MENU CLOSE

感動

66242

10代LGBT向け動画が切なすぎる 当事者以外も「泣ける」と共感

動画「確信」の一場面
動画「確信」の一場面 出典: やる気あり美

目次

 10代のLGBTに向けて作られたメッセージ動画が、「切なくて泣ける」と人気です。ある男の子の秘めた恋を描いた作品ですが、当事者以外にも共感が広がっています。制作者に話を聞きました。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

出典: やる気あり美

恋する10代LGBTへ

 動画「確信」は、3分25秒の歌とアニメーションです。
 作ったのは、LGBTに関する情報発信をする団体「やる気あり美」。
 「恋する10代LGBTへ」という副題がついています。

 物語は、あるゲイの男の子の前に、神様がやってくるところから始まります。

 「神様が言いました 『クラスに 君と同じゲイがいます 誰だか当てられたら 付き合えるよ』」

出典:やる気あり美

 男の子は、「誰だ!?」と推理を始めますが、考え始めると、どいつもこいつも疑わしい。

 「お前が女だったら付き合ってるわ」と、ポツリと言った彼?
 
 それとも、席替えで「やった またお前の隣だ」と喜んでくれた彼?
 
 もしや、「お前 絶対笑った方がいいよ」と笑顔をほめてくれた彼?

出典:やる気あり美

 すると神様は、1本の羽根をくれます。

 「どの子かを決めたら この羽根で 肌をひとなで してごらん
 真実が 現れるだろう」

出典:やる気あり美

 男の子は、もう決めていました。「彼」に違いないと。
 
 自分だけに秘密を打ち明けてくれる、仲良しの彼。
 
 そうであって、ほしかった。

出典:やる気あり美

 放課後、羽根で、そっと彼の腕をなでます。

 でも、何も起こりません。
 そして、羽根も神様も、消えてしまいました。
 
 曲は、こう続きます。

出典:やる気あり美

 「彼じゃないとしたら 誰だ?

 探したけど それじゃ 意味がなかった
 好きなのは 彼一人だけで 
 他の誰かじゃ だめだった

 この恋は 秘めておきましょう 
 彼とは 友達のままでいるんだ
 恋を抜きにしても 彼が好きだ 
 思わせぶりな人だけど

 その目が その手が その言葉が 
 僕を振り回してるなんて 
 知りもしないでさ」

出典:やる気あり美

 物語の終盤、卒業式の場面。

 「俺まだ お前と一緒に いたいなー」。

 最後まで彼は、思わせぶりなことを言います。もう男の子は、心の中で号泣です。
 
 でも、ぐっとこらえ、「元気でね!」と、明るく別れを告げます。

出典:やる気あり美

恋心は罪でも恥でもない

 この動画「確信」は、16年3月末に公開されました。既に9万回以上再生され、「泣ける」「切ない」という感想が寄せられています。
 制作した「やる気あり美」のメンバーに話を聞きました。

 代表の太田尚樹さん(27)と井上涼さん(33)。
 二人とも、ゲイであることを公表しています。

太田さん(右)と井上さん
太田さん(右)と井上さん 出典: 朝日新聞

 太田さんは
 
 「10代の頃の自分に何を言いたいか、メンバーとすごく話し合いましたね。僕は当時、ゲイの自分の恋は恥で、罪なことなんだと思ってた。そうじゃなくて、恋心は純粋で、きれいなものなんだよって言ってあげたかった」

 と話します。

 動画は、太田さんが全体を監修し、曲作りとアニメーションは井上さんが手がけました。
 井上さんは、美術作品を歌とアニメで紹介するTV番組「びじゅチューン!」(NHK・Eテレ)などで活躍中のアーティストです。

出典:やる気あり美

 ちなみに、動画「確信」の前半、「どいつもこいつも怪しい」という部分で挙げられている事例は、実話です。

 ゲイの人たちにとって、ノンケ(異性愛者)の男性の思わせぶりな言動は、いろいろあるそうです。
 「やる気あり美」のウェブサイトには、メンバーやその周囲で集めた「あるあるネタ」を6秒動画にして、
 「思わせぶりなノンケ男性のひとことGIF劇場」として紹介しています。

「思わせぶりノンケ男性のひとことGIF劇場」にアップされている作品
「思わせぶりノンケ男性のひとことGIF劇場」にアップされている作品 出典:やる気あり美

 動画「確信」は公開後、「LGBTじゃない人たちからも、『これは切ない』と言ってもらえた」と、太田さんは言います。

 「主人公を自分に重ねて、泣いた」
 「LGBTであってもなくても、恋する気持ちは同じだと気付いた」

 といった共感の声がたくさん寄せられたそうです。

グッとくる体験を

 「やる気あり美」が大事にしているのは、「グッとくる体験」。
 現在は、ウェブをメインに活動していて、サイトには、クスッと笑える記事や、「へえ!」と思わず言ってしまうLGBTの話を載せています。

 太田さんは「人の認識を変えるには、『LGBTへの正しい理解を』と説くだけではダメだと思うんです。人が『この人たちを受け入れよう』って思うのって、笑いだったり共感だったり、感情が動くもの、グッとくる体験なんじゃないかと思います」と語ります。

「やる気あり美」のウェブサイトに登場しているメンバー
「やる気あり美」のウェブサイトに登場しているメンバー 出典:やる気あり美

 「例えばマツコ・デラックスさんは世間に愛されてるけど、マツコさん以外にもいろんなLGBTがいる。いろんなLGBTが世間から受け入れられて、愛される存在になってほしい」。

 そのために、「グッとくる」コンテンツを作っています。
 メンバーのほとんどがゲイということもあり、ゲイにまつわる話を中心に出していますが、今後はレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーと、もっと多様な性的少数派の人たちも紹介していきたいとのこと。

「やる気あり美」のトップページ
「やる気あり美」のトップページ 出典:やる気あり美

 井上さんは6月、自身のライブで初めて「確信」を歌いました。

 会場にいた約120人のお客さんも、一緒に歌ってくれたそうです。
 Eテレの番組を手がけていることもあり、井上さんのファンには、子どももたくさんいます。
 
 井上さんは「ちっちゃい子が大きな声で歌ってくれたのが、希望でした」と、うれしそうに話してくれました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます