MENU CLOSE

話題

40714

名古屋鉄道が、自社の特急車両で使われている警笛音を「音商標」として特許庁に商標登録出願していたことがわかりました。

名鉄、電車の警笛音を商標出願!特許庁「初めてのケースです…」

ミュージックホーンを搭載して1961年にデビューした名鉄の「パノラマカー7000系」
ミュージックホーンを搭載して1961年にデビューした名鉄の「パノラマカー7000系」 出典: 朝日新聞

目次

 愛知・岐阜県を走る名古屋鉄道が、自社の特急車両で使われている警笛音を「音商標」として特許庁に商標登録出願していたことが、25日、同社への取材でわかりました。特許庁によると、鉄道やバスなどの乗り物の警笛音について、出願があったのは初めてだそうです。

名鉄ならではの旋律

 同社が出願したのは「ミュージックホーン」と呼ばれる警笛音。名鉄の特急車両に通常の警笛音とともに搭載されているもので、「♪ミ・ド・ラ・ミ・ド・ラ・ミ……」のメロディーを奏でます。踏切やホームへの列車の接近を知らせることが目的です。


【動画】名古屋鉄道が音商標として登録出願したミュージックホーンの音=音源は名古屋鉄道提供、写真は朝日新聞
ミュージックホーンの楽譜
ミュージックホーンの楽譜 出典: 名古屋鉄道提供

 ミュージックホーンを鉄道車両に初めて搭載したのは小田急電鉄(1957年)。その後全国で2番目の例として、1961年にデビューした名鉄の「パノラマカー7000系」に搭載されました。パノラマカー以外の特急車両でも採用されていて、使用頻度は減っているようですが、7000系引退(2008年)後も名鉄ならではの音を聴くことができます。

特許庁「ほかに例がない」

 出願は先月14日付。出願した理由について名鉄の担当者は「商標登録を行わなくても従来通りミュージックホーンを使い続けることはできたが、権利範囲を明確にして、今後の権利の保全を図っていこうと考えた」と説明。「テレビゲーム機用プログラム」「キーホルダー」「かばん類」などとして出願されていますが、今後の利用法について担当者は「登録されてからの利用方法は改めて検討していく」と話しています。

 「音商標」は2年前の商標法の改正で登場。「動き商標」「ホログラム商標」などとともに「新しいタイプの商標」として、特許庁が昨年4月から出願の受付を始めました。同庁商標課の担当者は「乗り物の警笛音などが出願された例はほかにない」と話しています。

 果たして、ミュージックホーンは「音商標」と認められるのでしょうか――。現在、特許庁が審査しています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます