close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年05月23日

経歴詐称がバレて収入3倍? しかもカツラ疑惑まで…冠二郎の潔さ


  • 13558

演歌歌手の冠二郎さん。年齢詐称で露出を増やし、結婚まで引き寄せた=長島一浩撮影

演歌歌手の冠二郎さん。年齢詐称で露出を増やし、結婚まで引き寄せた=長島一浩撮影

最新ニュースを受け取る

 10年間苦しんだ末、「旅の終りに」のミリオンセラーで、ようやく人気歌手の仲間入りを果たした冠二郎さん(72)。ところが昨年、年齢詐称が発覚しちゃったんです。後のKさんのように表舞台からいなくなるのかと思いきや、自ら進んでネタにし、露出を増やしていった二郎センパイ。「ヅラ疑惑」に対しても「引っ張って!」と即レス。自分をさらけ出す潔さ、勉強になります!(朝日新聞文化くらし報道部記者・岡田慶子)



【動画】冠二郎、カツラ疑惑に「引っ張っていいよ!」=長島一浩撮影

出典:朝日新聞

漂う底抜けの明るさと人のよさ

 私がセンパイに初めて会ったのは、今年4月の上旬。音楽担当の記者として、新曲のインタビューをしに行ったはず……。でした。

 「ようこそ!」。ペコリと頭を下げて迎えてくれたセンパイは、失礼ながら、大御所の風格や威厳のようなものは全く感じさせず、漂うのは底抜けの明るさと人のよさ。

 冒頭、演歌を始めたきっかけを尋ねると、「あっ、その前に実は私、去年、年齢詐称で……。ご存じでしょ?」

熱唱する冠二郎さん=2012年9月30日

熱唱する冠二郎さん=2012年9月30日

出典: 朝日新聞

実年齢がバレた

 センパイは1967年のデビュー時、23歳でした。ところが、レコード会社や事務所の方針もあって、公式プロフィルは5歳若い18歳に。以来48年間ひた隠しにした実年齢がバレたのは、昨年2月の週刊誌のスクープでした。

 「書いた記者の奥さんが秩高(ちちこう=母校の秩父高校)の後輩で。最初は、人のこと暴いて何の恨みがあるんだって思った。でも、彼とはこないだ握手したよ。あなたのおかげで収入が3倍になった。ありがとうって」

 「いっぺんに全国に後輩が増えちゃった。『冠くん、冠くん』って言ってた千昌夫さんの二つ上になって、突然舟木一夫さんの先輩になっちゃった」

年齢詐称が発覚した冠二郎さんは突然、舟木一夫さんの先輩に……(写真は2005年4月22日撮影)

年齢詐称が発覚した冠二郎さんは突然、舟木一夫さんの先輩に……(写真は2005年4月22日撮影)

出典: 朝日新聞

「俺の毛、本物だよ。引っ張って」

 もはや吹っ切れたかのようにネタにしていますが、サバを読むことに、葛藤はなかったんでしょうか。

 「パスポートや運転免許証、保険証は、いっつもコソコソ持って絶対見せない。インタビューも、つじつまが合わないときがあって。結婚すると相手にバレちゃうでしょ。ずっと独りだったのは、そのこともあったよ。恐ろしいよ。人をだますのは。つらいよ」

 そして、こう付け加えました。「一時カツラ疑惑も出たけどね。俺の毛、本物だよ。これ、ぜひ引っ張って。ガバーッてやって」

 そう言うなり、頭をぐいぐい突き出して検証を求める二郎センパイ。恐る恐る手を伸ばし、整髪料で固められた毛束をひとつまみ……と、センパイは私の両手をつかんで、髪の毛をガシガシ引っ張らせます。

 「7人目かな、引っ張ったのは」。地毛認定に、ニカッと笑っていました。

「一時カツラ疑惑も出たけどね。俺の毛、本物だよ。これ、ぜひ引っ張って。ガバーッてやって」と豪語する冠二郎さん

「一時カツラ疑惑も出たけどね。俺の毛、本物だよ。これ、ぜひ引っ張って。ガバーッてやって」と豪語する冠二郎さん

デビュー50周年の渋み

 そんなセンパイは来年、デビュー50周年。記念曲としてこの2月にリリースしたのは、52年前に録音したものの、移籍に絡んでお蔵入りになったあの曲。幻のデビュー曲「友情の海」です。

 「ワインの50年モノみたいに、熟成したんじゃないかな。冠二郎の50年間は泣き笑い。人間的なものもいろいろ乗り越えてきたし、味とか渋みとかは50年前と比べると、違いますね。年齢詐称の私がね、いろいろやった分だけね」

ミリオンセラーをつかんだ「旅の終りに」(左)と、デビュー50周年で発表した幻のデビュー曲「友情の海」=日本コロムビア提供

ミリオンセラーをつかんだ「旅の終りに」(左)と、デビュー50周年で発表した幻のデビュー曲「友情の海」=日本コロムビア提供

31歳年下と結婚「天から降ってきた」

 ちょいちょい年齢詐称ネタを挟んで、笑いを取ろうとする二郎センパイ。とはいえ、実年齢がバレたからこそ、つかめた幸せもあります。

 今年3月末、31歳年下の歯科衛生士(41)と結婚。生涯で初めての伴侶を得ました。

仲間から結婚を祝福される演歌歌手の冠二郎さん(左から2人目)=東京都渋谷区、長島一浩撮影

仲間から結婚を祝福される演歌歌手の冠二郎さん(左から2人目)=東京都渋谷区、長島一浩撮影

 飯島直子さん似という奥さまは「年のことは言わないで。私にとっては58歳だから」と、言ってるとか、いないとか。 「歌もあと2、3年でやめようかと思っていたら、伴侶が天から降ってきました」

 「ここまできたら、歌えるとこまで歌い続けて、いい骨董品になってやろうと思ってね。自分で言うのもおかしいけど、俺は人の3倍遠回りしてるから、人の3倍生きてやろうって。そう思ってる」

 「冠二郎のすごすぎる人生」は5月21日発行の朝日新聞夕刊紙面(東京本社版)「ココハツ」と連動して配信しました。


冠二郎のすごすぎる人生 実はアイドル志望、年齢詐称に「ヅラ疑惑」
前へ
カツラ疑惑に対し、髪の毛を引っ張らせる冠二郎さん
次へ
1/14
前へ
次へ

コメント

あわせて読みたい

前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR
「布団の中から出て偉い」 あらゆることを肯定、西武の車両が話題に
「布団の中から出て偉い」 あらゆることを肯定、西武の車両が話題に
「幸せな孤独死」がウソである理由 宮台真...
「幸せな孤独死」がウソである理由 宮台真...
「緑色ノートを取り扱って」 視覚過敏の高3が投稿、みんなが動いた
「緑色ノートを取り扱って」 視覚過敏の高3が投稿、みんなが動いた
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
「不謹慎狩り」の犯人は? 戦時中にあった...
「不謹慎狩り」の犯人は? 戦時中にあった...
唐辛子かと思いきや「ハブ対マングース」 拡大すると本来の絵が判明
唐辛子かと思いきや「ハブ対マングース」 拡大すると本来の絵が判明
世界地図かと思ったら…全部九州でした 話題の寄付つき500円Tシャツ
世界地図かと思ったら…全部九州でした 話題の寄付つき500円Tシャツ
「ちゅ~る」ねぶた、猫への優しいまなざし...
「ちゅ~る」ねぶた、猫への優しいまなざし...
「自分をログオフしたい」着ぐるみの女性が得た「他の誰でもない私」
「自分をログオフしたい」着ぐるみの女性が得た「他の誰でもない私」
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
「社会科=暗記」世代の悲しみ……AIで写真カラー化、チリジョブーム
「社会科=暗記」世代の悲しみ……AIで写真カラー化、チリジョブーム
NEW

人気

もっと見る