MENU CLOSE

コラム

100706

夢は重荷じゃなく「友達」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く未来

〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画の作者、吉谷光平さんが、自分の過去を振り返りながら夢について描きました。

夢は重荷じゃなく「友達」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く未来=漫画は吉谷光平さん作
夢は重荷じゃなく「友達」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く未来=漫画は吉谷光平さん作

 夢を捨てるのはカッコ悪い? 夢を持たないとつまらない人生? ツイッターで「30秒で泣ける」と話題になった漫画の作者・吉谷光平さんが、自分の過去を振り返りながら夢について描きました。

「夢なんてなくたって良いと思う。」(下にスクロールすると1ページずつ読むことが出来ます)
「夢なんてなくたって良いと思う。」(下にスクロールすると1ページずつ読むことが出来ます)
 なぜ自分の漫画を書こうとおもったのか? 吉谷さんは「同じように悩んでる人がいたら少しでも楽になってもらえるように、そして、共感してもらえたら僕も嬉しいから」と話します。
「夢なんてなくたって良いと思う。」
「夢なんてなくたって良いと思う。」
 あきらめた夢に対して「だってそれは、それまでの人生で考えた夢のお話だから」と割り切ることについては、「自分の中でしっかり言い訳できるというか、いつまでも引っ張られなくてすむなと思ったので」と話します。
「夢なんてなくたって良いと思う。」
「夢なんてなくたって良いと思う。」
 吉谷さんの現在の夢は「家族を持つこと」です。「ひとりでいると、だんだん名誉とかお金より、一緒に過ごせる家族もほしいなと思ったからです。正直いうとお金も名誉もほしいんですけど(笑)。あと、自分だけの夢より、頑張りがいがあるし、頑張れると思ったから……かなぁ」
「夢なんてなくたって良いと思う。」
「夢なんてなくたって良いと思う。」

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます