閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年05月15日

「死んだ」と思った…被災した東海大生が選んだ「自分にできること」

  • 13995

東海大生の対馬さんが作った募金箱。飲食店などに置いてもらう活動を続けている

東海大生の対馬さんが作った募金箱。飲食店などに置いてもらう活動を続けている

 熊本地震から1カ月がたった。壊滅的な被害を受けた熊本県南阿蘇村では、今も住民避難が続き、村にある東海大学・阿蘇キャンパスは再開のめどが全く立たない。「お世話になった村に、息の長い支援をしたい」。東京の親元に戻った東海大生の一人は、村を支援するための募金箱を、街の店先に置いてもらう活動を続けている。

募金箱、置かせてください

 青森県弘前市で深夜営業中のバー。東海大農学部・応用植物科学科の対馬玄人さん(23)が、「南阿蘇村 復興への架け橋」とロゴを貼った募金箱を抱えて頭を下げた。

 「いいよ。協力できることは、させてもらいたい」
 
 店を営む友人は、カウンターの真ん中に募金箱を置くと、さらに財布からお金を取り出し、「俺がまず支援する」と募金箱に入れてくれた。「うれしくて、忘れられない」と対馬さんは振り返る。

 阿蘇キャンパスに通っていた対馬さんは、熊本地震で被災。村には避難指示が出され、東京の親元に帰ってきた。その後、10歳まで暮らした青森に足を運んだのは、親類や幼なじみに会って無事を知らせるため。そして、募金箱の設置をお願いするためだった。

 大阪と愛知にいる東海大OBとも連絡を取り合い、計3人でつてをたどり、飲食店や美容院に募金箱を置いてもらっている。試行錯誤しながら、これまで10店舗以上に協力してもらえた。

対馬さんが南阿蘇村で下宿していたアパート。大きな被害を受けた=写真はいずれも対馬さん提供

対馬さんが南阿蘇村で下宿していたアパート。大きな被害を受けた=写真はいずれも対馬さん提供

集落全体が「巨大な家族」

 山々に囲まれた南阿蘇村には、大学周辺だけで学生アパートや下宿先が56棟も立ち並んでいた。親元を離れて暮らす学生は、実に約750人。

 対馬さんは「村にコンビニは2軒だけ、飲食店もほとんどない。すごく不便だけど、住めば都だった」と振り返る。

 春にはあちこちのアパートや下宿で、大家主催の歓迎会が開かれる。週末には、地元の人が学生を「バーベキューするんだけど、一緒にしないか?」と誘う光景も見られた。

 遊び場が少ないから、学生が集まるのも自然と互いのアパートになる。

 「初めて話す学生同士でも、まず『どのアパートに住んでるの』という話になる。それで『隣じゃん、今度遊びに行くわ』って。都会なら友達の家に行くのは相当仲良くなってからだと思います。集落全体が、巨大な下宿みたいな感覚でした」。

 対馬さんが5年間暮らしたアパートでも、何日も出歩いて遊んでいると、近くに住む大家さんから「しばらく、部屋に電気ついてるの見ないけど、大丈夫?」と心配する電話がかかってきた。対馬さんは「本当に、大家さんは親代わりでした」と話す。

地震で家具が倒れ、足の踏み場も無くなった、対馬さんの部屋

地震で家具が倒れ、足の踏み場も無くなった、対馬さんの部屋

「どこにあんの、橋」

 4月16日未明の本震に襲われたとき、対馬さんはアパートの部屋にいた。熱帯魚を飼っていた、重さ120キロある満タンの水槽が吹き飛び、左足に落ちてきた。体が前後左右に揺さぶられた。「まるで洗濯機の中にいるみたいだった」。必死にソファにつかまっていると、外からドーンという音が聞こえた。雷に似た轟音が続き、「死んだ」と思ったという。

 慌ててアパートの外に出た。周りの後輩たちに呼びかけて避難させたあと、脱出はできるのかと懐中電灯を持って、目の前の阿蘇大橋の方へ走っていった。

 「どこにあんの、橋」

 懐中電灯の頼りない光の中で、山肌が大きく崩れて、阿蘇大橋を押し崩していた。橋がかかっていた大きな谷がなければ「たぶん、アパートごと土砂に飲み込まれていた」。

阿蘇大橋を押し流した土砂崩れ。対馬さんが下宿先のアパートから撮影した

阿蘇大橋を押し流した土砂崩れ。対馬さんが下宿先のアパートから撮影した

 東京の親元に戻ってきてからも、電車に乗ったり、人混みに紛れたりすることへの恐怖心が続いた。「この場で地震が起きたら、と考えてしまう。逃げ場が無い場所にいるのが恐ろしい」

 そんな中、対馬さんにとって、心の支えとなったのが南阿蘇村の人たちとの交流だった。

 アパートの大家さんとは、LINEでやりとりを続けている。4月下旬、避難生活を心配するメッセージを送ると、変わらぬ優しい返答が送られてきた。

 「学生さん達に良い思い出として、ずっと心に残る故郷になれば嬉しいです。家も無くなりましたが前向きに頑張って行きます」

 避難生活を続けるコンビニ店員の男性からは、40枚以上の村の写真がLINEで送られてきた。「俺らの暮らした村、こんなひどい状況を少しでも広めて欲しい」とメッセージが添えられていた。

大家さん(左)と、対馬さんとのLINEのやりとり

大家さん(左)と、対馬さんとのLINEのやりとり

遠い、阿蘇キャンパス復旧

 少しずつ、村への支援活動を考えるようになった。

 母親の知人が開いた、経営者50人ほどが集まる企業設立発表会で、地震の体験を講演した。講演後、大勢の参加者が、励ましの言葉とともに募金を渡してくれた。

 活動に目を向けてもらおうと、募金箱と同じロゴを入れたTシャツやステッカー作りを、支援してくれる人もいる。

 今月18日に、これまで集まった募金を届けに南阿蘇村に行く。対馬さんは「東海大生はずっと村にお世話になってきた。活動も、地道に長く続けていきたい」。

 東海大によると、阿蘇キャンパスは復旧のめどが立っていない。余震で被害が広がる恐れがあるうえ、梅雨に入れば土砂崩れの危険もあるからだ。同キャンパスでの授業再開には「かなりの日にちを要する」としか言えない状況だという。

 暫定的に7月から、阿蘇キャンパスにあった農学部の授業は、熊本市内のキャンパスで再開する予定だ。しかし、南阿蘇村とは違い、市街地で約750人分もの住まいを急に確保することは難しい。東海大は通えない学生のため、授業のインターネット配信も検討しているという。

 南阿蘇村が、再び学生でにぎわう日がいつになるのか、先は見通せない。しかし、離ればなれになった今も「大きな下宿」で暮らした住民と学生の絆は、続いている。

 対馬さんの活動の公式フェイスブックは、下記の通り。

南阿蘇村復興への架け橋

南阿蘇村、倒壊した学生アパート街をたどる
前へ
壊滅的な被害を受けた、東海大学周辺のアパート街=住民男性提供
次へ
1/43
前へ
次へ


あわせて読みたい

パン屋に行ったら絶対やってる! 「7大あるある」描いた作者に聞く
パン屋に行ったら絶対やってる! 「7大あるある」描いた作者に聞く
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
万博開催で暮らしはどうなる?関西1位のマンション企業に聞いてみた
PR
小学生が「認知症」を体験……その時、教室で...
小学生が「認知症」を体験……その時、教室で...
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
国連安保理の南スーダンへの武器禁輸決議、賛成しない国の理由は?
Q&A
障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた披露宴で出した答え
障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた披露宴で出した答え
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A
学年トップ5入りは間違いなし!と思ったのに…卒業式で知った現実
学年トップ5入りは間違いなし!と思ったのに…卒業式で知った現実
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
NEW PR
 全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
あざの顔、見るのは仕方ない? 「自意識過剰」で片付けられない問題
あざの顔、見るのは仕方ない? 「自意識過剰」で片付けられない問題
髪の毛を失ったアイドル 「女の子やめなきゃ…」葛藤越え公表
髪の毛を失ったアイドル 「女の子やめなきゃ…」葛藤越え公表
見事な三段オチ! ヒョウ「家系図」が話題...
見事な三段オチ! ヒョウ「家系図」が話題...

人気

もっと見る