって拍手を送る人たちがいました。これも想像しなかった光景でした。

文在寅大統領が到着し、旗を振る子ども=5月10日午後1時15分、ソウル

文在寅大統領が到着し、旗を振る子ども=5月10日午後1時15分、ソウル

文在寅大統領を一目見ようと、スマートフォンを片手に沿道に乗り出す市民ら=5月10日午後1時10分、ソウル

文在寅大統領を一目見ようと、スマートフォンを片手に沿道に乗り出す市民ら=5月10日午後1時10分、ソウル

文在寅大統領の到着を沿道で待ちわびる子ども=5月10日、ソウル

文在寅大統領の到着を沿道で待ちわびる子ども=5月10日、ソウル

 新大統領誕生の前夜、スマホの光に照らされていた同じ広場には、3年前に起きたセウォル号の沈没事件への国の対応をめぐって、抗議活動のテントが並んでいました。

 ひとりひとりが票を投じる選挙を通じて、国全体を覆っている、もやもやとした閉塞感を打ち破りたい。強い思いのこもった光なのだと思います。 

キラキラ、にぎやか、2017年韓国大統領選
前へ
次へ
1/15
前へ
次へ

あわせて読みたい

日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
Q&A
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
PR
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
PR
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
Q&A

人気

もっと見る