MENU CLOSE

話題

14521

LEGOカタログ、「男の子・女の子」で分けない訳 担当者に聞きました

デンマーク発祥のブロック玩具「レゴ」。その商品カタログがネット上で話題になっています。

2017年のレゴカタログ。左が「ヒーロー編」、右が「なかよし編」
2017年のレゴカタログ。左が「ヒーロー編」、右が「なかよし編」 出典: LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 デンマーク発祥のブロック玩具「レゴ」。その商品カタログがネット上で話題になっています。「男の子向け」「女の子向け」といったカテゴリー分けではなく、テーマごとに分かれていることを評価する声が上がっているのです。レゴジャパンに話を聞きました。

2017年のレゴカタログ。左が「ヒーロー編」、右が「なかよし編」
2017年のレゴカタログ。左が「ヒーロー編」、右が「なかよし編」 出典: LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.

ツイッターで話題に


 「レゴ シティ」などのオリジナルだけでなく、「スター・ウォーズ」「バットマン」などとのコラボ商品も展開しているレゴブロック。今年4月には、テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が名古屋市に開業予定です。

 そんなレゴのカタログが、今月に入ってツイッター上で話題になっています。

 カテゴリーが性別ではなくテーマで分けられていることに触れたつぶやきが投稿されると、「好きや興味で選べるようになるのが一番いいよね」「そういうのもっと増えたらいいな」といった反応が寄せられ、リツイートが1万近くになっている投稿もあります。

2017年のレゴカタログ「ヒーロー編」
2017年のレゴカタログ「ヒーロー編」 出典: LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.

マーケティング担当者に聞きました


 なぜ男の子・女の子といったカテゴリー分けをしていないのか? レゴジャパンのマーケティング担当者に話を聞きました。

 ――カタログのカテゴリー分けについて教えてください

 「2017年のカタログは、4歳以上のお子様向けを『ヒーロー編』『なかよし編』に分けています。『男の子向け』や『女の子向け』といった分け方はしていません。2014年に一度、片面の表紙に『女の子向け』というコミュニケーションをしたことがありましたが、性差なく選んでいただけるよう表記を中止しました」

 ――性別で分けない理由は

 「弊社の商品は、性差なくお子様たちに遊んでいただいています。性別によるカテゴリー分けではなく、自分が好きな世界を自由に選んでいただければと思い、『ヒーロー編』『なかよし編』という名称にしています」

2017年のレゴカタログ「なかよし編」
2017年のレゴカタログ「なかよし編」 出典: LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2017 The LEGO Group.


 ――世界共通なのでしょうか

 「各国により少しずつカタログの仕様が違いますが、どの国でも男の子向け・女の子向けという表記はしていません」

 ――ツイッターで話題になっています

 「みなさまに好意的に受け取っていただき、大変光栄に感じています」

 ――ユーザーに向けてメッセージがあれば

 「私たちレゴには数多くのカテゴリーや、テーマに沿ったレゴブロックがあります。年齢にあわせて、お好みに合わせて、気分に合わせて、ご自分がお好きな世界を選び、自由に創造し、遊んでいただけることを願っています」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます