閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年03月22日

三浦大知、活動休止支えた「ある言葉」 憧れの主題歌でオリコン1位

  • 12963

活動休止期間も「不安はなかった」と語る三浦大知さん=川田洋司撮影

活動休止期間も「不安はなかった」と語る三浦大知さん=川田洋司撮影

 小学生でデビュー、29歳にして芸歴20年というキャリアの三浦大知さん。ダンスと歌唱力の高さから「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれ注目を集めました。しかし、2000年に変声期となり活動を休止します。変化の激しいエンターテインメントの世界、不安や焦りはなかったのでしょうか? 5年間の充電期間を支えたのは、社長から贈られた「ある言葉」でした。

デビューから3年、活動休止

 三浦大知さんは、1997年、小中学生7人で結成した「Folder」のメインボーカルとしてデビューしました。9歳の時でした。

 キレのあるダンスと歌唱力のレベルの高さから、「和製マイケル・ジャクソン」という名で注目されます。

 しかし、2000年、三浦さんは活動を休止します。変声期に入ったため、無理に歌うとのどを痛める可能性があったからです。

パフォーマンスのレベルの高さから「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれる三浦さん=川田洋司撮影

パフォーマンスのレベルの高さから「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれる三浦さん=川田洋司撮影

不安消した「ある言葉」

 デビューから間もない時期の休止、不安や焦りはなかったのでしょうか?

 三浦さんは「不安は一切ありませんでした」と語ります。

 「それまで学校の行事などに参加できないことが多かったので。学園祭も、がんばって準備したのに、当日は休み、みたいな。それが修学旅行もみんなで行けて。普通に学校生活が送れるんだっていう、うれしさの方がありました」

 前向きな気持ちで充電期間を過ごせたのには理由がありました。それは、休止前に事務所の社長から言われた「ある言葉」があったからです。

9歳でデビュー、変声期になり活動を休止した=川田洋司撮影

9歳でデビュー、変声期になり活動を休止した=川田洋司撮影

「これから歌うために休むんだ」

 「社長から『これから歌うために休むんだ』って言われたんです。学校生活は楽しかったけど、キーがでなくなったり、歌えなくなったりするのは『やだなって』思っていました。だから、社長のこの言葉は大きかったですね」

 9歳でデビューした三浦さんは「子どものころから、ずっと音楽をやっているんだろうな、っていう気持ちがあった」と語ります。

 「もし将来、違うところに行ったとしても、音楽と一緒に生きていくだろうなって」

「音楽と一緒に生きていく」。そんな確信があったという三浦さん=川田洋司撮影

「音楽と一緒に生きていく」。そんな確信があったという三浦さん=川田洋司撮影

音楽の道、きっかけとなったライダー

 そんな三浦さんと、音楽の接点になったのが仮面ライダーでした。

 ただ、三浦さんの少年時代は昭和ライダーと平成ライダーのはざまの時期。「僕、世代でいうとロストジェネレーションなんです」。シリーズの新作がなかった時代でしたが、たまたま家にあった昭和ライダーの主題歌大全集が、音楽の道に歩むきっかけになりました。

 「あんまり、覚えていないんですけど……僕、V3が好きだったんです。大全集を見て、踊っていたみたいで。それが幼稚園の時です」

 ダンスに熱中する姿を見た親が、ダンススクールに三浦さんを入れてくれます。

 めきめきと頭角を現した三浦さんは、9歳で「Folder」のメンバーとしてデビューします。

憧れの主題歌でオリコン1位に

 三浦さんは、今年1月にシングル「EXCITE」で初のオリコン週間ランキング1位になりました。「EXCITE」は、三浦さんが音楽の原点ともいえる仮面ライダーの最新作「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌です。

 主題歌の話をもらった時を振り返り「すごく運命的で、とにかくうれしかった」と言う三浦さん。

 仮面ライダーの制作陣からは「ライダーのことは考えず、思い切って作ってほしい」と言われたそうです。

 「僕たちが思っている子どもらしさって、今の子どもたちのとはずれていると思うんです。わかりやすいと思って提示したものが、はたして子どもらしさにつながっているか。僕は違うような気がして」

 心がけたのは、仮面ライダーだからといって、大人が描く子どものイメージを作らないことでした。

 「子ども向けとか気にせず作って、それが格好いいものであれば、振りがわからなくても、歌ったり踊ったりしてくれるんだって。そんな確信があったんです」

憧れだった仮面ライダーの主題歌でオリコン1位に=川田洋司撮影

憧れだった仮面ライダーの主題歌でオリコン1位に=川田洋司撮影

「和製マイケルジャクソン」

 三浦さんのライブでは、女性ファンに交じり、時折、野太い声の「だいちー」というコールも。年齢や性別を問わず、幅広い層の支持を集めています。

 「エンターテインメントは誰でも楽しめることが大事」と語る三浦さん。パフォーマーとしての多大な影響を受けたのが、2009年に死去したマイケル・ジャクソンです。

 「マイケル・ジャクソン以外にマイケル・ジャクソンはいない。唯一無二、ジャンルとか色んなものを超越した存在」

 三浦さんは、小学生のデビュー時の天才的なパフォーマンスから「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれてきました。

 「マイケル・ジャクソンは、とにかく楽しんでもらいたいという気持ちがすごく強い人。観客に委ねている。ライブに来た人が楽しめるように。バンドメンバーのアイデアも柔軟に取り入れていたと聞いていますし、その柔軟さが、マイケルの品だったり、みんなを思いやる愛だったりにつながっているんだと思います」

女性から男性まで、ファンの層が広い三浦さん=川田洋司撮影

女性から男性まで、ファンの層が広い三浦さん=川田洋司撮影

 20年というキャリアで見つけたのは「とにかく続けることの大切さ」。

 「変声期の充電期間も、音楽に関わっていくという気持ちは変わりませんでした」と振り返ります。

 「『和製マイケルジャクソン』。そう呼ばれるのは、光栄なことだなって思います。でも、『和製マイケルジャクソン』って呼ばれなくなった時が、マイケルに近づけた時なんだと思います」

三浦大知さんの最新アルバム『HIT』

三浦大知さんの最新アルバム『HIT』

出典:三浦大知の商品一覧|mu-moショップ

三浦大知(みうら・だいち)1987年生まれ、沖縄県出身。「Folder」のメインボーカルとして1997年にデビュー。活動休止をへて2005年3月にソロデビュー。2017年1月、「EXCITE」でオリコン週間シングルチャート1位を獲得。

「和製マイケル・ジャクソン」三浦大知の今
前へ
次へ
1/6
前へ
次へ

あわせて読みたい

ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
PR
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
NEW
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代

人気

もっと見る