MENU CLOSE

話題

6663

超絶技巧の「バナナート」 針でプチプチ…賞味期限は「1週間」

バナナに描かれた竜。時間が経つにつれ、凹凸もつき、陰影もついてくる
バナナに描かれた竜。時間が経つにつれ、凹凸もつき、陰影もついてくる

 最近はスーパーのみならず、コンビ ニでも手に入るバナナ。そんな身近な食材に、竜や浮世絵、初音ミクなどを描き出すクリエーターがいます。その名も、エンドケイプさん(43)。どんな見事な作品も、もって1週間程度というバナナ作品「バナナート」ですが、エンドケイプさんは「食べるまでがアート」と、その短さも楽しんでいます。

バナナートをてがけるクリエイター・エンドケイプさん
バナナートをてがけるクリエイター・エンドケイプさん

 エンドケイプさんは、テレビアニメの「ジョジョの奇妙な冒険」のオープニング曲の作詞や、ライターとしても活躍するクリエーター。4年ほど前に、食べ物の「傷みやすい」というネガティブな要素をポジティブに変えられないかと考え、たどり着いたのが、「傷み」で絵を描く、バナナートだったといいます。

 他にも、りんごや、マンゴー、人参などで試しましたが、「質感や色など、バナナが一番でした」。

水墨画家・雪村の作品をモデルに描かれた竜
水墨画家・雪村の作品をモデルに描かれた竜

 押しピンや裁縫用のマチ針などを使い、点描画の要領で絵を描きます。針を深く入れすぎると黒くなってしまうそうで、深さ1ミリ程度がめやす。色の濃淡は、点の密度や深さで調整します。

 バナナ1本に描くのに2時間から4時間かかるといいます。

まち針を使い、点描画の要領で描いて行く
まち針を使い、点描画の要領で描いて行く

 この日描いていたのは戦国時代の画僧・雪村周継が描くような竜。制作から2時間ほど経っただけで、針で刺した部分がへこみ、竜が立体的になってきました。多く針を刺した部分は茶色がにじみ、陰影が強調されます。

 「バナナの皮全体が茶色になってしまっても、それはそれで、木の彫刻のようでかっこいいんです」とエンドケイプさん。作った後も、日々変わる表情を楽しめるといいます。

約2時間たつと(右)、陰影部分が茶色くにじみ違う「表情」に
約2時間たつと(右)、陰影部分が茶色くにじみ違う「表情」に

初音ミクや浮世絵描いた作品も

 そんなエンドケイプさん、これまでには、初音ミク、浮世絵などの作品も作ってきました。

初音ミクもバナナに。
初音ミクもバナナに。 出典:エンドケイプさんの公式ブログより
バナナの細長い形を使った、初音ミク作品も。
バナナの細長い形を使った、初音ミク作品も。 出典:エンドケイプさん公式ブログより
バナナの上、月に竜
バナナの上、月に竜 出典:エンドケイプさんの公式ブログより
浮世絵を題材にした作品も
浮世絵を題材にした作品も 出典:エンドケイプさん公式ブログより
ドットを装う、バナナ。黄色が映えます
ドットを装う、バナナ。黄色が映えます 出典:エンドケイプさん公式ブログより
パズル風、バナナート
パズル風、バナナート 出典:エンドケイプさん公式ブログより

 バナナは実は4角形か5角形。バナナートはバナナのどの面に描くか、何を描いたら面白いかなど、普段とはまた違った発想が試されます。最近では、小学校などでワークショップも開かれているといいます。

 バナナの傷みを考えて作品を作り、最後は食べる――。「バナナートは食育でもある」とエンドケイプさん。「食べるために、わざと失敗するのもありです」

雪村展は5月21日まで

 なおこの日のイベントは、東京芸術大学大学美術館(東京都台東区)で開催中の特別展「雪村―奇想の誕生―」に合わせ開催されました。

 あの尾形光琳や「マネジメントの父」ドラッカーも魅了したといわれる雪村の作品。展覧会は5月21日まで(月曜休館)。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます